カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー



関東南部の巨大地震「元禄型」 発生が近づいているおそれ 想定の1/5に当たる500年ほどの間隔で発生していた可能性/産総研など

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/04(月) 23:05:59.09 ID:CAP_USER.net

関東南部の巨大地震「元禄型」 発生が近づいているおそれ
9月4日 18時00分

関東南部の沖合で繰り返し発生している巨大地震のうち、江戸時代に起きた「元禄関東地震」と同じタイプの地震が、最短で国の想定のおよそ5分の1にあたる500年ほどの間隔で発生していた可能性のあることが専門家のグループの分析でわかりました。専門家は、従来より発生が近づいているおそれがあり、防災対策を進める必要があると指摘しています。

神奈川県の相模湾から千葉県の房総半島南東沖にかけての「相模トラフ」と呼ばれるプレートの境界では、マグニチュード8クラスの巨大地震が繰り返し発生していて、このうち314年前の江戸時代には「元禄関東地震」と呼ばれる地震が起きています。

産業技術総合研究所などの研究グループは、この「元禄関東地震」の震源域に近い千葉県南房総市で、過去の地震の痕跡を詳しく調査しました。

この地域では巨大地震が発生するたびに地盤が隆起して海岸線が移動する特徴がありますが、調査の結果、5800年前に隆起した海岸線の痕跡が新たに見つかったほか、これまで確認されていた4本の海岸線の痕跡のうち3本について、隆起した年代が800年から2000年、新しかったことがわかりました。

この結果、海岸線は6300年前と5800年前、3000年前、2200年前、それに314年前の前回の「元禄関東地震」で隆起したとされ、この地震と同じタイプの巨大地震が、最短でおよそ500年の間隔で発生していた可能性があることがわかったということです。

この地震について、政府の地震調査研究推進本部は、これまでおよそ2300年の間隔で発生したと想定していますが、研究グループは今回の調査結果からそのおよそ5分の1に短縮され、巨大地震の発生が従来より近づいているおそれがあるとして、防災対策を進める必要があると指摘しています。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:NHK NEWS WEB 9月4日 18時00分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011126601000.html



17 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 08:14:32.06 ID:vKJ4LiK4.net

誰が「元禄型」で被害が想定される地域を教えて



18 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 08:31:47.09 ID:XW+dgSbI.net

貧乏人は、キャンピングカーを敷地内に止めて
住みゃあエエのよ。 タイヤが揺れを吸収するわ。



冥王星に「はやぶさ大地」 国際天文学連合が命名

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/08(金) 22:28:18.18 ID:CAP_USER.net

冥王星に「はやぶさ大地」 天文学連合が命名
2017/9/8 17:289/8 17:35updated

国際天文学連合は8日までに、冥王星にある大陸のような地形を、日本の小惑星探査機にちなんで「はやぶさ大地」と命名した。「小惑星の試料を初めて持ち帰った功績に敬意を表した」と説明している。
 
米航空宇宙局(NASA)の探査機ニューホライズンズが撮影した山地や谷、クレーターなど14の地名の一つ。冥王星はかつて太陽系の惑星とみなされていたが、2006年に小惑星の仲間の準惑星に格下げされた。
 
特徴的なハート形の地形は、人類初の人工衛星にちなんだ「スプートニク平原」に正式決定した。はやぶさ大地はスプートニク平原の近くにある広大な土地の地名となる。

▽引用元:共同通信 2017/9/8 17:289/8 17:35updated
https://this.kiji.is/278803491809542150

▽International Astronomical Union:IAU
PRESS RELEASES 07 Sep 2017
Pluto Features Given First Official Names 
https://www.iau.org/news/pressreleases/detail/iau1704/
> Hayabusa Terra is a large land mass saluting the Japanese spacecraft and mission (2003?2010) that returned the first asteroid sample.



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/08(金) 22:34:37.10 ID:554XQQZI.net

偉大なりはやぶさ



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/08(金) 22:37:26.67 ID:Rgg4D9L+.net

何で冥王星にはやぶさ台地か。
ボイジャー山脈やバイキング盆地もあるのか?



40億年前の火星は厚い大気に覆われていた 太古の隕石に刻まれた火星環境の大変動/東京工業大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/09(土) 00:18:25.86 ID:CAP_USER.net

40億年前の火星は厚い大気に覆われていた ―太古の隕石に刻まれた火星環境の大変動―
2017.09.05

要点
・理論計算と火星隕石の化学分析データの比較から太古の火星大気圧を推定
・40億年前の火星は地球と同程度(約0.5気圧以上)の厚い大気に覆われていたことが判明
・40億年前以降に起きた大気量の減少が地球との運命を隔てた可能性を示唆

概要
東京工業大学 地球生命研究所の黒川宏之研究員と千葉工業大学惑星探査研究センターの黒澤耕介研究員らの研究グループは、40億年前の火星が地球と同程度の約0.5気圧以上の厚い大気に覆われていたことを突き止めた。この成果は、火星の磁場消失に伴う大規模な大気流出など、40億年前以降に地球と火星の運命を隔てる環境変動が起きた可能性を示唆している。
火星大気が宇宙空間に流出する過程においては軽い同位体が優先的に失われるため、大気への重い同位体の濃集として記録される。本研究はこの濃集度が大気圧(量)に依存することに着目した。40億年前の火星隕石に記録されていた当時の窒素や希ガスといった大気に選択的に含まれる元素の同位体[用語1]組成と、本研究で新たに行った理論計算を比較することで、当時の大気圧を推定した。
火星が過去に厚い大気に覆われていたか、および厚い大気に覆われていた期間がどのくらいだったかは惑星科学における重要な謎のひとつであった。
この研究成果は8月24日に欧州科学雑誌「イカロス(Icarus)」オンライン版で公開され、2018年1月1日発行号に掲載される。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:東京工業大学 東工大ニュース 2017.09.05
http://www.titech.ac.jp/news/2017/039129.html

図1.横軸:火星誕生からの時間、縦軸:大気圧、棒グラフ:現在の大気圧及び本研究で明らかとなった40億年前の大気圧、点線:大気圧の時間変化(予想)。矢印:過去の研究の推定値。Kurokawa et al. (2017) Icarusの図を改変




2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/09(土) 00:21:44.01 ID:qfoET/bV.net

おじさん達の頭部も細い猫っ毛の髪の毛で覆われていたよね!



7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/09(土) 00:42:26.30 ID:/1qT/eTQ.net

火星には運=月もねえからなwww



過去最大級の地球接近小惑星「フローレンス」 衛星2個持つと判明/NASA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 23:10:31.89 ID:CAP_USER.net

過去最大級の地球接近小惑星、衛星2個持つと判明 NASA
2017年9月7日 12:46 発信地:ワシントンD.C./米国

【9月7日 AFP】今月1日に約700万キロという近距離まで地球に接近した小惑星「フローレンス」に2個の衛星が伴っていることが、米航空宇宙局(NASA)が撮影したレーダー画像でこのほど明らかになった。
 
NASAによると、フローレンスが地球に最接近した8月29日~9月1日に撮影されたレーダー画像により、小惑星の大きさが約4.5キロであることが判明した他、2個の衛星の直径が100~300メートルとみられることも分かったという。
 
小惑星に近い内側の軌道を周回している衛星は約8時間でフローレンスを1周する一方、外側の衛星は1周に22~27時間かかると、NASAは説明している。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年9月7日 12:46 
http://www.afpbb.com/articles/-/3142039

▽関連
CNEOS(Center for Near Earth Object Studies)
Radar Reveals Two Moons Orbiting Asteroid Florence
https://cneos.jpl.nasa.gov/news/news199.html




2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/07(木) 23:21:04.10 ID:SCsAEvkY.net

地球終焉の歌が聞こえる



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/07(木) 23:29:07.90 ID:1SYUbNwa.net

衛星を持つ小惑星って、意外と多いのかな?
むしろ単独でいる小惑星の方が珍しいとか?



カッコウの托卵、その狡猾さがあらわに/英ケンブリッジ大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/05(火) 22:19:52.21 ID:CAP_USER.net

カッコウの托卵、その狡猾さがあらわに 英研究
2017年9月5日 11:36 発信地:パリ/フランス

【9月5日 AFP】卵を抱いている他種の鳥の巣にこっそりと自分の卵を産みつけ、親としての義務を逃れる托卵(たくらん)行動で知られるカッコウは、これまで考えられていたよりはるかに腹黒い策士であることを明らかにしたとする研究論文が4日、発表された。
 
研究によると、雌のカッコウは卵を産みつけた直後に、巣の持ち主の鳥(ヨーロッパヨシキリなど)を動揺させるほどおびえさせ、新しい卵に気づかせないよう気をそらせるのだという。

カッコウは、自分の卵を紛れ込ませた巣を飛び去る前に、ヨーロッパヨシキリを好んで捕食するタカ科の鳥の「鳴きまね」をするのだ。
 
英ケンブリッジ大学(Cambridge University)の研究者2人からなるチームは、米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に発表した論文に「このタカに似た鳴き声は、仮親となる鳥の注意を巣の卵からそらし、自身の身の安全の方に向かわせることにより、托卵の成功率を高めている」と記し、そして、「その結果として、雌のカッコウはこの争いで『最後に笑う者』になるのかもしれない」とも書いている。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年9月5日 11:36
http://www.afpbb.com/articles/-/3141710
http://www.afpbb.com/articles/-/3141710?page=2



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 22:32:06.91 ID:0L5bf4R/.net

孵化したカッコウの雛がまた元々の雛達よりサイズが大きいんだな
で、生存競争に楽勝して餌に困らないという
寄生される側は地獄絵図



10 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 23:02:04.38 ID:CBwFg/hs.net

たくらんでry



天体観測衛星「ひとみ」失敗はプログラムミス NECが5億円支払いへ 民事調停が成立

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/05(火) 22:06:32.26 ID:CAP_USER.net

観測衛星失敗はプログラムミス NECが5億円支払いへ
9月5日 19時15分

人為的なミスで機体が壊れ、去年4月に運用が断念された日本の天体観測衛星「ひとみ」について、失敗の主な原因の1つは、大手電機メーカー「NEC」が作成したプログラムのミスだったとして、NECは、JAXA=宇宙航空研究開発機構に5億円を支払うことになりました。

「ひとみ」は、ブラックホールなど宇宙の謎に迫るため、およそ310億円かけて開発され去年2月に打ち上げられた日本の天体観測衛星で、本格的な観測を始める前に通信が途絶え、去年4月に運用が断念されました。

この衛星は、宇宙で機体が異常な回転を起こし、遠心力でバラバラに壊れたと見られますが、この失敗の主な原因の1つは、衛星のエンジンを制御するパラメーターを不適切に設定したプログラムミスだったとして、5日、プログラムを作成したNECがJAXAに5億円を支払うとする民事調停が成立しました。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:NHK NEWS WEB 9月5日 19時15分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/k10011128071000.html



11 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 22:35:27.95 ID:Nj2hfRDn.net

またFORTRANのループでカンマとドットを間違えたのか?



18 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 23:02:08.73 ID:1nCaqvK1.net

金だけ貰ってコンピューターわかりません

そんな科学者wwじゃ困るわな



「津波で沈んだ」古代ローマ帝国時代の広大な都市遺跡 北アフリカ・チュニジア沖で発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 22:58:24.69 ID:CAP_USER.net

「津波で沈んだ」古代ローマ都市遺跡、チュニジア沖で発見
2017年9月1日 13:20 発信地:ナブール/チュニジア

【9月1日 AFP】北アフリカ・チュニジアの北東部沖で、古代ローマ帝国時代の広大な都市遺跡が発見された。この発見は、同国にあった古代都市ネアポリス(Neapolis)の一部が4世紀に津波で水没したとする説の裏付けになるとみられている。
 
チュニジア・ナブール(Nabeul)の沿岸沖でこの都市遺跡を発見したのは、同国とイタリアの合同考古学調査チーム。チームを率いるムニエ・ファンタール(Mounir Fantar)氏は「重大な発見」とコメントしている。
 
ファンタール氏によると、海底調査の結果、古代の建物群やモニュメントの他、古代ローマで好んで用いられた魚ベースの発酵調味料「ガルム」の製造に使われた容器約100個を発見したという。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年9月1日 13:20
http://www.afpbb.com/articles/-/3141232

チュニジア北東部ナブール沖で見つかった、古代ローマ帝国時代の都市遺跡(2017年8月31日提供)。(c)AFP/HO/NATIONAL HERITAGE INSTITUTE TUNISIA/UNIVERSITY OF SASSARI




2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/03(日) 23:05:16.56 ID:Uz7muDxD.net

オリハルコンは



6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/03(日) 23:13:06.70 ID:X1FME3+A.net

波で削られただけです



胎児期にダウン症改善 化合物「アルジャーノン」発見 マウス実験で学習能力が向上 京大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2017/09/05(火) 14:37:21.42 ID:CAP_USER.net

2017.9.5 07:25

(1/2ページ)
アルジャーノンの作用
http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n1.html?view=pc

 ダウン症の子を妊娠したマウスに投与すると、生まれた子の脳の構造が変化して学習能力が向上する化合物を発見したと、京都大の萩原正敏教授(化学生物学)
らのグループが、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。化合物の作用で神経細胞の増殖が促され、ダウン症の症状が改善されるという。

 将来、出生前診断をした人の胎児を対象とした薬剤の開発につながる可能性がある。ただ、人の胎児で臨床研究を行うことの是非など、早期の実現には倫理面で課題がある。

 ダウン症は21番染色体が1本多い3本になることで起き、発達の遅れや、心臓疾患などの合併症を伴うこともある。グループは、神経の元になる細胞
(神経前駆細胞)が増えないことがダウン症の原因の一つと考え、717種類の化合物をふるい分けし、神経幹細胞が前駆細胞を増殖するのを促進する化合物を発見。「アルジャーノン」と名付けた。

 ダウン症の子を妊娠したマウスに1日1回、経口投与すると、胎児の前駆細胞が増えるなど、投与しなかったダウン症の子とは脳の構造が異なった。
迷路を使った実験で学習能力を比較した結果、投与したマウスの方が好成績で、正常なマウスとも変わらなかった。
http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050013-n2.html
続きを読む
©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 14:42:34.64 ID:IM0aKih/.net

つまり隠れダウン症が産まれるわけだ



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/05(火) 14:45:29.47 ID:o+J+h0KW.net

七夕を



大きな魚竜と新種の首長竜、博物館で見つかる 収蔵品の中から未発見の種が2つ、ドイツ・ニーダーザクセン州立博物館

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 00:42:21.64 ID:CAP_USER.net

大きな魚竜と新種の首長竜、博物館で見つかる
収蔵品の中から未発見の種が2つ、ドイツ・ニーダーザクセン州立博物館
2017.08.31

ドイツ、ビーレフェルト自然史博物館の古生物学者スヴェン・ザックス氏は、ある古代の海生爬虫類について調査をするためにハノーファーにあるニーダーザクセン州立博物館を訪れた。その際、展示中の化石の一つに目が留まった。
 
その標本は1990年代半ばに英サマセット州で発掘されたものだったが、その後、詳しい調査は行われていなかった。ザックス氏が一見したところ、それはイクチオサウルス属の魚竜に見えた。恐竜と混同されることも多いが、魚竜は水中にすむ爬虫類の仲間で、体をひねらせて泳いでいたと考えられている。(参考記事:「知っているようでホントは知らない?「恐竜」って何者?」)

「すごいものを見つけたと思いました。これまで見たどの標本よりも大きかったのです」。ザックス氏によると、展示された標本は、イクチオサウルス属の中でも比較的体の小さな種に分類されていたという。
 
ザックス氏はこのグループの専門家である英マンチェスター大学のディーン・ロマックス氏に連絡を取り、2017年の初頭、協力して標本の調査にあたった。その結果、標本の正体はイクチオサウルス・ソメルセテンシス(Ichthyosaurus somersetensis)であることが判明した。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:National Geographic 日本版 2017.08.31
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/083000330/

今回見つかったイクチオサウルスの化石。尾は別種のものがくっついている。(PHOTOGRAPH BY DEAN LOMAX)




3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/03(日) 00:48:23.72 ID:UH/2Y1Dw.net

は虫類が魚の格好で泳いでいるのも不思議なのに、それは恐竜と呼ばないという不思議さ。



6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/03(日) 05:37:37.95 ID:j8So+NdJ.net

恐竜って分類学上の名前だからな
そこに所属する生物が恐いかどうかは関係ない



奇妙な新種カエルを発見、ブタ鼻で地中暮らし オタマジャクシは激流で岩に吸いつき生活、希少なインドハナガエルの仲間

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 00:26:37.82 ID:CAP_USER.net

奇妙な新種カエルを発見、ブタ鼻で地中暮らし
オタマジャクシは激流で岩に吸いつき生活、希少なインドハナガエルの仲間
2017.08.29

インドの西ガーツ山脈で、珍しいカエルの新種が見つかった。光沢のあるうす茶色の皮膚、淡い青色で縁取られた目、そして、ブタのようなとがった鼻を持つ。
 
科学者たちはこの新種をブパティ・インドハナガエル(Nasikabatrachus bhupathi)と名付けた。尊敬を集めた爬虫両生類学者であり、2014年に西ガーツ山脈で命を落とした研究仲間、スブラマニアム・ブパティ博士に敬意を表した命名だ。新種として記載した論文は、学術誌「Alytes」の最新号に発表された。(参考記事:「【動画】超ミニ新種カエル7種を発見、鳴き声も」)
 
新たに仲間入りした両生類は奇妙な姿に見えるかもしれないが、風変わりな解剖学的構造の1つ1つが、気の遠くなるような年月をかけた進化の結果だ。小さな目、長い鼻、硬いシャベルを先端に付けたような短い足のおかげで、一生のほとんどを地中で過ごせる。
 
実のところ、このカエルは物を食べるときさえも地上に出てこない。米国自然史博物館の爬虫両生類学者で、この新種を記述した論文の共著者、エリザベス・プレンディニ氏によると、溝がついた長い舌で土の中のアリやシロアリを吸い込むという。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:National Geographic 日本版 2017.08.29
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/082800325/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/082800325/?P=2

新発見のブパティ・インドハナガエルは、成体になってからほとんどの期間を地中で過ごす。一方、オタマジャクシは滝の裏側で岩に吸い付いて4カ月間生きる。(PHOTOGRAPH BY JEGATH JANANI)

とがった鼻、小さな目、ずんぐりした四肢。いずれの特徴も、一生の大半にわたる地下生活への適応に役立っている。(PHOTOGRAPH BY JEGATH JANANI)




3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/03(日) 00:29:30.11 ID:RZZrM54k.net

男の意地を見せるでヤンス
カラスが鳴いて夕やけこやけ
男の道はど根性でヤンス
キビシイ でヤンス

ざまあ カンカンカッパのヘー



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/09/03(日) 00:34:03.73 ID:q7Ao+OV1.net

ヨコからの図と
正面からの図で
可愛さが違いすぎるwww



«  | HOME |  »