カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類


ピーナツ形小惑星、地球に最接近 撮影に初成功(画像あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/21(金) 00:03:12.60 ID:CAP_USER.net

ピーナツ形小惑星、地球に最接近 撮影に初成功

AFP=時事 4/20(木) 13:16配信


米カリフォルニア州モハベ砂漠にある米航空宇宙局のゴールドストーン・ソーラーシステムレーダーが収集したデータで作成された
小惑星「2014 JO25」の画像。
NASA提供(2017年4月19日入手)。


ピーナツのような形をした直径約650メートルの小惑星が19日、猛スピードで地球のそばを通り過ぎた。
天文学者らが「大きな宇宙の岩」を間近で観察できる珍しい機会となった。

欧米宇宙機関(ESA)によると、「2014-JO25」と呼ばれる小惑星はグリニッジ標準時(GMT)19日午後0時20分に地球に最も接近し、
その後、太陽系の中心から遠ざかる方向に進んでいる。

AFPの取材に対してESAは、小惑星が地球と月の距離の約4倍にあたる、地球から180万キロの地点を通過したことに触れ、
「地球にとって脅威ではない」と述べた。

世界最大級の電波望遠鏡を有する米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)のアレシボ天文台(Arecibo observatory)は
同惑星の撮影に初めて成功。二つの大きな小惑星が結合したような形がとらえられた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000022-jij_afp-sctch



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/21(金) 01:29:04.96 ID:/F91WpZB.net

当たったらどのくらいの被害なの?



6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/21(金) 02:20:12.93 ID:HWHeyZ9e.net

柿の種形小惑星「俺も地球に行かなくちゃな」



悪化する宇宙ごみ問題 「飛んでいる弾丸」75万個 中国の対衛星兵器実験が大きな要因に

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/20(木) 00:07:47.99 ID:CAP_USER.net

悪化する宇宙ごみ問題、「飛んでいる弾丸」75万個 専門家

AFP=時事 4/19(水) 11:52配信

ドイツ・ダルムシュタット(Darmstadt)で18日、宇宙ごみ(スペースデブリ)に関する会合が開幕し、
過去60年間の宇宙探検の結果として地球の衛星軌道上に宇宙ごみがたまり、宇宙空間での任務に影響を及ぼしている問題が悪化していると警鐘を鳴らした。

同会合での報告によると、人工衛星や探査機を破壊するほどの大きさの宇宙ごみはこの四半世紀足らずで倍増しているという。

最高時速2万8000キロで地球の軌道を周回している宇宙ごみは、たとえ非常に小さな物でも、
人工衛星や有人宇宙船の表面を損壊するほどの衝撃力を持っている。

欧州宇宙機関(ESA)の宇宙ごみ問題に取り組む部署で責任者を務めるホルガー・クラッグ(Holger Krag)氏によると、
1993年には地上のレーダー観測によって、地球軌道上に10センチ以上の大きさの宇宙ごみが約8000個確認されたという。
この大きさのものは、衝突時に壊滅的な被害をもたらす。

しかし現在では、10センチ以上のものは約2万個あり、1メートル以上の宇宙ごみも約5000個あるとクラッグ氏は話す。
また「飛んでいる弾丸」と表現される約1センチの宇宙ごみは75万個に上り、1ミリ以上のものも1億5000万個以上あるとESAの予測モデルで示されている。

クラッグ氏は、宇宙ごみが互いにぶつかり合ってさらにごみが散乱しかねない状況を招いた2つの要因を指摘する。

一つは、中国が同国の老朽化した気象衛星「風雲(Fengyun)」を対衛星兵器で破壊した2007年1月の実験。
もう一つは、2009年2月にロシアの軍事通信衛星「コスモス2251(Cosmos 2251)」と
米イリジウム・サテライト(Iridium Satellite、現イリジウムコミュニケーションズ)社の通信衛星との衝突だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000016-jij_afp-sctch



6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/20(木) 00:51:16.13 ID:58Mwxh5q.net

グラビティの映画ではロシアが衛星破壊してケスラーシンドロームになったけど
現実では中国が原因かな



7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/20(木) 00:51:49.38 ID:AV0PEdaj.net

中国だけが悪いみたいに言ってるけど米ソ時代は
人工衛星の爆破をしょっちゅうやってたそうだ



キモすぎ!1.5mの殻を持つ巨大ミミズ新種発見 栄養源は硫黄ガス?

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :猪苗代新幹線 ★@\(^o^)/:2017/04/19(水) 06:39:01.22 ID:CAP_USER.net


ゾウの牙のような白い筒から引っ張り出されたものは、体長1.5メートルの巨大ミミズだった!(Marvin Altamia)

長さ1.5メートルくらいの殻を持つミミズがフィリピン沖の浅瀬で発見された。
腐った卵のような悪臭を放つ泥水に生息する新種で、火山ガスの成分としても知られる硫化水素をエネルギーとするという謎に満ちた生態に注目が集まっている。

米ユタ大学やノースイースタン大学などの共同調査チームは17日、米国立科学アカデミー紀要に、「クフス・ポリアタミア」という新種のミミズを見つけたと発表した。
なんだ、ミミズかというなかれ。その長さはなんと1.5メートル。通常思い浮かべるミミズとは全く異なり、体の外側を筒状の殻が覆う姿は、まるでゾウの牙のようだ。

似たような姿を持つ生物に、漁師や船員の間ではよく知られている「フナクイムシ(船喰虫)」と呼ばれる貝の仲間がいる。
水中の木を食べて穴だらけにする性質があることから、中世の時代から木製の船は、底に鉛の板を張って、フナクイムシの被害を防ぐ工夫がされている。

しかし、フィリピン近海の遠浅の泥の中で見つかったクフス・ポリアタミアは、海の泥の中に潜り込み、泥から発する硫化水素を栄養分にしている。
エサを食べない代わりに、巨大ミミズのえらに住む微生物が硫化水素からエネルギー源を作り出し、それを栄養分にしているという。

オーストラリアやアフリカには数メートルに成長する種類のミミズもいるが、汚泥で暮らすイトミミズはせいぜい十数センチ程度。
しかし、新種は硫黄をエネルギー源とするので、栄養分に満ちた環境であれば、どんどん成長するだろうと研究チームは推測している。

研究者の一人、ノースイースタン大学海洋ゲノムレガシーセンターのダニエル・ディステル教授によると、このミミズの発見はまったくの偶然の産物で、フィリピンのテレビ局が製作していた海洋ドキュメント番組で、浅瀬の泥の中にニンジンのように埋まった奇妙な生物が紹介されているのを見て、調査に乗り出したという。

生きたクフス・ポリアタミアの殻にまとわりついた臭い匂いの泥を洗い落とし、内側から慎重にミミズを引っ張り出したとき、研究者は驚きの声を上げたという。
今後は、微生物から栄養分を得る生態メカニズムの解明に向けて、引き続き研究を続けていくという。


先端の二つに別れた吸管を泥の外にだす(Marvin Altamia)


白い殻ごと土中に埋まり、エラで栄養分を摂取する(ユタ大学/University of Utah)

ソース元:


専門ニュース+板紹介

■政治のニュースは『政治ニュース+』
http://karma.2ch.net/seijinewsplus/
■経済のニュースは『ビジネスニュース+』
http://potato.2ch.net/bizplus/
■事件のニュースは『元気ニュース+』
http://potato.2ch.net/wildplus/
■世界のニュースは『ニュース国際+』
http://potato.2ch.net/news5plus/
■地方のニュースは『ローカルニュース+』
http://potato.2ch.net/femnewsplus/
■笑えるニュースは『痛いニュース+』
http://potato.2ch.net/dqnplus/
■男女のニュースは『PINKニュース+』
http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/
■謝罪のニュースは『お詫び+』
http://potato.2ch.net/owabiplus/



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/19(水) 07:05:11.36 ID:FEZM4HMW.net

ミミズじゃなくてまんま貝じゃねこれ。



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/19(水) 07:15:19.75 ID:4v3oEvuO.net

貝やね。
壷焼きから取り出す時のつるんとした光景を思い出す。



木星衛星「エウロパ」で水噴出か ハッブル観測

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/18(火) 22:28:13.34 ID:CAP_USER.net

木星衛星「エウロパ」で水噴出か ハッブル観測

sorae.jp 4/18(火) 15:35配信


先日は土星衛星「エンケラドゥス」にて熱水の噴出の証拠が見つかったと大いに話題になりましたが、
実は同タイミングで他の衛星でも似たような発見があったと報告されています。
上の画像はNASAによって公開された、木星衛星「エウロパ」で2016年に観察された水の噴出らしき画像です。
 
これらの観測はハッブル宇宙望遠鏡にて行われました。
このエウロパはエンケラドゥスと同じく表面の氷の層の下に塩分を含んだ水(海)があり、
2016年には62マイル(約100km)の高さにも及ぶ水の噴出らしき現象を観測。
また2014年には30マイル(約48km)ほどの噴出らしき現象も観測されています。
また両者は同じ温かい地点から吹き出しており、この水の噴出が継続的に発生していることを伺わせるのです。
 
なおエウロパの氷の層の下の海では、生命の存在の可能性も期待されています。
そして現在、NASAはこのエウロパの探査計画「エウロパ・クリッパー(Europa Clipper)」を進めているのです。
エウロパ・クリッパーの探査機は2020年代に打ち上げられ、エウロパを周回しながらデータを集めます。
 
宇宙人といえばはるか銀河の彼方からやってくるイメージもありますが、意外とすぐそばの太陽系に存在しているのかもしれませんね。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010001-sorae_jp-sctch



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/18(火) 22:32:22.31 ID:iHpiarYh.net

潮吹き。



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/18(火) 22:35:20.93 ID:rffLYAI2.net

(´・ω・`)もうええよ



休暇中の時間を「遅くする」方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/15(土) 01:39:33.49 ID:CAP_USER.net

学者たちが、休暇中の時間を「遅くする」秘密を明かす

学者たちが、休暇を「長引かせる」ことなどに役立つかもしれない、時間の経過を遅く感じさせる2つの方法を紹介した。テレグラフ紙が報じた。

米国の神経科学者で作家のデイヴィッド・イーグルマン氏は、その一つの方法として、高所から落下するなどの、過激で衝撃的な体験をすることを挙げている。

危険な場合、脳は完全に危機的状況に焦点を当てる。これが記憶を通常よりも明確かつ詳細にする。
この出来事が記憶の中で映し出される時、その出来事は実際よりも長かったように感じる。
そのためイーグルマン氏は、休暇中の時間を長引かせたい人たちは、バンジージャンプやパラシュート降下などのエクストリーム・スポーツをすればいいと
語っている。

時間を「操作」する2つ目の方法を提案したのは、リーズ・ベケット大学の心理学の教授スティーブ・テイラー氏。

テイラー氏によると、時間知覚は脳で処理される情報と関連している。
受け取る情報が多ければ多いほど、時間の流れを遅く感じるという。
これを受けてテイラー氏は、旅行者たちに行ったことのない場所へ出かけ、新しいものを試し、新たな友人をつくることを勧めている。
なおその場合、これも時間の流れを遅くさせるのに影響するため、全ての関心を情報認識に向けることが重要だという。
https://jp.sputniknews.com/science/201704143534880/



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/15(土) 02:29:22.49 ID:I8LhGBcO.net

無駄な時間費やすだけだな



5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/04/15(土) 03:59:48.54 ID:0W584U9f.net

金曜日の夜に再び会社に行き、何もせずに帰って来る。



«  | HOME |  »