カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > ほどほどの炎症が大切 組織の再生と炎症の意外な関係を解明/東京工業大


ほどほどの炎症が大切 組織の再生と炎症の意外な関係を解明/東京工業大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2017/03/11(土) 00:48:21.19 ID:CAP_USER.net

ほどほどの炎症が大切―組織の再生と炎症の意外な関係を解明―
2017.02.28


要点

・魚類はさまざまな組織を再生できる驚異的な能力を持つ
・マクロファージを欠損するゼブラフィッシュ変異体はインターロイキン1βの亢進と過度の炎症によって、再生細胞が細胞死を起こす
・過剰な炎症が細胞死を起こす一方、炎症そのものも組織再生の開始に必要
・組織の炎症応答は「諸刃の剣」として、組織再生を制御している

概要

炎症[用語1]は、あまりありがたくないものと考えられてきたが、炎症と組織再生の意外な関係が明らかになった。
東京工業大学生命理工学院の川上厚志准教授らの研究グループは、ゼブラフィッシュを用いた解析により、組織再生が起こるにはちょうど良いレベルの炎症が重要であることを明らかにした。

川上准教授らは以前の研究で、マクロファージ[用語2]などの免疫細胞を欠くゼブラフィッシュ変異体[用語3]は再生細胞が細胞死を起こして組織を再生できないことを発見した。
今回、細胞死の誘導メカニズムを調べたところ、再生組織でのインターロイキン1β[用語4]の過剰な作用と炎症が原因であることが分かった。
一方で、炎症応答をなくした場合にも正常に組織再生が起こらないことから、炎症そのものが組織再生に必須の役割があることも示された。

ヒトの組織再生を活性化する方法の開発や、マクロファージの産生する新たな抗炎症因子解明への展開が期待される。

研究成果は英国の生物医学・生命科学誌である「イーライフ(eLife)」のオンライン版で2月23日に公開された。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:東京工業大学 東工大ニュース 2017.02.28
http://www.titech.ac.jp/news/2017/037577.html



13 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/11(土) 04:55:39.89 ID:EaHPSCRM.net

ステロイドは良いね
副作用とか目を潰れよ
どんどん販売しよう



17 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/11(土) 11:13:50.78 ID:DYz5VWJW.net

なんだこれ、意外でもなんでもないし普通にそう病理の本にも書いてるやんけ
マクロファージ欠損でどうなるか調べただけよな?





19 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/11(土) 11:52:40.00 ID:M4+Gco72.net

STAP現象



22 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/11(土) 14:42:30.69 ID:SoFkFzir.net

消炎剤で口内炎が治りにくくなるってテレビでやってた。



31 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2017/03/12(日) 11:06:27.09 ID:RldxCjZy.net

鍼の治療効果はこういう事なんじゃないの?




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1489160901/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ほどほどの炎症が大切 組織の再生と炎症の意外な関係を解明/東京工業大

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »