カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 未発見の量子効果「真空の複屈折」を中性子星の周りで初観測か


未発見の量子効果「真空の複屈折」を中性子星の周りで初観測か

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :野良ハムスター ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 19:57:34.63 ID:CAP_USER.net

中性子星の研究を行っている欧州天文学者チームは、80年前に予言され、未だ実験的に確認されていない量子効果「真空の複屈折」の証拠を初めて観測した可能性があると発表した。研究論文は「英国王立天文学会月報」に掲載された。

通常、「真空」とは完全に何もない、空っぽの空間であると思われている。光は常に一定の速度(光速c=毎秒約30万km)で、何もない真空中をどこまでも真っ直ぐに進んでいくことができる。

一方、水やガラスなど真空以外の物質の中を進むとき、光は真空中の光速とは違う速度をもっている。物質固有の光の速度を真空中の光速cで割った値は、その物質の「屈折率」と定義される。たとえば、水の屈折率は約1.33、普通の板ガラスの屈折率は約1.51などと物質ごとに値が決まっている。真空の屈折率は、真空中の光速cを同じ光速cで割った値なので、当然「1」になる。

物質によっては、光の偏光の向きに応じて屈折率が変わることもある。この現象は「複屈折」と呼ばれ、すべての方向について構造が等質ではない物質、つまり異方性のある物質で見られる。

真空の場合、どの方向から見ても一様に同じ空間であって、方向によって空間の性質が変わるということはない。つまり、真空には異方性はなく、等方的であると言える。よって真空の屈折率は常に1であり、真空中で複屈折が起こることはあり得ない――と普通はそう考える。しかし、今から80年前、ドイツの物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルク(不確定性原理の提唱者)とハンス・ハインリッヒ・オイラーは、空間が異方的になり、「真空の複屈折」が起こることがあると理論的に予言していた。

1930年代に理論化された量子電磁力学の立場では、真空を「何もない空っぽの空間」とは考えず、電子と陽電子のペアが生成と消滅を繰り返している動的な場であると見なす。電子・陽電子対は生成した瞬間に消えてしまうので「仮想粒子」とも呼ばれる。ハイゼンベルクらは、この仮想粒子が充満した真空において、強力な磁場をかけることによって空間が異方性を示し、真空の複屈折が起こると予言した。磁場に平行な方向と垂直な方向とでは、真空の屈折率が変わると考えた。

この予言を実験的に確かめるため、強力な磁石を使って真空の複屈折を観測しようとする研究が続けられているが、これまでのところ実際に真空の複屈折を観測したという報告はない。そうしたなか、研究チームは今回、中性子星の観測データのなかから、真空の複屈折によるものと考えられる分析結果を得たと発表した。

観測対象となった中性子星「RX J1856.5-3754」は、地球からおよそ400光年の距離にあり、中性子星のなかでは最も地球に近い場所にある。近いとは言っても地上に届く光(可視光)は非常に弱く、欧州南天天文台(ESO)が南米チリに設置した超大型望遠鏡VLTなどを使わないと観測できない。

VLTによる観測データを分析した結果、中性子星から届く光の成分のうち約16%が直線偏光になっていることがわかったという。直線偏光とは光(電磁波)の電磁場ベクトルが一定方向に振動する現象であり、研究チームは「中性子星の超強力な磁場によって真空の複屈折が起こっていると考えないと、16%という偏光度を説明することは難しい」と主張している。

下のイラストは、光の電場ベクトルとそれに直交する磁場ベクトルを赤と青の矢印で表わしている。中性子星から発せられた光は、もともとさまざまな方向を向いたベクトル(矢印)の集まりであるが、真空の複屈折が起きている領域を通過することで、地球から見たときに矢印の方向がそろった直線偏光になって見える。


中性子星RX J1856.5-3754の磁場は10億テスラ(T)程度あると推測されている。これは医療用MRIで使われる磁場強度(1.5~3T)と比べて10億倍オーダーという桁外れに強力な磁場である。中性子星は、太陽よりも大きな質量の恒星が超新星爆発を起こした後に小さく縮んで、半径10km程度の超高密度天体になったものであり、ほとんど中性子だけで構成されているとされる。超新星爆発前の恒星表面の全磁束が、小さな中性子星になってもそのまま保存されるため、磁束密度が超過密になり強力な磁場が生じると考えられている。ただし、これだけでは説明がつかないさらに超強力な磁場をもつ中性子星(マグネター)も見つかっており、強磁場発生の仕組みは完全には解明されていない。

地上の実験では、数十Tのパルス磁石などを使って真空の複屈折に起因する偏光成分を検出しようという試みがあるが、未だ検出には至っていない。「中性子星は、自然の基本法則を研究するための貴重な実験室だ」とパドヴァ大学のRoberto Turolla氏は話す。

http://news.mynavi.jp/news/2016/12/09/188/



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/09(金) 20:08:48.69 ID:nbGi8qT3.net

シュウィンガー機構とか真空偏極とか。



15 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/09(金) 21:30:29.91 ID:su10UsUS.net

迷惑行為はやめなはれ 





17 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/09(金) 22:49:25.85 ID:SQdy8/+M.net

屈折率おかしいだろ。
真空中よりも光が速く走ることがあるのかよ。
勘弁してくれ。



18 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/09(金) 23:24:05.90 ID:os/VvgpH.net

仮想なのに仮想じゃない



28 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 05:08:18.19 ID:Iex9cmPW.net

後のワープ航法である



29 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 05:27:54.77 ID:QODMzoKg.net

物質固有の光の速度を真空中の光速cで割った値????
逆だろう
屈折率は真空中の光速を物質中の光速で割った値なwww



30 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 06:56:05.02 ID:XZX7jG3P.net

完全に何もない状態が存在するはずがない
量子レベルじゃ干渉しないってだけでしょ
量子レベルの衝突を利用した観測は限界があるから磁場を利用した予測的な観測にシフトしてくんじゃないかな
いつか



31 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 08:44:08.31 ID:Xx0I5/t1.net

反射は超光速を考えないと説明出来ないけど
粒子として考えれば簡単

物体には色んな形の穴が開いてて
形の違う光だけが跳ね返る
入射角があまりにも低いと同型でも取り込みが出来なくて
全反射になる



34 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 11:44:20.11 ID:QkAuxD3G.net

空間が局所的に歪んでるってことだから、当然じゃね?
そもそも光に何も作用しない真空状態なんて存在しな
いのだろ。



37 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 13:22:29.54 ID:gL+eq4pJ.net

中性子星の高速回転は見られるもんなら見てみたいし
聞こえるもんなら聞いてみたい
宇宙には色々あるんだなあ



40 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 14:02:37.64 ID:Q4+30Psb.net

中性子なのにどうして磁場が?



44 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 14:56:31.26 ID:NHZWKq2b.net

3回読み返したけど意味がわかんなかった



49 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/10(土) 22:26:26.52 ID:QFhgUHYz.net

量子ワープとか量子電池とか量子タイムマシンとかまだなの?



51 :ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. @\(^o^)/:2016/12/10(土) 22:53:18.07 ID:MkFK664G.net

偏光に訂正



54 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/11(日) 01:18:20.24 ID:Y+IGqDUj.net

スピンがあるから磁場があるというわけではない



56 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/11(日) 05:02:48.16 ID:PGW5iIW5.net

つまり人類は宇宙の裏側にすんでいて、本当の宇宙は表側にあるってこと



59 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/12/12(月) 08:58:49.42 ID:ups0EfBN.net

磁場の強さが違う中性子星と比べてみないことにはだな




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1481281054/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 未発見の量子効果「真空の複屈折」を中性子星の周りで初観測か

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »