カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功 再生医療やがん治療への応用に期待/国立がん研究センター


肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功 再生医療やがん治療への応用に期待/国立がん研究センター

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2016/11/13(日) 02:33:37.45 ID:CAP_USER.net

肝臓細胞若返り 国立がん研究センター、動物実験で成功

国立がん研究センターの落谷孝広分野長らは11日、肝臓の細胞を若返らせることに動物を使った実験で成功したと発表した。
4種類の化合物を使うことで、成熟した肝臓の細胞を肝細胞などの基になる細胞に変化させた。
人でも成功すれば、肝臓がんや肝硬変など重い肝臓病の再生医療に道が開ける。
 
ラットの肝臓の細胞を使って実験した。
化合物で若返らせた細胞を慢性肝炎のマウスに移植した。
8週間後に調べると、マウスの肝臓の細胞の大部分がラットの健康な細胞に置き換わり、肝臓の働きが正常に戻った。
安全性の面でも問題は起きなかった。
「肝臓だけでなく様々な臓器にも応用できる可能性がある」と落谷分野長は話す。
 
重い肝臓病の治療は現在、臓器移植しかないとされるが、提供者不足で進んでいない。
iPS細胞から肝臓の基になる細胞を作って移植する治療の研究が進んでいるが、うまく再生できていないという。
また遺伝子を導入して作るため、移植した細胞ががんになる懸念もある。

▽引用元:日本経済新聞Web 2016/11/11 23:38
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11HAD_R11C16A1CR8000/

▽関連
国立がん研究センター プレスリリース 2016年11月11日
肝臓を再構築する肝前駆細胞へのリプログラミングにラット、マウスで成功
再生医療やがん治療への応用に期待
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20161111.html

*ご依頼いただきました。



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 02:47:23.79 ID:wLhTVcrx.net

1月は正月で酒が飲めるぞ



6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 02:52:19.18 ID:NMGzT64r.net

もしかしたら夢の若返りも目指せると考えています





12 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 03:47:38.75 ID:JrU0PG6j.net

俺 肝機能障害



13 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 04:40:02.62 ID:fVx2KRtL.net

保険きくの?



14 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 05:00:02.06 ID:xLMRpsZS.net

ラットの難病をことごとく治療できるようになってる現実



18 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 05:15:25.18 ID:BfUJH9LT.net

長寿を詠ってるわけがこれであった



20 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 07:14:07.78 ID:tIDVTCqj.net

もうiPS細胞は要らんだろ。



24 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 08:34:27.78 ID:SSyjJBSN.net

すごいな
疲れにくい体にもなるのかな



27 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 12:17:54.97 ID:iwXEKWg9.net

みみずが効く 詳しくは書けないけど



28 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 12:35:51.64 ID:xO4tWipj.net

早く実用化してもらいたい
他の臓器にも応用できればいいよな



30 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 12:40:08.41 ID:2g/7Dzyk.net

これ本当なら すげーだろ?



31 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 12:46:04.27 ID:TzlT63cs.net

脂肪肝の脂肪はどこへ行っちゃうの?



32 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 13:14:38.35 ID:/4do56aR.net

はよ頼むよ!はよ!



33 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 14:42:51.62 ID:J82FqIBs.net

マジかよ。
これなら気にせず酒呑みまくれるじゃん。

まー飲みすぎると脳が萎縮するけど。



36 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 19:14:46.59 ID:Gd+u5NRV.net

次は毛母細胞だな。



38 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 20:59:53.41 ID:Jqpivg/T.net

肝臓移植しなくていいかもしれないけど肝硬変はどうするのさ
あとは腎臓も何とかしてくれ!薬剤や合併症でやられてる人多すぎ



40 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/13(日) 22:32:10.77 ID:loQOHBjt.net

ほぼ、STAP細胞じゃね?



50 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/11/14(月) 14:23:50.50 ID:gBN+wHhV.net

メチル化されている部分を脱メチル基試薬でメチル基を切り離すとかかな?
それとも、糖化されたアミノ酸から試薬・酵素を使って糖を切り離すのかな。

どういう機構であるのか何にも書かれていないな。




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1478972017/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功 再生医療やがん治療への応用に期待/国立がん研究センター

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »