カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 太陽系含む銀河系の「腕」、4倍も大きかった 銀河系の3次元構造で重要な発見、精緻な3D地図の製作で一歩前進


太陽系含む銀河系の「腕」、4倍も大きかった 銀河系の3次元構造で重要な発見、精緻な3D地図の製作で一歩前進

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/10/05(水) 07:49:43.51 ID:CAP_USER.net

太陽系含む銀河系の「腕」、4倍も大きかった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/100400375/


 銀河系のうち、太陽系を含む「腕」の部分が従来考えられていたより4倍も大きかったことが明らかになった。

 オンライン科学誌「Science Advances」に9月28日付けで発表された論文によると、私たちの周りの星、ガス、塵が集まる領域は2万光年の長さを持つ。ローカル腕やオリオンスパー(弧)、またはオリオン・はくちょう腕などと呼ばれる部分だ。

 つまり銀河系は、かつて科学者が考えていたよりも対称性が少し高く、規則正しい形をしていると、論文の共著者の1人で米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのマーク・J・レイド氏は言う。銀河の構造に詳しくなったところで、重力や私たちに働くその他の力への理解までが変わるわけでないが、今後、銀河系の大規模な特徴をよく知る助けにはなるだろうとレイド氏は記している。(参考記事:「超精細な天の川画像、欧州の天文台が発表」)

 ローカル腕はそれでも、銀河系の主要な4つの腕と比べるとかなり短い。4つの腕は約8万光年にわたり中心から渦状に伸びている。銀河系の直径はおよそ10万光年とよく言われるが、レイド氏によると、最近の証拠を考慮すれば、星の密度が急激に減少する端の間の直径は7万光年程度だろうという。

「ローカル腕の距離を実際に測定してみて驚きました。近隣の腕にあると思っていた物質の多くが、実はローカル腕の一部だったのです」

 論文では、ローカル腕のピッチ角(銀河の円盤面に対する腕の角度)と星形成速度も、他の大きな腕に近いことも報告された(たて・ケンタウルス腕といて・りゅうこつ腕が2大腕である)。小さな弧の場合は、主要な腕を含めた円盤面と交差する方向に伸びる傾向がある。つまり、私たちの太陽系が含まれるローカル腕は、サイズこそ比較的小さいものの、弧より本当の腕に近い。(参考記事:「天の川見えない人口、欧州60%、北米80%」)

 銀河系には数十億(から数千億)の星のほか、たくさんのガスや塵が含まれる。私たちの銀河は(薄さわずか1000光年の)平らな円盤形をしており、全体的に見ると多くの銀河に比較的よく見られる渦状だ。

 太陽系は、銀河系の中心から縁までのおよそ4分の3のところに位置しているとレイド氏。太陽は約2億5000万年かけて銀河を1周する。

 ローカル腕の長さを測るため、5カ国の科学者からなる研究チームは、太平洋のハワイからカリブ海のバージン諸島まで、10カ所に広がる電波望遠鏡群「超長基線アレイ(VLBA)」で電波を観測した。これらの望遠鏡の調整はニューメキシコ州の基地から行った。(参考記事:「1300個、18倍の銀河を一度に発見、新電波望遠鏡」)

 同望遠鏡群は、銀河系の精密な3D地図をつくるという野心的なプロジェクトで使用するため、2010年に完成したものだ。(参考記事:「銀河系を含む新超銀河団「ラニアケア」」)

「銀河系の中にいる私たちは、その全容を見ることはかないません。人々が地球を外から眺めたいと思っていた500年前と同じような状況です。そこでこのプロジェクトでは、さまざまな地域の間の距離を測定することで、銀河系の性質をより深く理解することを目指しています」とレイド氏は述べている。データは銀河系の質量の見直しにも役立つだろう。

 ブラジル、ポルトアルグレにあるリオグランデドスール連邦大学のデニウソ・カマルゴ氏は、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに答え、新たな論文は「私たちの銀河へのより深い理解に貢献するでしょう」と述べた。カマルゴ氏はこの論文には関わっていない。(参考記事:「マゼラン雲と銀河のダンス」)

 5月には別の科学者らが、銀河系が予想よりもスリムで、わずか太陽の7000億倍の質量に過ぎないことを発表している。(参考記事:「銀河系の質量は太陽7000億個分、暗黒物質が約9割」)



9 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 09:05:57.52 ID:w4xDWjtz.net

待て待て、この動画見ると俺ら銀河の水平面?に対して変な方向で回ってね?



13 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 09:28:50.77 ID:jq+Zs29S.net

10年ぐらい前だと3次元地図など不要だというのが天文関係者の常識が
いま変わろうとしている

宇宙の地図に意味などない星は動くからだという過去の説明は大局的な
見地をまったくみていない単細胞のレッテルである。
銀河系の地図といえば全天を平面にプロットした距離が測られていない図であり
観測された星と星の距離はその図からでは知ることができないのである。

3D観測によって空間の濃度や構造がわかるようになることで、天の川銀河が
単一の銀河だけで構成されていない事実がたくさん出てきている、
他の矮小銀河が形を変えて恐ろしく細長く潰される様子も観測されている。





15 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 09:44:36.92 ID:hsTaGNpe.net

じゃあ、相対的に太陽系は考えられてたより銀河の中心寄りか
どうでもいいけど、物知りさんが実は端っこなんだよって知ったかぶりできなくなるな



23 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 10:28:14.45 ID:VIQVR0az.net

寂しいよな
目先のパンの事しか考えられなくなるってのは



27 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 12:40:29.19 ID:T8MW42c/.net

宇宙物理学で「ダーク」とはわからないものを指し、ダークマターとはその名の
通りわからない何かと言う意味であって、仮想的な物質であり、それを物理学の仮定
ではなく、まるで存在する物質のように扱ってるのは意味不明だ。



35 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 13:58:04.45 ID:RY5ygU8g.net

結局ダイソン球だらけってことだな
ダークマターなんてなかった



38 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 14:32:17.70 ID:RY5ygU8g.net

褐色矮星なんて名前つけてるけど
実際のところダイソン球ってオチですか



39 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 14:42:34.10 ID:VpcTOz6N.net

アンドロメダ「やべえ、やべえよ・・・」



43 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 15:08:53.65 ID:RY5ygU8g.net

中性子って本来電荷が無いわけだが
なぜか磁気は帯びてるんだよな
今の宇宙論は電荷はまったく考慮しないから意味あるのかどうか
電気的に中性でも内部構造があれば磁気は生まれるんだぜ?



45 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 15:18:02.15 ID:RY5ygU8g.net

スケールアップしてみようか
銀河は素粒子のような内部構造(この場合恒星系だな)を内包している
さてその磁気はどうなるでしょう?



48 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 15:28:21.20 ID:RY5ygU8g.net

スケールダウンしてみようか
素粒子の磁気モーメントとは何か?
核磁気モーメントとは何か?
内部構造なしには語れないけどなぜか避けるよね



53 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/10/05(水) 16:17:07.89 ID:L2R/4M6o.net

銀河腕に突っ込むと寒冷化するんだっけ




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1475621383/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 太陽系含む銀河系の「腕」、4倍も大きかった 銀河系の3次元構造で重要な発見、精緻な3D地図の製作で一歩前進

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »