カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > お椀状分子の配向を単分子レベルで自在に制御することに成功 100テラビットを超える省電力高密度メモリー実現に道


お椀状分子の配向を単分子レベルで自在に制御することに成功 100テラビットを超える省電力高密度メモリー実現に道

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/09/16(金) 12:20:19.04 ID:CAP_USER.net

【プレスリリース】お椀状分子の配向を単分子レベルで自在に制御することに成功―100テラビットを超える省電力高密度メモリー実現に道― - 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/50196



要点

•お椀の形状をもつスマネン分子を金表面に吸着、単分子レベルで配向を制御
•分子配向による伝導度の違い利用し、分子1個が記録素子に
•1平方インチあたり600テラビットの不揮発性メモリーが可能に


概要

東京工業大学 理学院 化学系の藤井慎太郎特任准教授、木口学教授、大阪大学の櫻井英博教授らのグループは、フラーレンの一部を切り出したお椀形状をもつ分子「スマネン[用語1]」を用い、単分子レベルで分子の配向を自在に制御することに成功した。金の表面に最密構造をもつスマネン分子膜を作製し、走査型トンネル顕微鏡(STM)[用語2]の探針を近づけて、スマネン単分子の反転を実現した。

分子反転(分子の向き=配向)によりスマネン分子(図1)の伝導度が10倍程度変化することを確認した。スマネン単分子の伝導度を1記録素子として利用することで記憶媒体として利用できる。また分子反転は電流ではなく機械的な力により誘起され、形状保持に電気は不要である。

スマネン分子の密度は1平方インチあたり600テラビット(Tbit/inch2、1テラビットは約1兆ビット)に相当し、高密度メモリー[用語3]、低消費電力の不揮発性分子メモリーへの展開が期待できる。

研究成果は8月24日に米国化学学会誌(Journal of the American Chemical Society)オンライン版に掲載された。


(以下略)



2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/16(金) 12:25:55.43 ID:9ivjwsb0.net

スマネエ



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/16(金) 12:33:14.29 ID:Nlrwmj+O.net

スネちゃま





6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/16(金) 12:43:36.57 ID:paQzLYAf.net

血 税 を  使 っ て 遊 ぶ  研 究 者



8 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/16(金) 13:01:04.47 ID:qs6bsONP.net

読み書き速度はクッソ遅いんだろうな



10 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/16(金) 13:27:20.84 ID:SARod5SM.net

メモリとして使えない
給与として現物支給してあげよう



23 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/17(土) 11:50:48.49 ID:1xZuu4Zc.net

10万年だか1億年だかもつとかいう記録方法はどうなったんだよ?



26 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/09/17(土) 16:56:39.36 ID:a7N1H6CL.net

カーボンナノチューブの針で原子を画像化できるならその針で物質に情報きざめばいいじゃないってことなんだろうかな
あの原子画像が出たころはみんなそんな夢想をしてたに違いないけど、ずいぶん時間がかかってるな




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1473996019/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - お椀状分子の配向を単分子レベルで自在に制御することに成功 100テラビットを超える省電力高密度メモリー実現に道

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »