カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 00年以降の日本のノーベル賞受賞者ついて詳しく分析「ノーベル賞、45歳までの業績が大半」/文部科学省


00年以降の日本のノーベル賞受賞者ついて詳しく分析「ノーベル賞、45歳までの業績が大半」/文部科学省

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★@\(^o^)/:2016/05/23(月) 22:39:28.00 ID:CAP_USER.net

「ノーベル賞、45歳までの業績が大半」 科学技術白書 
朝日新聞DIGITAL 2016年5月20日18時21分
http://www.asahi.com/articles/ASJ5K3VS5J5KULBJ001.html

政府は20日、2016年版の科学技術白書を閣議決定した。
00年以降の日本のノーベル賞受賞者16人全員について詳しく分析。
受賞につながる業績をあげた時期は45歳以下が大半で、「若手研究者への支援が大事」と指摘した。

米国籍の故南部陽一郎氏を含む医学生理学、物理学、化学3賞の受賞者16人の道のりや背景をアンケートや著作をもとに調べた。
受賞につながる業績をあげた年齢は、26~40歳が8人。
5歳刻みでみると41~45歳が5人で最も多く、45歳以下で計13人を占めた。

全員が20代から30代に任期付きではない安定したポストに就いていた。
地方国立大出身者が多く、留学や海外での研究経験が飛躍のきっかけになる例も目立った。

科学に興味を持つきっかけは、幼い頃の体験が大きな役割を果たしていた。
14年に物理学賞を受けた天野浩氏は小学校時代に扇風機のしくみに興味を持ったこと。
00年に化学賞を受けた白川英樹氏は、炊飯や風呂の火おこしの時の体験だったという。
昨年受賞した大村智氏(医学生理学賞)と梶田隆章氏(物理学賞)のインタビューも掲載した。

このほか、ビッグデータや人工知能などで可能になる35年ごろの「超スマート社会」についても説明。
健康データをふまえた献立提案やバーチャルリアリティーによる食材の試食など、近未来の技術を物語形式で紹介している。(竹石涼子)

▽関連
文部科学省
平成28年版 科学技術白書
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa201601/1362981.htm



7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/05/24(火) 00:20:34.40 ID:b9ysusYv.net

文科省「外国人研究者のために日本人研究者の研究費を減らしますので、日本人研究者はみんな外国に出て行ってください。」



20 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/05/24(火) 13:35:35.37 ID:2Y1f0i+j.net

愚にもつかない白書
税金のムダ使い





36 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/05/26(木) 15:42:36.56 ID:wKS3eICl.net

分析してどうすんだよ。
そんな分析結果からノーベル賞受賞者が出ると思う時点で科学や技術の研究を誤解している。




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1464010768/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 00年以降の日本のノーベル賞受賞者ついて詳しく分析「ノーベル賞、45歳までの業績が大半」/文部科学省

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »