カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていた


恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていた

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/04/19(火) 18:03:22.01 ID:CAP_USER.net

恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3084455


【4月19日 AFP】恐竜は、最終的な絶滅に至る数千万年も前から生存の危機にすでに陥っていたとする研究結果が18日、発表された。恐竜の絶滅は、小惑星の衝突で発生した砂塵が生息環境に降り注いだことが原因と広く考えられている。

 地球上に存在した最後の時期に恐竜が健全な状態にあったかどうかをめぐっては、科学者らの間で、最盛期にあったとする説と、個体数の減少傾向が強かったとする説とで意見が分かれている。このほど、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された研究成果は、この議論に大きな影響を与えるものとなりそうだ。

 発表された今回の研究では、世界中の化石記録が詳細に調べられ、統計分析が実施された。その結果、太陽系初期の残骸である小惑星が、現在のメキシコにあたる地域に衝突するまでの少なくとも4000万年の間、さまざまな種の恐竜が、新個体の出現よりも速いペースの個体数の減少に見舞われていたことが示された。

 研究を主導した英レディング大学(University of Reading)の古生物学者、マナブ・サカモト(Manabu Sakamoto)氏は「この結果は予想外だった」と話す。「小惑星の衝突が、恐竜の最終的な絶滅を引き起こした最有力候補であることに変わりはないが、その一方で、恐竜が進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていたことが明白となった」

 その一例として、存在が知られている中で最大の陸生動物である首の長い草食性の竜脚類恐竜の個体数が、最速のペースで減少していたことを研究チームは発見している。一方で、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus rex、T・レックス)を含む分類群の獣脚類は、絶滅がより緩やかなペースで進行したという。

 恐竜が生存の危機に陥ったのは、大陸塊の分裂や持続的な火山活動などが要因となっている可能性が高いと、研究チームは指摘する。

 そして今から6600万年前に現在のメキシコで、「チチュルブ(Chicxulub)衝突」として知られる巨大な小惑星が地球に衝突する事象が発生した。衝突の衝撃で大量の砂塵が巻き上げられ、太陽光を遮断した結果、地球寒冷化と広範囲に及ぶ植物死滅の時期に突入した。草木などの植物が死滅すると、重要な食料源とすみかを奪われた恐竜たちも、同様に姿を消すことになった。


■未来に関する知見

 このほどの研究についてサカモト氏は、「恐竜は、最終的な絶滅を迎える数千万年も前から、地球上の優占種としての優位性を失い始めていたことを、この結果は示唆している」と説明する。

 さらにこの研究は、未来に関する知見をもたらしている。すでに多くの生物種が、人為的な気候変動に起因する危機に直面している状況において、大災害が発生すれば、苦境に立たされているそれらの種は完全に絶滅してしまう可能性があるというのだ。

「動物の一群で、個体の差し替えが可能なペースより速い速度で個体数の減少が進行している場合には、大災害が起きるとすぐに絶滅に追い込まれる傾向があることを、今回の結果は強く示唆している」と、同氏は指摘する。そして「人類が引き起こした現在進行中の気候変動のせいで、生物種が空前のペースで絶滅に向かっている現状を考えると、このことが現在と未来の地球の生物多様性に対して持つ意味は極めて大きい」と続けた。(c)AFP



10 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/19(火) 19:08:12.22 ID:NFZdXq38.net

IN 宮崎みどり



15 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/19(火) 19:14:53.05 ID:fHrZlGIc.net

はるかはるか遠い遠い未来には、
すべての原子が崩壊して物質を維持できなくなる。





22 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/19(火) 20:04:27.70 ID:yAPyK7eE.net

アロサウロスがいなくなり、代わりにティラノサウルスがっていうような、交代劇じゃないのか?



28 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/19(火) 23:04:24.21 ID:W8bZ/Lkd.net

でかすぎたんだよw



29 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/19(火) 23:29:24.00 ID:c+l4oAdq.net

恐竜が数を減らしていたのなら、何が数を増やしていたのだろうか



32 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 00:37:42.94 ID:a651kO5A.net

研究者が日本で研究、発表しない理由が
このスレのレスを見るだけで想像に容易い



35 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 01:54:29.28 ID:JckKnybe.net

竜脚類のアラモサウルスが生き延びたって説もあるらしいな



36 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 02:18:38.10 ID:36dMEPdW.net

ワニさんは種の寿命というものがあるとすれば限界突破してると思うが
恐竜と何が明暗を分けたのか



40 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 03:50:13.41 ID:2/k4+B+3.net

黒川みつひろの、トリケラトプスの絵本の世界観も、
最盛期を過ぎたような時代を描写しているよな。

白亜紀はジュラ紀に比べて草木も少ないし、
草食動物が楽園を目指しているし。



43 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 06:09:29.57 ID:M5z+ECOM.net

地球の磁場がなくなってたときに
ダメージ受けてたんじゃないの。



46 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 07:16:53.09 ID:5hYjQ46J.net

いずれ恐竜なんていなかったに辿り着くよ



48 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 10:56:49.16 ID:/NPtE98p.net

いまと地球の重力も違ったのかね?
あんなに大きくなるもんかねー
骨はあるみたいだが組立間違えてたりしないのかね?

本当に存在したんだろうか



49 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 12:24:07.48 ID:w6yT+HRH.net

重力の変化は微々たるものだろう
それより大気構成の方が重要
いまより気圧は高く酸素濃度も高いと思われる
それにより巨大化した



60 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/20(水) 20:16:15.04 ID:kzUKj94R.net

隕石じゃないだろ。
2足歩行の凶悪な種が地球上に蔓延してるからな。そっちは完全スルーかよ。




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1461056602/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 恐竜、小惑星衝突の数千万年前から生存の危機 進化論的な意味ではすでに最盛期を過ぎていた

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »