カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 200万年ほど前に、地球の近くで超新星爆発 海底堆積物の中に痕跡を発見


200万年ほど前に、地球の近くで超新星爆発 海底堆積物の中に痕跡を発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/04/11(月) 07:24:20.99 ID:CAP_USER.net

200万年ほど前に、地球の近くで超新星爆発 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/040800129/

関連
【進化生物学】人類の進化は「超新星爆発」の影響だった? 最新研究が指摘 [無断転載禁止]©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1460104378/


 今から200万年ほど前、地球の近くで巨星が爆発した。アウストラロピテクスなど初期のヒト科が夜空を眺めていたら、きっと満月よりも明るく輝く星が突然現れたことに気づいただろう。青みがかった不気味な光は、日中でも見えるほど明るかったかもしれない。

 爆発が起きた場所は地球から約300光年も離れていたので、生物に害を及ぼすことはなかったが、地球にかすり傷も負わせなかったわけではない。その爆発は、鉄の放射性同位体「鉄60」を地球と月に浴びせかけたのだ。

 このほど、海底堆積物の中に含まれる鉄60の年代を調べた天文学者たちは、150万~230万年前に複数の超新星爆発が起きたことを明らかにし、その爆発が空のどこに見えたかを推定した。

 4月7日に『ネイチャー』誌に発表された2本の論文は、こうした超新星爆発について記述しているほか、太陽系や近隣の恒星を包み込む「局所泡」と呼ばれる巨大な空洞との関係についても説明している。


地球に落ちてきた鉄

 死にゆく恒星の内部では核融合反応がどんどん進み、周期表の元素の大部分が作り出される。こうした元素が超新星爆発によって星間空間に撒き散らされると、爆発した星の種類や、爆発が起きた時期と場所を特定するための手がかりになる。(参考記事:「スターダストは超新星から?」)

 問題は、撒き散らされた星の破片をどうやって見つけるかだ。

 イリノイ大学のブライアン・フィールズ氏は「地球に飛んできた破片が、まとまって頭上に落ちてくるなら、さぞかし痛いでしょう」と言う。「けれども地球全体に散らばってしまったら、気づくことはできません」。

 1999年、地球の深海底地殻を調べていた科学者たちは、大昔の超新星爆発によって吹き飛ばされてきた可能性のある鉄60が微量に含まれているのを発見した。

 その5年後、鉄60の量と年代の分析から、問題の超新星爆発が200万年ほど前に地球からほど近いところで起きたことが明らかになった。


深海天文学

 けれども今回、別の研究チームが、インド洋、太平洋、大西洋の深海底地殻に含まれる鉄60と、それに関連した団塊や海底堆積物を詳しく分析したところ、はるかに複雑な物語が見えてきた。(参考記事:「キャメロン監督「深海底は宇宙のよう」」)

 論文を執筆したオーストラリア国立大学のアントン・ウォルナー氏は、自分たちの研究手法を「深海天文学」と呼ぶ。彼らは、今まで知られていたものよりも古い、約800万年前の超新星爆発によって吹き飛ばされてきたと思われる鉄60を発見した。

 フィールズ氏は「これは、地球の近くで複数の超新星爆発が起きたことを示す最初の証拠です」と言う。「200万年前の超新星爆発の証拠ほど強力ではありませんが、遠い過去の超新星爆発の証拠として、非常に魅力的です」。

 厄介なのは、地球に飛び込んできた鉄60が海底堆積物の中に蓄積していったペースである。約200万年前の鉄60の痕跡はかすれたように広がっていて、100万年以上かけて堆積したことを示している。

 ベルリン工科大学のイェニー・ファイゲ氏は、「この痕跡の幅は、1回の超新星爆発が作り出す痕跡に比べて、ずっと広いのです」と言う。広がった痕跡は、複数の超新星爆発が直接作り出したものなのだろうか? それとも、過去の超新星爆発の残骸が薄い雲のように漂っている中を地球が通り抜けた結果なのだろうか? その答えは、海流や海洋生物によって常にかき乱されている海底堆積物の中に鉄がどのように蓄積するかによっても違ってくる。

 「私たちは海底堆積物を望遠鏡として利用しているのです」とフィールズ氏。「天文学者にとっては新しいタイプの道具なので、使いこなせるようになるためには、その癖をよく理解する必要があります」。



3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 07:30:10.23 ID:sYdehc+S.net

この世界の人たちって爆発とかインパクトとか好きだよね
ハリウッド映画もそうだし



6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 08:49:18.44 ID:FQCHZ5KR.net

超新星爆発の粒子運動は、減速せずにどこまでも続くと思うんだが。泡ができていて太陽系がその中を通過したとかいうの見ると、減速するメカニズムがあるのか?





7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 09:25:03.97 ID:EvP7gKq2.net

で、どれぐらいの量が降り積もったん?



13 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 12:53:52.53 ID:oXA6MGOH.net

深海天文学って面白いな。
衛星考古学とかのようにまったく全く違う観点から見ると
今まで気が付かなかった発見もあるんだろうな。



17 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 13:48:37.62 ID:qgf73l7v.net

人類がハゲる原因がやっとわかった



18 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 13:56:40.64 ID:RM/EShb1.net

困かい事は
いいよ



19 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 14:35:20.63 ID:pnT35RPM.net

おぉ。あの爆発か。
結構明るくて見応えあったなぁ。懐かしい。



22 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 15:21:44.99 ID:jlI61f+E.net

俺は逆に最近万が付く距離の話しか見てないから物凄く近く感じる



26 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/11(月) 18:28:14.21 ID:y7yXHTOh.net

はいはい名古屋は大都会



36 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/17(日) 10:50:13.61 ID:oril8dnC.net

オールトの雲で乗り継ぎして彗星に乗ってやってくるんだな。




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1460327060/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 200万年ほど前に、地球の近くで超新星爆発 海底堆積物の中に痕跡を発見

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »