カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 人間の一夫一婦制、理由は「真実の愛」でなく細菌


人間の一夫一婦制、理由は「真実の愛」でなく細菌

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/04/13(水) 12:38:13.55 ID:CAP_USER.net

人間の一夫一婦制、理由は「真実の愛」でなく細菌 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3083813


【4月13日 AFP】人間が一夫一婦制となり、大半の動物にとって自然な行為である、より多くの配偶関係を持つ「乱婚」を拒絶するようになった理由は何なのだろうか。道徳か、宗教か、それともおそらく愛だったのか──。

 12日に発表された研究論文によると、その答えは細菌だという。研究は、人間の祖先は、性感染症が引き起こした大混乱によって、同じ相手と一生添い遂げる方が賢明との結論に至ったとしている。

 カナダ人とドイツ人の研究チームは、先史時代の狩猟採集民が農耕を行うために定住するようになった後、集団で暮らす人々の中で性感染症が発生して広まった事態を考察した。

 野放し状態のままでは、性感染症はまん延し、個人の生殖能力と集団全体の繁殖率に悪影響を及ぼす恐れがある。そして、人口の減少により、性行動の見直しを余儀なくされ、その結果として社会的な道徳観が形成されることが考えられる。

 研究では、狩猟採集民の人口動態と、その集団の中で広まった可能性が高い性感染症についての数理モデルが用いられた。

 研究チームは、「規模が拡大した居住集団での性感染症による問題増大が、人間の配偶行動に社会的な強制による一夫一婦婚の出現にどのように影響したか」を示すためにこの数理モデルを使用した。

 研究によると、30人程度の小集団では、性感染症の流行が拡大する見込みはなく、大抵の場合、流行期間は短くなるという。

 流行リスクの低さは、初期人類と現生人類の両方で、小集団において一夫多妻制(男性が2人以上のパートナーを持つ)が多くみられる理由の説明となるかもしれない。

■「進化の謎」

 研究チームによると、社会的に強制された一夫一婦制を人間が取っていることは長年にわたり「進化の謎」と考えられていたという。

「多くのより大規模な人間社会が、一夫多妻制から、農耕と大規模な居住集団の出現を発端とする、社会的に強制された一夫一婦制に移行した」と論文は指摘する。

 この謎は、今回の研究で解明されるかもしれない。

 研究論文を執筆したカナダ・ウォータールー大学(University of Waterloo)のクリス・バウフ(Chris Bauch)氏はAFPの取材に、病気のまん延などの要因を内在する、人間を取り巻く自然環境が「社会規範と、特に人間の集団主義的な判断力の発達に強い影響を及ぼす可能性がある」ことが、今回の研究で明らかになったと語った。

「だが、性感染症の問題が解決したとしても、将来的に結婚の形態が姿を消す、一夫多妻制が復活する、などと憶測するのは時期尚早だ」とバウフ氏は付け加えている。

 今回の研究は、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)で発表された。(c)AFP/Mariëtte Le Roux



4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 12:51:22.22 ID:W1Tf0q1G.net

金だ



7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 12:57:34.88 ID:yRgXk85U.net

えーーーええっーー

いまは乱婚社会じゃないの?
知らんかったわ。。





21 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 13:58:19.55 ID:JZgJ1qoY.net

一夫一婦制は別に絶対じゃないだろ、一夫多妻の宗教は多い。
いかにもキリスト白人至上主義の研究。



30 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 14:49:02.86 ID:HOKd22qK.net

平安時代は一人の女性しか愛さないことを「不倫」と呼んだ



31 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 14:49:18.38 ID:6uVg0Onp.net

愛があれば



32 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 14:52:37.03 ID:lRsHaAss.net

矢口真里が一言 →



34 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 14:58:02.89 ID:utBng48w.net

人間と近縁であるボノボは乱婚



35 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 14:59:50.10 ID:HGv+vC8S.net

そこで一夫多妻制アイドルが出てくるのか



37 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 15:14:51.38 ID:c65Q31pn.net

性感染症予防なら別に一夫多妻だろうが一妻多夫制だろうが同じだろ。
問題は不特定多数とするかどうかじゃん。
理屈がおかしい。



44 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 15:33:42.68 ID:koS85I1D.net

これは直観として皆考えていたはずだ



51 :■無くそう、テレビ番組の無用で過剰なウザイ常時表示■@\(^o^)/:2016/04/13(水) 16:01:24.28 ID:Ns31KhAY.net

 
 嫉妬だよ。
 



53 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 16:07:25.68 ID:nP/acBus.net

ちょっと調べて見た

一夫一妻
 ペンギン
 イボイノシシ
 オシドリ

一夫多妻
 像
 馬
 ゴリラ
 ライオン
 アザラシ
 チンパンジー

乱婚
 チンパンジー
 ボノボ
 猫



58 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 16:16:15.61 ID:LBXp1qVm.net

あくまで原因の一つとしての仮説だろう



68 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 17:19:30.19 ID:utBng48w.net

チンギスハンのDNAはアジア中に撒き散らされた



70 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 17:26:20.56 ID:n6b+pQrg.net

一夫多妻の時は強いオスに相手にされない酷いメスはどうするの?



75 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 17:52:18.20 ID:5hnOr7Ht.net

おまえじゃあるまいし



76 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 17:52:20.69 ID:H616QM44.net

インキンタムシが神を創造した



77 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 17:56:27.00 ID:qFvRXmpj.net

違うな
一夫多妻であぶれる奴が続出したから



78 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 17:59:40.39 ID:0hmrvxjG.net

こいつらイスラム教を知らんのか?



89 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 18:53:52.97 ID:SDna968K.net

多夫一妻制というのもあるにはあった
モンゴルとか
兄弟に一人の奥さん



97 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 19:07:32.78 ID:80j1ftcv.net

法律的に婚姻するなら一人で十分だわ



102 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 19:31:50.08 ID:aJUcTClL.net

カップルになると、望まなくても
ヘルペスとか色々共有していかざるをえなくなるよな

それを複数とやると、把握や管理ができなくなって、危険だしね



109 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 19:40:57.05 ID:VyGcJIa2.net

この時代、男の甲斐性なんていらん
女も甲斐性持て

とは言いつつも、男女平等を推し進めまくってる北欧のどこかの国でも、
結局複数の女が上位の男に群がる構図はなくなってないという



110 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 19:41:25.67 ID:2FEhu2un.net

一夫一妻制ってむじゅんだらけ



113 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 19:49:49.39 ID:tIxOH6rY.net

結局、この人一夫多妻制否定論者なだけなんだよね。w
なんだかんだ、都合の良い理屈つけてるだけ。



115 :NHK@\(^o^)/:2016/04/13(水) 19:53:50.10 ID:jcxmuG9k.net

本当の理由は大勢を養う経済力がないからさ



118 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 20:02:54.01 ID:tIxOH6rY.net

妻30人はないよな、そんなに娶れるのはチンギス・ハンぐらいかな。
普通は、どんなに娶っても4,5人じゃないかな。
破産するぞ。



121 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 20:16:32.56 ID:GEGpk9qV.net

不倫は文化



124 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 20:22:20.02 ID:GEGpk9qV.net

社会が不倫に不寛容なのだとワイドショーで言ってた



147 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 21:48:10.37 ID:TYVZC3Ka.net

性感染症は人類固有の問題じゃないだろ

もっと生物一般に適用できないと、説得力ない理論だな



150 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 22:46:12.25 ID:GEGpk9qV.net

レジャーランドでは学業や仕事に集中できないだろう
麻薬依存は本能だから正しいと言っているような物だ
何も優れていない



152 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 22:52:24.40 ID:exV9ykJx.net

一夫多妻なんてのは、実際の所、男に資産や権力がないと成り立たないんだよ

いくら制度があっても、底辺の男が多くの妻持ったところで生活は破綻するわけで
一時的に多くの女持ったところで、長期間には複数の妻を持って維持できるのは冨か権力を持った男に限られる



156 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/13(水) 23:40:24.72 ID:3YCg44u2.net

「一夫多妻よりも僕には君だけだ」って言ってた方が女受けがいいから



162 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 00:25:49.70 ID:rou93V/F.net

ところでこの記事なんの科学的データ出してないよな



165 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 00:47:30.92 ID:+8UocCFi.net

要因としては他にも色々あるだろう
子育て期間が長い種は一夫一婦な種が多い



167 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 01:01:37.08 ID:DRx3kt2q.net

それも愛
これも愛



168 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 01:19:24.84 ID:Ql7FIbJW.net

今、男性の40代女性の20代に梅毒が爆発的に増えてる



169 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 01:45:25.76 ID:MoQ36Jca.net

一夫多妻になると逆に人口が減る



170 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 04:04:28.73 ID:+txAvjKn.net

乱婚や一夫多妻だと、理性が働かなければ、近親婚になる確率が増えるんじゃないか?
結果遺伝病で、一気にコミュニティーが衰退することがある。

これを避けるために、一夫一婦制にシフトしたのじゃないか?

つまり、人類を危機に陥れる細菌を想定しなくても、一夫一婦制に向かうことはありうる。



171 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/04/14(木) 06:17:10.43 ID:hKAwEf07.net

動物は理性など無いが特に増えてるわけじゃない
また例え動物であろうが哺乳類など高等動物などは近親は避ける傾向がある
よって、その話はあたらない
そもそもその無理矢理な話が通るなら全ての生物が一夫一婦制にならねばならない
一夫一婦制は進化論的には本来良くないものだよ、相手に問題があった場合、
自分の遺伝子が最悪残らない、あるいは残っても欠陥遺伝子つきの子孫になるのだからね。
だから鳥類などは一見、一夫一婦制をとっているようにみえても、実際は人で言う
浮気行為を頻繁にしてるわけ




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1460518693/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 人間の一夫一婦制、理由は「真実の愛」でなく細菌

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »