カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > リスを●すプレーリードッグは繁栄、米研究 競合相手を●した個体は、子の生存率が高まる


リスを●すプレーリードッグは繁栄、米研究 競合相手を●した個体は、子の生存率が高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2016/03/28(月) 07:36:12.90 ID:CAP_USER.net

リスを殺すプレーリードッグは繁栄、米研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032500108/


 米国西部のやせた土地でジリス(地上で生活するリス)が殺された。犯人は、あどけない顔をしたプレーリードッグだった。(参考記事:「都会のプレーリードッグ」)

 オジロプレーリードッグ(Cynomys leucurus)は、米国コロラド州、ワイオミング州、ユタ州、モンタナ州に生息する社会性のげっ歯類だ。このプレーリードッグがワイオミングジリス(Urocitellus elegans)をかみ殺し、血まみれの死体を放置することが、新たな研究によって明らかになった。

 ジリスを殺したことのあるプレーリードッグの子は、殺したことのない個体の子よりも健康で長生きした。おそらく、餌をめぐって競争関係にあるジリスを両親が排除したからだと考えられる。

 草食性のほ乳類が競争相手を殺す場合があることは以前から知られていたが、その死体を食べずに放置することが確認されたのは今回が初めてだ。

 この論文の執筆者の1人である米メリーランド大学環境科学センターのジョン・フーグランド氏は、「43年におよぶ私の研究生活において、最も刺激的で、不可思議で、今後に大きな影響を与える発見かもしれません」と言う。「この結果にあぜんとしています」


事件発生

 殺人事件と同じく、今回の発見のきっかけとなったのは、静かな土地に放置された死体だった。現場は、コロラド州西部のアラパホ国立野生生物保護区内の低木で覆われた一帯だ。フーグランド氏と学生たちは、2003~2012年に、この場所でプレーリードッグの観察に打ち込んでいた。

「毎年4カ月間、私たちはプレーリードッグ漬けの日々を送ります」と、ナショナル ジオグラフィック協会から支援を受けているフーグラント氏は言う。「毎朝早く、プレーリードッグが目を覚ます前にコロニーの近くの観察台に入り、夕方に最後のプレーリードッグが巣穴に入るまで、一日中彼らの行動を観察するのです」

 2007年の調査シーズンに、フーグランド氏はオジロプレーリードッグが若いげっ歯類を攻撃しているのを見つけた。最初は、別のプレーリードッグの子を殺しているのだろうと思った。これはさして意外な行動ではなかった。オジロプレーリードッグでは子殺しはまだ1度も目撃されていないが、他の種類のプレーリードッグではよく見られるからだ。(参考記事:「【動画】衝撃、子グマを食べるホッキョクグマ」)

 けれども死体をよく見てみると、オジロプレーリードッグではなくワイオミングジリスだった。ジリスは、プレーリードッグと同じ種類の草やウチワサボテンを食べる。

「私はすぐに無線機を取り出して、学生たちに伝えました。『他にも殺していないか、見張るんだ!』」


ジリス殺しと子孫の繁栄

 それから5年間、フーグランド氏と学生たちは101件のジリス殺しと62件の疑い例を記録した。ほとんどの殺しは、若いジリスが巣穴から出てきて餌探しを始める5月に発生していた。

 ジリスを殺したプレーリードッグは47匹だった。オスもメスもいたが、すべて成体だった。なかでも「最高の殺し屋」とあだ名をつけられたプレーリードッグは4年間の観察期間に9匹のジリスを殺していた。1日に7匹の若いジリスを殺した個体もいた。

 そこで、ジリスを殺したプレーリードッグと殺さなかったプレーリードッグの子の生存率を調べると、不可解な殺りくには理由があるらしいことが明らかになった。ジリスを殺したプレーリードッグの子は、殺さなかった個体の子よりも生存率が高かったのだ。おそらく餌がより多かったためだと考えられる。

 衝撃的だったのは、この殺し行動が、唯一、プレーリードッグの子の生存率向上に貢献しているらしいことだった。「普通はメスの健康状態や寿命といった要因が子の生存率につながるのですが、プレーリードッグにはそれが当てはまらないのです」と、論文の共同執筆者である米タルサ大学のチャールズ・ブラウン氏は語る。「ジリスを殺すことには、非常に大きな利益があるようです」



8 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 09:52:59.95 ID:YaNBSC8x.net

えっちな話かと思って興奮した



9 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 10:07:14.04 ID:6CZvCUYQ.net

これが戦争や紛争の本当の姿

宗教も思想も関係ない

単純な縄張りと資源の問題

だから時にはやらざるを得ない





12 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 10:35:06.22 ID:rlDPlBSN.net

いぢめる?



15 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 11:06:09.28 ID:pSijjle4.net

○○



20 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 12:51:05.89 ID:yf+d0Ji5.net

薄っぺらな建前、理想論で制御できなくなってきたし人間もそろそろ
でかい戦争おっぱじめるか?



21 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 13:05:05.00 ID:yP02Bylv.net

「日本●ね」の人も、「日本●ね」の隣国も、
無意識のうちにプレーリードッグと同じ行動をとってるんだろな。



22 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/28(月) 13:08:21.00 ID:swoZrVFW.net

酷い言論統制だな。動物同士だとか~と供述したとか
いろんな使われ方があるのになんで言葉そのものを
使えなくするわけ?



35 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/29(火) 00:11:53.25 ID:FoRdf/kI.net

プレーリードッグはサイコパス



36 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/29(火) 00:28:20.42 ID:Go+qP1sy.net

犬かと思ってたw
同種に近いなら食わない方が普通じゃん



38 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/03/29(火) 03:58:48.74 ID:L2IH7nGB.net

ぼのぼの




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1459118172/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - リスを●すプレーリードッグは繁栄、米研究 競合相手を●した個体は、子の生存率が高まる

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »