カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 【動物】雄の宿命:死ぬまで交尾し続ける有袋類アンテキヌス


【動物】雄の宿命:死ぬまで交尾し続ける有袋類アンテキヌス

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :とらねこ◆EDwr815iMY:2015/06/28(日)22:23:44 ID:xXf(主)

雄の宿命:死ぬまで交尾し続ける有袋類アンテキヌス
2015/6/28 19:24 - マイナビスチューデント

アンテキヌスは、オーストラリア特有の有袋類です。クイーンズランド工科大学の研究者は、特定の2種のアンテキヌスの雄が、繁殖期になると死ぬまで交尾を続けることを発見しました。

毎年、全ての雄が繁殖と、雌を取り合い暴れまわることに没頭します。それは、彼らが死ぬまで続きます。

主任研究員のアンドリュー・ベイカー博士によれば、2~3週間の繁殖期の間に、この怒り狂った交尾が最高14時間継続するといいます。そして雄たちは、交尾による疲労から命を落とすのです。
「2~3週間といった短い繁殖期の間に、雄はテストステロンに活気づけられ、できるだけ多くの雌と交尾をします。それは時に14時間も続きます。そして最後には、テストステロンによって、ストレスホルモンを止める機能が働かなくなってしまいます。

すると、雄の免疫システムが崩壊し、雌が赤ちゃんを産む前に、全ての雄が急死してしまうのです。」とベイカー博士は説明します。
(以下略)

詳細のソース
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150628-03009806-mynavis
1

2 :名無しさん@おーぷん :2015/06/28(日)22:39:27 ID:epe

おまえらが心配する必要なし


3 :名無しさん@おーぷん :2015/06/28(日)22:48:13 ID:eH4

陰陽学の流れにある思想の中には男を陽とし女を陰と固定する考えが見られるが、
男女の間に子ができると母子が陽となり父は陰となる。
そういう陰陽観でなければ家庭は上手くいかず国も健康的に発展しない。
儒学は易の思想にもとづき陰陽を時空間に絡め柔軟な変化を説く深層があった。
だが、封建社会の短絡な男尊女卑に歪み男が陽とし女が陰と定まり女子の三従のような
誤った道徳が貴ばれるような退化も見られた。
朝鮮・韓国のような儒教国は陰陽太極の旗にも見られるように
儒教による陰陽学を重んじたように思われがちだが
男陽女陰の因循がむしばみ柔軟な改革が難しい国民性が顕著な国になってしまっている。




4 :名無しさん@おーぷん :2015/06/28(日)22:52:28 ID:MPt

おまえらは一生に一度で上出来


6 :名無しさん@おーぷん :2015/06/28(日)23:16:39 ID:Bhe

怒り狂った交尾w


8 :名無しさん@おーぷん :2015/06/29(月)00:03:54 ID:7az

どんなカンガルーだよと思ったらどうみても

 C・プ
\( )
  ``


9 :名無しさん@おーぷん :2015/06/29(月)02:32:56 ID:7PN

ネズミやんか


11 :名無しさん@おーぷん :2015/06/29(月)05:16:09 ID:TjZ

    / ̄ ̄ヽ、
   /  ●/  ̄ ̄~ヽ
  /     ト、.,..    \   
 =彳      \\    ヽ
,          \\   |  
         /⌒ヽ ヽ  |  
        /   | |  /
      /     \|/
      l


12 :名無しさん@おーぷん :2015/06/29(月)07:55:04 ID:wy6





14 :名無しさん@おーぷん :2015/06/29(月)10:07:29 ID:S8Z

チョウチンアンコウとどっちがマシだろうか・・・



Source : http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435497824/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 【動物】雄の宿命:死ぬまで交尾し続ける有袋類アンテキヌス

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »