カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 【朝日デジタル】邪馬台国論争に新材料 卑弥呼の鏡?「中国で発見」いちまいみつかる


【朝日デジタル】邪馬台国論争に新材料 卑弥呼の鏡?「中国で発見」いちまいみつかる

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :6564億円◆o8vqQW81IE:2015/03/03(火)01:39:55 ID:5W8(主)


 邪馬台国の女王・卑弥呼がもらったとも言われ、製作地を巡り論争が続く謎の鏡・
三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)。これと同じ型式の鏡が中国河南省
の洛陽市で見つかったとする論文が、地元の研究誌に掲載された。

 論文を書いたのは河南省在住のコレクターで研究者でもある王趁意さん。王さんは
鏡について「2009年ごろ、当時、洛陽最大の骨董(こっとう)市で、市郊外の白馬
寺付近の農民から譲り受けた」と説明する。正確な出土地点はわからないという。

 鏡は直径18・3センチ。厚さ0・5センチ。三角縁神獣鏡としてはやや小ぶりで、
内側に西王母(せいおうぼ)と東王父(とうおうふ)という神仙や霊獣、外側にノコギリ
の刃のような鋸歯文(きょしもん)と二重の波状の模様を巡らせる。

 鏡が見つかった洛陽市は中国の三国時代に魏の都があった場所。歴史書「魏志倭人伝」
は、239年に魏の皇帝が倭(日本)を治める邪馬台国の女王・卑弥呼に「銅鏡百枚」
を与えたと記している。日本では、100枚の鏡は三角縁神獣鏡とみる意見が多かったが、
肝心の中国から1枚も出土していないため、疑問が呈されてきた。今回の発見はこの論争だ
けでなく、邪馬台国の所在地論争にも影響を与える可能性が大きい。

 明治大の大塚初重名誉教授は「写真を見ただけだが、三角縁神獣鏡に間違いない。
まだ1面だけなので、同種の鏡がさらに見つかるかどうか注意深く見守っていく必要があ
る」と話している。(塚本和人)

■製作地巡り2説が対立

 今回発見された「三角縁神獣鏡」の最大の特徴は、今まで中国の鏡では確認されていなか
った、松の枝を重ねたような「笠松文様」がある点だ。三角縁神獣鏡独特のもので、王さん
は「外側の鋸歯文も日本の三角縁神獣鏡の典型的な特徴の一つで、中国の鏡にはほとんど見
られない文様」と主張する。実物を見た河南省博物院の張●(●は金へんに皆)生さんも「複
数の研究者が実物を見たが、贋作(がんさく)などではない」と話す。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
(全文閲覧するには、ログインが必要です。)
朝日デジタル 3月2日付け
http://www.asahi.com/articles/ASH313DF4H31UCLV002.html
1

2 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)01:41:54 ID:o8q

現時点では贋物の可能性が高いね
日本の学者を騙そうとしてる


6 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)02:48:24 ID:rb0

胡散臭い




9 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)03:43:10 ID:KIf

テスト


10 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)04:25:58 ID:49d

鏡に年号あるのかな
金属成分の分析はこれからかな


13 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)14:40:01 ID:LTD

共産党幹部の家の蔵から使用人がくすねて来たものとかじゃね?
つか、中国の遺物はそんなんばっかで考古学的な史料価値は殆ど消えてそう。


14 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)15:14:10 ID:Lpn

朝日だしどうせ捏造


15 :名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)17:12:41 ID:sv3

都合が悪いと破壊・焚書・改変なんでも有りの特亜だからなぁ



Source : http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425314395/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 【朝日デジタル】邪馬台国論争に新材料 卑弥呼の鏡?「中国で発見」いちまいみつかる

COMMENT

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »