カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 未分類 > 【科学】イースター島の先住民を滅ぼしたのは、人ではなかった…遺跡調査から判明


【科学】イースター島の先住民を滅ぼしたのは、人ではなかった…遺跡調査から判明

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :◆sRJYpneS5Y :2015/01/31(土)19:48:07 ID:???

 イースター島から住民が消えた学説のひとつが、新たな発見によって裏づけられた。
ラパ・ヌイ(イースター島の現地語名)のポリネシア系住民は、環境条件による危機に
直面していた。ヨーロッパ人の病気がやって来たのは、その後のことだった。

雑誌『PNAS』(Proceedings of the National Academy of Sciences)で発表された
ばかりのある研究が、イースター島として知られている島、ラパ・ヌイの先住民の
消滅をもたらした要因についての学説を提示している。

ニュージーランドのオークランド大学の人類学教授、セイン・ラディフォギッド率いる
研究チームによると、わずか63平方キロメートルの大きさの島から住民が消えたのを
決定づけたのは、過酷な環境条件だった。南太平洋のこの島に住んでいたポリネシア系先住民は、
新しく収集された情報によると、ヨーロッパ人の到来より前にすでに消滅への道をたどっていたようだ。(略)

1722年まで、ヨーロッパ人がイースター島にたどり着いていなかったことはよく知られている。
上記の考古学遺跡によって研究者たちが確認したのは、ラパ・ヌイ住民が島の自然と戦っていたこと、
そして、人口減少は降水量の変化や表土の質の劣化のような原因に帰結させられるということだ。
ラパ・ヌイの環境が人口を支えられなくなり、そのため人々はゆっくりと死に向かっていったのだ。

それに次いでこの島を襲った、梅毒やインフルエンザなどの伝染病とヨーロッパ系住民の進出が
人口減少に決定的な影響を与えたのも事実だろう。しかし、ポリネシア系先住民は植民地建設者
たちが到来するより前に、複雑な環境条件に困難を抱えていた。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/wired/news/150131/wir1501310001-n1.html
http://www.sankei.com/wired/news/150131/wir1501310001-n2.html


4 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:01:32 ID:0oO

モアイの運搬か作成かで木を切りすぎて
雨が土壌を流してしまうようになったと聞いたな


5 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:09:03 ID:qrK







7 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:11:34 ID:d8u

俺かい


11 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:22:09 ID:djR

李ドブエ


12 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:33:15 ID:qrK





13 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:34:20 ID:cRg

この言い訳は厳しいな


16 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:53:24 ID:E7R

その表土の劣化が人為的なものじゃなかったのかい?

というかなんだこの流れはw


17 :名無しさん@おーぷん :2015/01/31(土)20:54:43 ID:gm7

モアイの作りすぎで木を切りすぎて環境悪化って昔から言われてたと思ったが?



Source : http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422701284/
関連記事




あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 【科学】イースター島の先住民を滅ぼしたのは、人ではなかった…遺跡調査から判明

COMMENT

No.732

 
つまり、ヨーロッパ人がトドメを刺したんだな。

2015.02.01 | URL |   #- [ 編集 ]

:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :
«  | HOME |  »