カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 原油流出


原油流出でメキシコ湾のクジラが絶滅?

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :あんたレスφ ★:2010/05/25(火) 00:08:03 ID:???
 メキシコ湾に生息するマッコウクジラの個体群は、今回の原油流出事故で
わずか3頭が死ぬだけで、長期的に深刻な危機に陥る可能性があるという。

現在メキシコ湾には年間を通じて1400~1660頭のマッコウクジラが生息し、
毎年オスが回遊する大西洋のほかの群れとは異なる独自のグループを形
成している。
アメリカの絶滅危惧種法(ESA)ではすべてのマッコウクジラが絶滅危惧種に
指定されているが、中でもメキシコ湾のマッコウクジラの個体群は生息数が比
較的少ないため、特に危機に瀕していると考えられている。

そのメキシコ湾のマッコウクジラたちが今、石油掘削基地ディープウォーター・
ホライズンの事故による原油流出で危険に晒されている。有害な原油や、石油が
気化したガスをクジラが体内に摂取したり吸入したりする恐れがあるためだ。

「一方で原油による汚染が起こりつつあり、もう一方に絶滅危惧種がいる。この2つ
が合わされば立派な懸念材料だ」とテキサス工科大学の環境毒性学者セリーヌ・
ゴダール・コディング氏は警戒する。

米国海洋大気庁(NOAA)が発表した2009年度の資源評価報告書では、メキシコ
湾のマッコウクジラ個体群のPBR(生物学的間引き可能量)は3と推定されている。
PBRとは人為的に除去しても個体群に影響が及ばない個体数を示す指標で、この
報告書の通りなら、自然死以外の人為的原因によって年間3頭のマッコウクジラが
死亡あるいは除去されると、そのマッコウクジラ個体群の長期的な生存が危ぶまれ
ることになる。

マッコウクジラは性的に成熟するまでに非常に長い期間を要し、特にメスは時間が
かかるため、毎年3頭という一握りのクジラが減るだけでも何百頭という個体数の減少
につながりうる。しかも、一生の間にメスが出産する子どもの数はわずか3~4頭だ。

ゴダール・コディング氏は次のように説明する。「マッコウクジラはヒトに似ている。ヒト
の大半は1度に6人の子どもを生むことはないし、毎年出産することもない。原油流出
を含むヒトとの接触によって年間3頭のクジラが死ねば、そのマッコウクジラの個体群
全体がたちまち脅かされることになる」。


▽ ソース ナショナルジオグラフィック ニュース

▽ 画像

«  | HOME |  »