カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 調査


原爆を目撃すると健康被害はなくても半世紀後も精神疾患の危険性が高い「怒りっぽい」など/国立精神・神経医療研究センター

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ベガスρ ★:2012/08/08(水) 15:53:50.67 ID:???
”原爆目撃で心理的被ばく 長崎、半世紀後でも精神疾患の危険性”

1945年8月9日の長崎原爆で、健康被害が出るほどの放射線被ばくはないと国がしている地域で
原爆を目撃した人の多くは、半世紀を経ても精神疾患の危険性が高いとの調査結果を、
国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)のチームが8日までにまとめた。

チームは、うつ病など心に問題を抱える傾向があるかどうかを調べる目的で2001年に
長崎県で実施した調査をあらためて検証した。調査対象は長崎市内の爆心地から半径12キロ圏内に住み、
爆音や光を経験したものの、放射線による身体への健康被害はなかったとされる地域の約350人。

「いらいらして怒りっぽいか」「自分は役に立たないと考えたことはないか」といった質問への回答から、
精神疾患の危険性が高い人は約75%に上ると判明した。原爆投下の5~15年後に同じ地域に
移住してきた約280人では約40%だった。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120808/scn12080813080003-n1.htm

6 :名無しのひみつ:2012/08/08(水) 16:02:27.53 ID:Rx0jUWLP
国立精神・神経医療研究センターって
こんなショウもない研究税金でやってンの?


11 :名無しのひみつ:2012/08/08(水) 16:07:37.91 ID:CcME2pZ6
原爆限定じゃ無く「戦争行為そのもの」なんじゃねえのか?
原爆だろうが焼夷弾だろうが、目の前で炸裂されたら同じだと思うが。


東日本大震災を機に科学者・技術者への信頼低下-文科省2012年版科学技術白書

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :pureφ ★:2012/06/23(土) 11:24:11.66 ID:???
【 2012年6月20日 科学者・技術者への信頼低下 科学技術白書が指摘 】

「2012年版科学技術白書」が19日、閣議決定された。東日本大震災を機に、科学者、技術者に対する
日本国民の信頼感が急激に低下したことがあらためて指摘されている。

白書が引用している文部科学省科学技術政策研究所の「月次意識調査」によると、「科学者の話は信頼
できると思うか」との問いに対する答えは、震災4-5カ月前の2010年10-11月時点で、「信頼できる」が15.9%、
「どちらかというと信頼できる」が68.6%と合わせて84.5%に達していた。

ところが震災2-3カ月後の昨年5-6月になると、「信頼できる」が5.8%、「どちらかというと信頼できる」が60.5%を
合わせて66.3%と、約18ポイントも低下している。

同様の変化が「科学技術の研究開発の方向性は、内容をよく知っている専門家が決めるのがよい」という
考え方に対する回答にも現れていた。震災前の2009年11月に電力中央研究所が調査した結果では、「そう
思う」59.1%、「どちらかというとそう思う」19.7%と合わせて78.8%に達していたのが、昨年12月の科学技術政策
研究所の調査では「そう思う」19.5%、「どちらかというとそう思う」25.5%を合わせて45.0%に激減している。

こうした結果について白書は「国民の科学者・技術者に対する信頼感が低下し、研究開発の方向性の
決定を専門家のみに任せておけないと考えている国民が激増しているのに比して、専門家一般はそこまで
深刻に捉えていないように見える」と指摘している。

サイエンスポータル 2012年6月20日
http://scienceportal.jp/news/daily/1206/1206201.html

文部科学省「2012年版科学技術白書」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa201201/detail/1322246.htm
【科学全般】若手人材を取り巻く厳しい現状に警鐘 科学技術白書
【研究】科学技術白書:外国との交流低調 「内向き志向」に危機感

2 :名無しのひみつ:2012/06/23(土) 11:27:08.78 ID:qHH4zW8z
それより文科省がいらない子である事実はどうしたの?


5 :名無しのひみつ:2012/06/23(土) 11:29:10.29 ID:FbPftdo0
科学者って言うより原発事故起こしたのは耐震基準を震度5にほっておいた
役人だろ


CTスキャンを多数回にわたって受けた子ども 発がんリスク上昇 英国で18万人を追跡調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2012/06/11(月) 00:57:16.52 ID:???
幼少時のCTスキャンで発がんリスク上昇、英国で18万人を追跡調査
2012年06月07日 15:31 発信地:パリ/フランス

【6月7日 AFP】CTスキャンを多数回にわたって受けた子どもは、後に血液がん、脳腫瘍、骨髄がんを発症するリスクが
最大3倍になる可能性があるとする調査論文が、7日の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に掲載された。

調査を行ったカナダ、英国、米国の合同チームは、絶対的な発がんリスクは小さいとしつつ、CTスキャンによる
放射線の照射量を最小限に留め、可能であれば代替の検査方法を用いる必要があるとしている。

研究チームは、幼少時に受けたCTスキャンの放射線量が成長後の発がんリスク増加につながるという
直接的な証拠を、この調査で初めて示すことができたと述べている。

論文の主執筆者、英ニューカッスル大学(Newcastle University)健康・社会研究所(Institute of Health and Society)の
マーク・ピアース(Mark Pearce)氏は、「最も重要なのは、臨床的見地から完全に正当化されうる場合にのみCTを使うことだ」
と述べている。

研究チームによれば、CTスキャンはここ10年、特に米国での利用が急増している。だがCTスキャンの電離放射線が
引き起こす潜在的な発がんリスクは、特に放射線の影響を受けやすい子どもに多くみられるという。

研究チームは、英国の1985年から2002年までの診療記録から、
幼少期から青年期(22歳未満)までの間にCTスキャンを受けた経験がある人を選び出し調査を行った。

対象者18万人弱のうち、1985年から2008年の間に白血病(血液や骨髄のがん)を発症した人数は74人、
脳腫瘍は135人だった。

研究チームの計算によると、累計30ミリグレイ(mGy)の放射線を照射された人は、5ミリグレイ未満の人と比べて
後に白血病を発症するリスクが3倍高かった。脳腫瘍のリスクは、累計50~74ミリグレイの放射線を浴びた人で
3倍になった。

調査では、CTスキャンを受けたことがない子どもたちが持つ発がんリスクとの比較は行っていない。

ピアース氏は「機器を改善して、CTの放射線量を減らすことが最優先の課題。放射線学会だけではなく、機器の
製造メーカーも共に取り組むべきだ」と述べている。「電離放射線を使用しない超音波やMRI(磁気共鳴映像法)
などの代替診断法を採用することも、状況によっては適切な場合がある」 (c)AFP
_____________

▽記事引用元 AFPBBNews
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2882432/9069794

▽関連リンク
THE LANCET
Radiation exposure from CT scans in childhood and subsequent risk of leukaemia and brain tumours: a retrospective cohort study
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(12)60815-0/abstract
【医療】CTスキャンの被爆量、想定より多かった 数十年後にがん発症リスク

3 :名無しのひみつ:2012/06/11(月) 01:03:05.81 ID:/AN5SR+e
一方、日本は極悪東電と亡国自民党のせいで発がんリスクが上昇


7 :名無しのひみつ:2012/06/11(月) 01:10:36.35 ID:lq9tidXG
原発事故の際、大手メディアが言ってた「レントゲン○○回分」云々と
いうのが実は安心でも何でも無かったことが証明されたわけだ。


55 :名無しのひみつ:2012/06/11(月) 04:15:27.31 ID:IWypqRwn
>>7

いや、お前がバカだということが証明されたw


重症の多汗症、80万人 有病率、米国の2倍  厚労省研究班が初調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2010/05/19(水) 00:03:19 ID:???
◇重症の多汗症、80万人 有病率、米国の2倍  厚労省研究班が初調査

原因となる病気がないのに手のひらや足の裏、脇の下などに多量の汗をかき、生活や仕事に
支障をきたす「原発性(特発性)局所多汗症」に関する初の疫学調査結果を、厚生労働省研究班
(代表、横関博雄・東京医科歯科大 皮膚科教授)がまとめた。日本人の有病率は米国人の約2倍、
重症者は約80万人と推定される。研究班はこれまで国内にはなかった診断や治療の指針を策定。
医療の向上につなげたいとしている。

▽難治性4万5千人
原発性局所多汗症は、薬の影響や甲状腺の病気、感染症などの合併症として起きる二次性の
多汗症とは区別される。米国人の有病率は大規模な調査で2・8%との結果が出ているが
日本人のデータはなく、研究班は今回、全国の約5800人を対象に初めて行ったアンケートから推定した。
 
二次性と考えられるケースを含め、多汗を自覚しているのは7人に1人。原発性だけで見ると、
有病率は手の多汗症で5・3%、足で2・7%、脇の下で5・7%。発症年齢の平均は13~19歳だった。
 
生活上の苦痛が最も多いという手足の多汗症の人のうち「常に耐え難い苦痛を感じる」という
重症者は0・64%で約80万人。手術以外の治療法では効果がない難治性の人も、
約4万5千人いるとの結果が出た。
 
▽認知度低い
「重症者は思った以上に多い。握手ができない、パソコンなどの電気機器が故障したり、
紙の文書が破れたりするといった経験がある人もおり、仕事や勉強、対人関係に悪影響が
出やすい」と横関教授。
 
この病気は単なる汗かきと扱われがちで認知度が非常に低いが、患者の労働生産性は
アトピー性皮膚炎や、じんましんの患者以上に低下しているとの解析結果も示された。

研究班は欧米のものを参考に原発性局所多汗症の診断基準をつくった。
明らかな原因がないまま局所的に過剰な発汗が6カ月以上認められ、
さらに(1)最初の症状は25歳以下(2)汗は身体の左右対称に見られる(3)睡眠中は止まる
(4)週に1度以上の症状(エピソード)がある(5)家族歴が見られる(6)日常生活に支障をきたす
―のうち二つ以上に当てはまる場合をこの病気とした。
 
重症度は自覚症状により4段階に分類。「ほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある」
「我慢ができず常に支障がある」の二つを重症とした。
 
▽治療体系化へ
横関教授によると、多汗症の治療には制汗作用のある塩化アルミニウムの水溶液を塗ったり、
これを手袋に染み込ませて密封、効果を高めたりする外用療法のほか、患部を水につけて
弱い電流を流す「イオントフォレーシス」という手法もある。塩化アルミニウムの治療法に
保険は使えないが、薬の価格は比較的安い。
 
海外では、神経から汗腺への伝達物質を遮断する効果があるとされるA型ボツリヌス毒素を
患部に注射する治療も、脇の下の汗の場合を中心に普及しているが、国内では多汗症には
未承認で、保険も使えない。
 
重症者に対しては、発汗に関係する交感神経を胸部で切断する手術がある。
根治性がある半面、別の部位が多汗になる「代償性発汗」が最近、問題視されており、
手術をめぐりトラブルも起きている。「患者の重症度や合併症の問題を考慮せずに、
多汗症だからといって、いきなり実施するようなことがあってはならない」と、横関教授。

研究班はこうした治療の体系化や有効性、安全性の検証に取り組む一方、
脳の働きや遺伝子との関係を調べ、新たな治療法の開発を目指したいとしている。
(共同通信 江頭建彦)(2010/05/11)

▽記事引用元

«  | HOME |  »