カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 電磁波


バチカン放送局の電波塔、電磁波で近隣住民に重大な発がんリスクとの調査結果

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/07/17(土) 04:04:44 ID:???
ローマ法王庁(バチカン)のラジオ放送、バチカン放送局(Vatican Radio)の
電波塔が出す電磁波の影響で近隣住民の発がんリスクが高まっていることが、
裁判所の命じた調査により明らかになった。イタリアのメディアが14日、伝えた。

この巨大電波塔はローマ(Rome)の約20キロ北、Cesano付近にある。

イタリア日刊紙スタンパ(La Stampa)によると、報告書は「バチカン放送局の建造物と、
子どもの白血病とリンパ腫の発症リスクの間には、重要で明確な関連性がある」と結論づけた。
さらに報告書は、電波塔から9キロメートルの圏内に10年以上暮らした住民は、
がんで死亡する「重大なリスク」があるとした。

2001年にイタリア環境省が実施した調査でも、同地域の磁場の強さが許容値の6倍以上との
結果が出ている。また、ラツィオ(Lazio)州当局も、Cesanoの子どもの白血病による死者数が
、隣接する地域より3倍高いとの推計を発表している。

ローマ法王庁報道官はこの問題について、法王庁の独自の専門家による結論が間もなく公表されると述べた。

  イタリア・ローマ(Rome)北部Santa Maria di Galeriaにあるバチカン放送局(Vatican Radio)の電波塔

  ▽記事引用元 : AFPBB News 2010年07月16日 20:31 発信地:バチカン市国

バチカン放送局の電波塔、電磁波で近隣住民に重大な発がんリスクとの調査結果

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/07/17(土) 04:04:44 ID:???
ローマ法王庁(バチカン)のラジオ放送、バチカン放送局(Vatican Radio)の
電波塔が出す電磁波の影響で近隣住民の発がんリスクが高まっていることが、
裁判所の命じた調査により明らかになった。イタリアのメディアが14日、伝えた。

この巨大電波塔はローマ(Rome)の約20キロ北、Cesano付近にある。

イタリア日刊紙スタンパ(La Stampa)によると、報告書は「バチカン放送局の建造物と、
子どもの白血病とリンパ腫の発症リスクの間には、重要で明確な関連性がある」と結論づけた。
さらに報告書は、電波塔から9キロメートルの圏内に10年以上暮らした住民は、
がんで死亡する「重大なリスク」があるとした。

2001年にイタリア環境省が実施した調査でも、同地域の磁場の強さが許容値の6倍以上との
結果が出ている。また、ラツィオ(Lazio)州当局も、Cesanoの子どもの白血病による死者数が
、隣接する地域より3倍高いとの推計を発表している。

ローマ法王庁報道官はこの問題について、法王庁の独自の専門家による結論が間もなく公表されると述べた。

  イタリア・ローマ(Rome)北部Santa Maria di Galeriaにあるバチカン放送局(Vatican Radio)の電波塔

  ▽記事引用元 : AFPBB News 2010年07月16日 20:31 発信地:バチカン市国

携帯電話の使用が脳腫瘍やがんを引き起こす可能性、確認できず WHOが発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2010/05/17(月) 19:34:37 ID:???
世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は16日、
携帯電話の使用が脳腫瘍(しゅよう)やがんを引き起こす可能性は確認できないとの
研究結果を発表した。

今回のIARCによる研究は、携帯電話が発する電磁波による発がん性については
過去最大規模。2000年から約10年間にわたり、約1万3000人を対象に研究を
行っていた。

IARCのクリストファー・ワイルド氏は、ロイターの取材に「(今回の研究の)結果は、
携帯電話の使用に関連したリスクがあると結論づけることはできないと認められるものだ。
しかし、リスクがゼロだとするのは時期尚早でもある」と述べた。
同研究が、現在と比べて携帯電話の利用頻度が低かった2000年に
開始されていることも留意しておくべき点として挙げている。

また、別の研究者からは、携帯電話使用者のがんリスクが上昇していることを示す
事例もあるとし、携帯電話の使用率が大幅に上昇していることから、さらなる研究が
必要だとの指摘も出ている。


ソース:ロイター

«  | HOME |  »