カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 火山


新燃岳、「あと2か月ほどで爆発的噴火の可能性」…鹿児島大准教授

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2011/10/07(金) 22:41:19.96 ID:???
 新燃岳の噴火活動について、鹿児島大の井村隆介准教授(火山地質学)は6日、宮崎県都城市の都城西高で
講演し、地下のマグマだまりへのマグマの供給が続き、あと2か月ほどで今年1月26、27日と同規模の
噴火が起きた状態になる可能性があると指摘した。


 井村准教授によると、全地球測位システム(GPS)による観測で、新燃岳を挟んで設置された鹿児島県
霧島市と宮崎県えびの市の観測点の距離が、1月の噴火後から9月末までに約2・5センチ膨張したという。
2009年12月から今年1月26日の噴火までに約4センチ膨張したが、噴火後に約3センチ収縮していた。

 井村准教授は「マグマの供給は09年12月から衰えず、あと2か月で1月の噴火レベル近くに戻ると、
当時のような爆発的噴火が想定される。噴火が終息しているとは思わず、油断しないで」と話した。

 また、1月26、27日の噴火による火山灰などの噴出量が、桜島の昨年1年間の爆発的噴火
(計896回)の10倍だったことも紹介し、警戒を促した。

▽記事引用元 読売新聞(2011年10月7日09時50分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111007-OYT1T00213.htm

2 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/10/07(金) 22:44:06.20 ID:fNxthauc
eeeeeee


3 :名無しのひみつ:2011/10/07(金) 22:45:09.64 ID:EZBWJET3
地震
津波
噴火
台風

今年は当たり年やね



5 :名無しのひみつ:2011/10/07(金) 22:47:58.33 ID:Bh/4PZHY
>>7
の股間の新燃茸も爆発寸前です><


7 :名無しのひみつ:2011/10/07(金) 22:51:31.86 ID:/3m1Xyu2
>>3

民主党のせいなんだけどね。


17 :名無しのひみつ:2011/10/07(金) 23:06:07.88 ID:M+Y4esak
>>7

菅直人も「昔なら年号と変える所だが、今必要なのは政権交代ではないか」といってたのにな。


チリ南部の火山が半世紀ぶりに噴火、3500人避難

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2011/06/05(日) 16:54:10.11 ID:???
【6月5日 AFP】チリ南部のプジェウエ(Puyehue)火山が4日、半世紀ぶりに噴火した。火山灰は隣国アルゼンチン
にも降りかかり、周辺の住民約3500人が避難を余儀なくされている。

 チリ当局によると、この噴火で火口から高さ10キロのガスが噴出。ロスリオス(Los Rios)州の
フアン・アンドレス・バラス(Juan Andres Varas)知事は、「(火口の)火と煙が見えるし、硫黄の強烈な
においがする」と語っている。

 政府は、避難命令の対象を当初の600人から3500人に拡大し、火山周辺の警戒レベルを最高の「赤」とし、
アルゼンチンとの国境を閉ざした。(c)AFP/Roser Toll

▽画像 噴火するチリ南部のプジェウエ(Puyehue)火山(2011年6月4日撮影)。
(c)AFP/AGENCIA UNO/FRANCISCO NEGRONI


▽記事引用元 AFP(2011年06月05日 13:19)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2804005/7301480

2 :名無しのひみつ:2011/06/05(日) 16:55:51.10 ID:cBGeqKI6
チリチリと燃えてるのね


3 :名無しのひみつ:2011/06/05(日) 16:56:14.33 ID:HwBB/nbQ


  _ノ乙(、ン、)_チリ地震フラグじゃないよね…


アイスランドの火山噴火 昨夏から前兆地殻変動 地球観測衛星「だいち」の地表画像を解析/東京大学地震研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : 白夜φ ★
◇アイスランド:火山噴火 昨夏から前兆地殻変動--東大地震研解析
 
欧州で大規模な空港閉鎖を招いたアイスランドの火山噴火で、前兆となる地殻変動は
昨年夏から始まっていたことが23日、東京大地震研究所の青木陽介助教(火山物理学)
らの分析で分かった。衛星画像を使いマグマが蓄積し始めた時期をとらえた。
研究チームは今後地下のマグマ量を推計し、沈静化する時期の予測に役立てる。

日本の地球観測衛星「だいち」のレーダーがとらえた火口付近の地表画像を解析した。

それによると、火口周辺が昨年8月末から噴火前日の今月13日までに約20センチ隆起し、
特に北東約10キロ付近は最大70センチ隆起した。山体が膨張したのは、
地下で岩石が溶けてできる高温のマグマがたまったことをうかがわせている。

今回の噴火では、火山が氷河地帯にあったためにマグマが水と反応して水蒸気爆発を
起こしたとされる。【八田浩輔】

▽記事引用元
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20100424ddm012030157000c.html
毎日jp(http://mainichi.jp/)毎日新聞 2010年4月24日 東京朝刊

▽関連リンク
JAXA  陸域観測技術衛星「だいち」
http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/index_j.htm
【地球システム学】アイスランドの火山灰で健康被害の懸念

桜島で地盤膨張続く マグマの流入速度が速まり、通常一年かかるものが3ヶ月で…鹿児島

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : おっおにぎりがほしいんだなφ ★
噴火活動が活発化している桜島で1~3月、地盤膨張が続き、
地下へのマグマ流入速度が速まっているとみられることが8日、
京都大防災研究所火山活動研究センター(鹿児島市桜島横山町)の観測で分かった。
センターの井口正人准教授は「すぐに溶岩流出を伴う大規模噴火につながるとは
考えにくいが、今後活動がさらに活発化する恐れがある」と警戒を呼びかけている。

センターによると、衛星利用測位システム(GPS)で観測している桜島の
地盤膨張量が今年1月以降大きくなり、3カ月間で東西方向に約1センチ、
南北方向に約2センチ伸びたのを確認した。

地盤変動は、桜島の北8キロ地下10キロ付近にあるとみられる「マグマだまり」に
マグマが供給されたためとみられる。GPS観測を始めた1994年以降、
最大の伸びは年間2センチ程度で、今回は通常1年かかるマグマの流れ込みが
3カ月で流れ込んだ計算になる。

急激な地盤変動後には、噴火活動が活発化することがこれまでの調査で分かっており、
同センターは「注意深く監視していく必要がある」としている。


ソース:南日本新聞
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=23219

«  | HOME |  »