カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 発生


メスだけでも子孫!ニジマスの卵巣細胞から精子を作り受精させて稚魚を誕生させることに成功/東京海洋大 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : 白夜φ ★
◇メスだけでも子孫!卵巣細胞から精子、稚魚誕生
 
ニジマスの卵の元になる卵巣の細胞(卵原細胞)から精子を作り、
受精させて稚魚を誕生させることに東京海洋大学の吉崎悟朗准教授のチームが成功した。

絶滅の恐れがある魚の保全に役立つと期待される。英の発生学専門誌に発表した。

吉崎准教授らは、メスのニジマスから卵原細胞を取り出して、孵化(ふか)したばかりの
稚魚の腹に移植。卵原細胞は、将来卵巣や精巣になる生殖腺に移動し、成長した稚魚は、
オスの場合はこの卵原細胞由来の精子を作った。この精子をメスに移植して作った卵と
受精させて、稚魚を誕生させることもできた。

研究チームはこれまで、精子の元になる細胞から同様の手法で精子と卵を作ることや、
ニジマスの細胞をヤマメに移植する「借り腹」で精子と卵を作り、
ニジマスを誕生させることに成功している。

吉崎准教授は「借り腹の技術と組み合わせれば、メスかオスからだけでも子孫を残せる」
と話している。

(2010年3月21日03時05分 読売新聞)

▽記事引用元
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100321-OYT1T00107.htm
YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/

«  | HOME |  »