カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 進化


カメはトカゲより恐竜に近い、約2億5千万年前に分岐 ゲノム解読により、論争に決着/理研など

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2013/04/29(月) 16:23:06.78 ID:???
 【桜井林太郎】カメは同じ爬虫(はちゅう)類のトカゲやヘビのグループより、ワニや恐竜のグループと進化の
起源が近いことが、理化学研究所や東京医科歯科大などの国際共同研究グループによる全遺伝情報(ゲノム)
解読でわかった。28日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に発表する。

 カメは背骨と肋骨(ろっこつ)がくっついてできた甲羅など独特の特徴を持つ。約2億2千万年前には存在したことが
化石から判明しているが、その起源はトカゲやヘビに近いのか、恐竜や鳥類と同じ系統のワニに近いのか、
それとも全く独自に進化したのか議論が続いてきた。

 理研などのグループは約2年かけてスッポンとアオウミガメのゲノムを解読。ほかの脊椎(せきつい)動物と遺伝子の
塩基配列を比較・分析した結果、カメはワニ、恐竜、鳥類などから、約2億5千万年前に分かれ、近縁だったことを突き止めた。

▽記事引用元 朝日新聞(2013年4月29日9時0分)
http://www.asahi.com/tech_science/update/0429/OSK201304280142.html


▽理化学研究所プレスリリース
http://www.riken.go.jp/pr/press/2013/20130429_1/

▽Nature Genetics
「The draft genomes of soft-shell turtle and green sea turtle yield insights into the development and evolution of the turtle-specific body plan」
http://www.nature.com/ng/journal/vaop/ncurrent/abs/ng.2615.html


2 :名無しのひみつ:2013/04/29(月) 16:38:23.01 ID:/L3paw9X
オレの亀が恐竜みたく獰猛だったとはどーてい信じられない


3 :名無しのひみつ:2013/04/29(月) 16:41:06.22 ID:dsCN1CCC
>>2
トカゲより恐竜近いということは蛇より鶏に近いことだよ、
皮もむけないチキン野郎って可能性も…


4 :腐珍:2013/04/29(月) 16:57:00.96 ID:Jgka0cwE
ふえるワ・・。


女性の好みが男性器の進化に影響?/カナダ研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2013/04/09(火) 23:33:23.42 ID:???
 大きいことは良いことだ。少なくとも女性が好む男性器のサイズに関しては。最新の研究によれば、
女性が選択するサイズが、男性器を大きくする進化に導いた可能性があるという。
 男性の外性器の大きさに関する好みを女性に質問した過去の研究では、意見はさまざまに分かれた。
大きさなど気にしないと答えた女性もいれば、大きい方が好きだという女性もいた。

 今回の研究を率いたカナダ、オタワ大学の生物学者ブライアン・マウツ(Brian Mautz)氏は、
当時の女性たちは公正な意見を述べなければならないという圧力を感じていた可能性があると指摘している。
つまり、大きさなど関係ないという意見だ。

 そこで、マウツ氏のチームはある実験を行った。コンピューターで作成した等身大の男性の輪郭53人分を
画面に映し出し、平均26歳のオーストラリア人女性105人に見せて反応を探る。

 グレーの外見は同じ53人だが、身長、肩と腰の比率(つまり体形)、弛緩時の男性器の長さが異なる。
過去の研究では、女性は一般的に、肩と腰の比率が大きい逆三角形の体型で長身の男性に魅力を感じる傾向が
あった。男性の魅力を判定する上で、これらの要素が重視されていることを示す。

 今回の実験で被験者の女性は、男性の魅力をポイントで評価するよう求められた。最も野暮な1から、
最高に惹かれる7までの7段階だ。

 男性の魅力を判定する上で、女性が最も重視した要素はやはり体形だった。しかし、男性器の大きさも有意な
影響を及ぼしていた。


▽記事引用元 ナショナルジオグラフィックニュース(April 9, 2013)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130409003&expand

▽PNAS
「Penis size interacts with body shape and height to influence male attractiveness」
http://www.pnas.org/content/early/2013/04/03/1219361110.abstract

8 :西成暴威 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) ◆Tp.mXprMwbeD :2013/04/10(水) 00:05:59.69 ID:dQkp98o0
女が長身が好きなのは

















長いちんぽが好きってこと


9 :名無しのひみつ:2013/04/10(水) 00:08:09.51 ID:9XDW8mL8
ないだろ
顔ならわかるが


ヒトの祖先は恐竜絶滅まで虫を食べる小型4足歩行動物? 胎盤を持つ哺乳類の多様化時期を再検討/国際研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2013/02/08(金) 23:37:40.39 ID:???
【2月8日 AFP】(一部更新)人類はサルから進化したとされているが、そのはるか昔には虫を食べる小さな4足歩行動物
だったとする研究論文が7日、米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

 6年に及ぶ国際研究では、現代と先史時代のさまざまな種の遺伝的・身体的特性を含む大量のデータを分析し、
哺乳類の進化の詳細な系譜を再現。中でも、人類やウマ、クジラなどを含む胎盤哺乳類に焦点を当てた。

 これまで広く受け入れられていた仮説では、地球上の恐竜を含む全生物種の70%が消え去った大量絶滅以前
にも多様な胎盤哺乳類が存在していたと考えられていたが、国際研究チームが導き出した結論はこの通説を
覆すものだった。

 従来説は遺伝データのみに基づいていたのに対し、今回の研究では遺伝的証拠と解剖学、化石に残された証拠
を組み合わせ、より詳細な胎盤哺乳類の進化史を描くことに成功した。特に重要な発見は、進化の分岐点を恐竜の
絶滅後と特定したことだ。

 論文の主執筆者である米ニューヨーク(New York)・ストーニーブルック大学(Stony Brook University)の
モーリーン・オリアリー(Maureen O'Leary)氏は、「げっ歯類や霊長類は鳥類を除く恐竜たちと共存していたわけではなく、
恐竜が絶滅してから間もなく、せわしなく動き回って虫を食べていた小さな動物から枝分かれした」と説明している。

 新説によると、恐竜が絶滅してから20万〜40万年後、小さな胎盤哺乳類がさまざまな種に枝分かれを始め、
驚異的な多様性を持つに至った。こうした進化の末に、現在の地球上には5100種以上の胎盤哺乳類が暮らしているのだという。

 研究チームは今回の研究結果について、過去に何度か起きた気候変動を哺乳類がどう生き抜いたのか、
地球温暖化に直面している現代の人類はそれをいかに役立てることができるかという、極めて重要な問いへの答えを
与えてくれるかもしれないと話している。(c)AFP/Naomi Seck

▽画像 胎盤哺乳類の祖先とされる架空の小動物の想像図(提供日不明)。(c)AFP/CARLBUELL/AMERICANMUSEUMOFNATURALHISTORY


▽記事引用元 AFPBB News( 2013年02月08日 12:46)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2926510/10240314


▽Science
「The Placental Mammal Ancestor and the Post?K-Pg Radiation of Placentals」
http://www.sciencemag.org/content/339/6120/662.abstract

3 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/02/08(金) 23:46:28.72 ID:17K2uuxx
競合する恐竜やら、小惑星激突レベル地球激変さえなければ
地球全体の気候変動を受けとめ、なんとかなるもんなんでしょ
それにしても恐竜は運があったのか、無かったのか?


7 :名無しのひみつ:2013/02/08(金) 23:54:42.49 ID:7MC2CMnW
>>3

一億年以上の反映をしていたのだから運が悪いとは思わないけど、その間に高知脳生物が誕生しなかったのはちょっと不思議
その必要もないほど食料が豊富だったにしても発達する期間は十分にあったと思うんだよね


13 :名無しのひみつ:2013/02/09(土) 00:27:49.01 ID:chKVY5q1
>>7

 1億年も経てば、人間の文明の痕跡もなくなるだろう。
 恐竜がどんな文化を持っていたかは、知ることもできない。


4 :名無しのひみつ:2013/02/08(金) 23:48:05.41 ID:hBR/Pw+c
.
 寒冷化すると、卵性の動物は温め続けないと孵化しないからなぁ。
 その辺で恐竜は滅んだのかもね。

 鳥も実か虫しか食べない。草食ったら重くて飛べないんだろうなぁ。


ヌタウナギの発生から脊椎動物の進化の一端が明らかに、下垂体、口、鼻の起源を解明/理研

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2012/12/21(金) 00:09:15.41 ID:???
深海に住み、原始的な脊椎動物といわれる「ヌタウナギ」は、脊椎動物の起源と進化を考えるうえで重要な
動物として注目されています。ヌタウナギには、眼のレンズや骨格、顎がなく、多量の粘液(これが「ヌタ」の
由縁)を出すことで知られる謎の生物です。

動物進化が専門の理研の研究者らは、1990年代からヌタウナギに着目し、2007年には人工飼育で卵を産ませ、
胚発生させることに成功、胚を解析して脊椎動物に特徴的な「神経堤細胞」を発見しています。これによって
“ヌタウナギは脊椎動物ではない”という説を覆しました。さらに、2011年には背骨の痕跡を見つけています。

今回は、頭部構造の発生過程の解明に取り組みました。これまで、「脊椎動物では外胚葉起源である下垂体が、
ヌタウナギでは内胚葉起源である」という説があり、この理由で他の脊椎動物より原始的だとされていたからです。
発生途中の下垂体、口、鼻などを詳細に観察した結果、ヌタウナギの下垂体が外胚葉起源であることを確認しました。
また、発生途中でヌタウナギの胚がヤツメウナギの胚と同じ形態パターンを持つ段階があり、それが単一の
鼻孔を持ち、鼻と下垂体が近接するという、円口類に独特なものであることを発見しました。さらに、化石魚類の
知見をもとに、この円口類に独特な発生過程が、顎を持つ顎口類の遠い祖先にも存在していた可能性を見い
だしました。これによって「円口類の発生パターン」が「全ての脊椎動物の共通祖先にあたる動物がかつて
持っていた発生パターン」であるという可能性がでてきました。

この発見で、脊椎動物の起源に関わる原始的な発生機構の解明により近づいたと言えます。


[発表者]
発生・再生科学総合研究センター 形態進化研究グループの倉谷滋グループディレクター
(神戸大学大学院理学研究科生物学専攻連携講座・教授)と、神戸大学大学院理学研究科生物学専攻の大石康博院生ら

▽画像 ヤツメウナギ(左)とヌタウナギ(右)の発生段階
最下段は成体の形態。中央の発生段階が最も良く似ている。赤丸が下垂体のできるところ。


▽記事引用元 理化学研究所60秒でわかるプレスリリース
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2012/121220/index.html

▽Nature
「Craniofacial development of hagfishes and the evolution of vertebrates」
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature11794.html

2 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 00:10:30.97 ID:2lugEEtm
「ヌタウナギ」と「起源」と言う単語からこれから嫌な予感しかしないスレだ。


3 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 00:11:47.18 ID:L6N9NbrT
ワカメの起源


ヒトやウニなど新口動物群が共通祖先から進化してきたことを示す科学的証拠を発見/OIST

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2012/11/04(日) 22:58:09.84 ID:???
沖縄科学技術大学院大学(OIST)は10月29日、米国カリフォルニア大学バークレー校、米国ハーバード大学医学部
などの協力を得て、ウニ(棘皮動物)、ギボシムシ(半索動物:画像1)、ナメクジウオ(頭索動物)、ホヤ(尾索)動物)、
ヒト(脊椎動物)を含む「新口動物」群が、共通祖先から進化してきたことを示すゲノム科学的証拠を得たと発表した。

成果は、OISTの佐藤矩行教授らの研究グループであるマリンゲノミックス・ユニットによるもの。
研究の詳細な内容は、生物学術誌「Current Biology」の印刷版11月6日号に掲載される予定だ。


画像1。半索動物のギボシムシ


ヒトを含む脊椎動物は、ナメクジウオの「頭索動物」、ホヤの「尾索動物」と共に「脊索動物」と呼ばれる
動物群に含まれている。これらの動物はすべて脊索や「背側神経管」を持つことから、共通祖先から
進化してきたものと考えられている(画像2・Aの最下段のマウス)。

脊索動物に近縁な動物群が、ウニやヒトデなどの「棘皮動物」、ギボシムシなどの「半索動物」だ。
この2種類は発生様式の類似性などから「歩帯動物」群と呼ばれている(画像2・Aの上段)。

画像2。これまで考えられてきた進化系統図がA。それに対し、今回の研究でBであることがわかった。
図中の数字は、Hoxの番号を表す


また、この歩帯動物と脊索動物は発生の初期で消化管を作る時に、最初に陥入した部分(原口)が将来の肛門になり、
口は後に新しく開くという共通点を持つ。そのことから、新口動物(または後口動物)群と呼ばれている
(この逆に最初に陥入した部分が口になる動物は、旧口(前口)動物といわれる)。

したがって、脊索動物も、新口動物の共通祖先から進化してきたと考えられてきた。つまりヒトは、
新口動物の祖先、脊索動物の祖先、脊椎動物の祖先、ほ乳類の祖先を通して進化してきたことになる。


▽記事引用元 マイナビニュース(2012/10/31)
http://news.mynavi.jp/news/2012/10/31/021/index.html

▽Current Biology
「Identical Genomic Organization of Two Hemichordate Hox Clusters」
http://www.cell.com/current-biology/abstract/S0960-9822(12)01056-1


3 :名無しのひみつ:2012/11/04(日) 23:05:16.63 ID:RVzaGawA
触手も夢じゃない


4 :名無しのひみつ:2012/11/04(日) 23:06:37.07 ID:foHL4G/0
<丶`∀´> ←コレとウニが近いと聞いた


6 :名無しのひみつ:2012/11/04(日) 23:11:03.48 ID:w4jd84+p
>>4

それよく目にするけど、なんなの?おもろいけど意味不明www

ソースどっかにないの??


14 :名無しのひみつ:2012/11/04(日) 23:57:57.50 ID:65H1SEFK
>>6
日本人と朝鮮人で遺伝子の70%が同一、とかいう記事があった
人間とチンパンですら97%が同一だってのに、70%じゃあウニ並みだと話題になった


15 :名無しのひみつ:2012/11/04(日) 23:59:39.07 ID:V0Q1bU7g
>>6,14
この板で書くのはどうかと思うが、大本の出所はこれ
http://www.kyushu-u.ac.jp/magazine/kyudai-koho/No.28/28_11.html


«  | HOME |  »