カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 宇宙


「火星へ行こう」 アメリカの実業家が1年半で火星へ往復する計画 2001年に民間人初の自費宇宙旅行へ行ったデニス・チトー氏

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :チリ人φ ★:2013/02/28(木) 07:44:58.89 ID:???
2001年に民間人として初めて自費で宇宙旅行へ行ったアメリカ人のデニス・チトー氏が「インスピレーション・
マーズ財団」という非営利団体を立ち上げた。同団体は、501日間で火星まで往復する計画の詳細を28日
(日本時間)に発表する。出発は2018年1月の予定。地球‐火星間は通常、片道に2〜3年かかるが、2018年
1月には、往復で1年半ですむ位置になるという。25日付ナショナルジオグラフィックなどが報じた。

チトー氏は金融業で財を成した人だが、工学の修士号を持ち、NASAが1965年に火星無人探査機を打ち上げ、
火星への接近通過(フライバイ)に初成功した計画にも参加していた。

記者会見には、宇宙などの環境で用いられる生命維持装置システムを作る会社である「パラゴン宇宙開発」社の
テーバー・マッカラム氏とジェーン・ポインター氏が出席するという。同団体のプレスリリースには出ていないが、
こうした企業の関係者が出席するからか、計画は2人乗りの有人飛行になるという声もある。

チトー氏の計画は民間によるものだが、アメリカ政府は2011年、「2030年代半ばを目標に有人火星探査を行う」
と発表している。現在火星で調査中の無人探査機「キュリオシティ」は、火星に過去、生命が存在できたか
どうかを調べるため、今月9日に地面にドリルで穴をあけてのサンプル採取に成功している。2016年には火星の
内部5mまで掘って地中の温度を測定する無人探査機「インサイト」も打ち上げる。
NASAはまた、火星で人類が生活するための組み立て式居住設備などの開発を進めている。

日本は無人探査機の開発には積極的だが、政府が1月にまとめた新しい宇宙基本計画案には、「有人
宇宙活動は費用対効果を厳しく精査する」という表現があるなど、有人宇宙飛行には消極的だ。

アメリカのみならず、ロシア、中国、ヨーロッパなども有人宇宙開発で月や火星を目指すと言っている。日本は
もっと、宇宙に出るべきだ。長期戦略で未来産業を育てるためにも、少なくとも参加表明をしてほしい。

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5682

The Ultimate Relationship Test: A Trip to Mars
http://news.nationalgeographic.com/news/2013/02/130227-inspiration-mars-dennis-tito-space-exploration-science/

4 :名無しのひみつ:2013/02/28(木) 08:03:43.80 ID:U7kFr1R4
ザ・リバティ か...


5 :名無しのひみつ:2013/02/28(木) 08:19:36.49 ID:Ke44X7mY
お値段がチトー心配


ハッブル宇宙望遠鏡で撮影した「スペースインベーダー」に見える銀河を公開/NASAとESA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2013/03/07(木) 16:12:26.35 ID:???
NASAとESA、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影した「スペースインベーダー」に見える銀河を公開
March 7 - 2013 - 銀河・星雲

アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)は3月5日、ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された、
ゲーム「スペースインベーダー」に登場するエイリアンに似たような銀河の画像を公開した。

この銀河は銀河団「アベル68」の背後に位置している渦巻銀河で、スペースインベーダーのように見えるのは、
「アベル68」による「重力レンズ効果」で引き延ばされたためである。
「アベル68」は地球から約20億光年離れており、この渦巻銀河はさらに遠方にあるという。

アインシュタインの一般相対性理論によると、強い重力源によって曲げられた時空を光が通った時、
歪みに沿って光が通るため、曲がって見える現象が発生する。この現象が重力レンズ効果である。
重力レンズ効果によって、1つの天体が複数の像に見えたり、天体の元の像が伸ばされ、全然違う形に見えたり、
これまで様々な現象が確認されている。現在では、重力レンズ効果を利用して太陽系外惑星の探索も行われている。

この画像はハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(WFC3)の赤外線によって撮影されたもので、
調査するためにハッブル宇宙望遠鏡の掃天観測用高性能カメラ(ACS)のデータも合成している。

■Gravitational Lens Creates Cartoon of Space Invader
http://www.nasa.gov/mission_pages/hubble/science/abell68.html
_________________

▽記事引用元 sorae.jp March 7 - 2013配信記事
http://www.sorae.jp/031002/4809.html


5 :名無しのひみつ:2013/03/07(木) 16:23:36.33 ID:xZ+0ICdL
名古屋撃ちしたる


6 :名無しのひみつ:2013/03/07(木) 16:25:58.01 ID:DVByh+pR
>>5

50代男性と見た


11 :名無しのひみつ:2013/03/07(木) 16:55:28.36 ID:AkIkym3L
>>6
40代前半だが、「ゲームセンターあらし」なら知っとるぜよ


9 :名無しのひみつ:2013/03/07(木) 16:41:00.42 ID:rgL2SoIN
たしかにインベーダーというよりギャラクシアンだな。ここは


銀河「4C+29.30」 超大質量ブラックホールが放出する巨大エネルギー、画像公開/NASA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2013/05/18(土) 17:12:38.55 ID:???
超大質量ブラックホールが放出する巨大エネルギー、画像公開
2013年05月18日 14:45 発信地:米国


【5月18日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は17日、地球から8億5000万光年離れた銀河「4C+29.30」の画像を公開した。
複数の波長の放射線を合成した画像で、超大質量ブラックホールの強力な重力が、いかに巨大なエネルギーを生み出すかを示している。

画像の青い部分はNASAのチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)が観測したX線、
金色はハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が捉えた可視光線。
ピンクは全米科学財団(National Science Foundation、NSF)の超大型干渉電波望遠鏡群(Very Large Array、VLA)が観測した電波。

この電波放射は、銀河の中心部にあるブラックホールから2方向に高速で吹き出る粒子から放たれている。
このブラックホールの推定質量は、太陽の約1億倍。
噴出する粒子の端部分には、銀河の外に位置する広大な電波放射の領域が確認できる。(c)AFP
____________

▽記事引用元 AFPBBNews 013年05月18日 14:45配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2944704/10760680

▽関連
NASA Image of the Day Gallery
Black Hole-Powered Jets Plow Into Galaxy
http://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_2510.html


2 :名無しのひみつ:2013/05/18(土) 17:22:35.73 ID:z2fpu7lj
すごいねえ


3 :名無しのひみつ:2013/05/18(土) 17:41:35.89 ID:yJECJfCs
ヽ(*゚д゚)ノ < カイバー


JAXA、イプシロンロケット試験機の打ち上げ予定日とデザインを正式発表/惑星探査を志向している意志を明示

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :?2BP(1056)
イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げについて

平成25年5月21日
宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、イプシロンロケット試験機による
惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げについて、下記のとおり実施することを、お知らせいたします。




打上げ予定日:平成25年8月22日(木)
打上げ予定時間帯:13時30分〜14時30分(日本標準時) ※
打上げ予備期間:平成25年8月23日(金)〜平成25年9月30日(月)
打上げ場所:内之浦宇宙空間観測所

(※)打上げ予定時間帯は、上記予定時間帯の中で打上げ日毎に設定する。

 また、平成25年4月10日(水)から5月7日(火)の期間に実施した
「イプシロンロケット試験機掲載応援メッセージの公募」では、
5,812件(日本語5,360件、英語452件)のご投稿をいただきました。
このメッセージを入れ込むイプシロンロケット試験機の機体デザインが決定しましたので、
別紙にて発表いたします。

別紙

日章旗とJAXAロゴを第一段の正面及び背面の上部に掲出する他、固体ロケットの伝統を継承・発展させた、
独自の機体デザインを考案いたしました。
受付した応援メッセージについては、赤ライン線部分に文字列として入れ込む予定となっています。

〔デザイン趣旨〕
固体ロケットの伝統色彩をベースに将来に向かっての進化を、下から上に向かって表現するデザインとした。

(1)線(細):これまでの路線から一段上に将来に向かっての進化及びスリム化を表現
(2)ロゴ:字体をシャープに、Eの文字を大きくして“イプシロン”を強調
(3)星印:惑星探査を志向している意志の明示
(4)縦線(太):ペンシルからM−Vまでの重厚な歴史の継承を表現
(5)線(全周):固体ロケット伝統のカラーリング2色

JAXA>プレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2013/05/20130521_epsilon_j.html


平成25年度 イプシロンロケット試験機 打上げ計画書(PDF:1.0MB)
http://www.jaxa.jp/press/2013/05/20130521_epsilon.pdf

2 :名無しのひみつ:2013/05/21(火) 14:41:42.60 ID:vEAbwfWb
スレタイは恣意的だけど...
新トップが探査等金にならない学術系は削減するって表明してるしなぁ...


5 :名無しのひみつ:2013/05/21(火) 14:48:50.25 ID:Z5nzRaWB
>>2

このスレは「キラッ」が大事だろ。
(1)〜(5)で取り上げるならキラッしかない。他は平凡。


3 :名無しのひみつ:2013/05/21(火) 14:41:44.22 ID:Z5nzRaWB
星間飛行キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!

キラッ


月面で観測史上最大の小惑星衝突−NASA

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ニュース二軍+板記者募集中!@pureφ ★:2013/05/19(日) 23:59:17.34 ID:???
ScienceCasts: Bright Explosion on the Moon
Science@NASA Published on May 16, 2013
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IYloGuUZCFM
http://science.nasa.gov/science-news/science-at-nasa/2013/16may_lunarimpact/

These false-color frames extracted from the original black and white video show the explosion in progress. At its peak, the flash was as bright as a 4th magnitude star.

NASA's lunar monitoring program has detected hundreds of meteoroid impacts. The brightest, detected on March 17, 2013, in Mare Imbrium, is marked by the red square.

NASA、月面に観測史上最大の小惑星衝突を認める


Photo: RIA Novosti

NASAが2005年の観測開始以来最大となる、月面への小惑星の衝突を確認した。NASAの発表を元に17日、
リア・ノーボスチが伝えた。

小惑星は「雨の森」に3月17日に落下した。衝突に伴い閃光が発生。これまでに観測されていたものよりも10倍
明るい閃光であった。小天体は30cmから40cm、40kg程度、秒速25mで飛来したものであった。

NASAはすでに8年間、月面を常時観察し、小天体衝突に伴う閃光を観測し、月面の将来の探査における
小天体のリスクのレベルを評価していた。これまで300のケースが確認されていた。

リア・ノーボスチ/ロシアの声 17.05.2013, 15:13
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_17/113551330/
【宇宙】27億年前も小天体衝突 原始生命、過酷環境に耐えた?月起源隕石からシリカの超高圧相発見 画像あり
【天文】“月のうさぎ”は巨大隕石の衝突跡 /産総研
【宇宙】「重爆撃期」の衝突証拠を月からの隕石で初発見、生命起源研究貢献に期待/東北大など 画像あり

2 :名無しのひみつ:2013/05/20(月) 00:03:01.83 ID:CyQw4kwI
.
 月は地球の楯だね。


5 :名無しのひみつ:2013/05/20(月) 00:15:13.81 ID:62PjFuNR
このレベルの大きさならしょっちゅう地球にも落ちてるだろ
地球では大気があるから地表まで届かないだけで、流星として観測出来る


«  | HOME |  »