カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 科学誌


科学雑誌の日本語離れ 日本の科学誌が消える

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : 恋しちゃってるBOYφ ★
「バイオで科学技術立国」のかけ声が虚しい。ライフサイエンス系の雑誌が次々と消滅している。
日本語で書かれた科学誌は風前の灯だ。

書店にいまも並ぶのは1月号のまま。共立出版のバイオサイエンス専門誌「蛋白質核酸酵素」は
もう消えた。

昨年10月、「来年1月号で休刊にする」と同社幹部から知らされた編集委員会幹事の山本正幸
東大教授にも休刊は「寝耳に水」だった。

同誌は、生化学や分子生物学の研究が本格的になろうとする1956年、大阪大の赤堀四郎、名古屋
大の江上不二夫、東京大の渡辺格(いずれも故人)という先駆者3人が協力して創刊した。当時は、
ワトソンとクリックの遺伝子2重らせんモデル発見から3年ばかり。進歩の速いこの分野を詳しく
速やかに紹介するのが目的だった。

生物関係各分野の解説記事のほか、分析方法の詳細を載せたのが好評だった。読者は医学系、
理学系研究者ばかりでなく、農学系、工学系もいた。読者層の幅広さは同誌を学際的な雑誌に育てた。

例えば、分子生物学といっても、ネズミなどの動物ばかりでなくイネなど植物も取り上げた。あるテーマ
に沿った特集、あるいは増刊号など、隠れたベストセラーもあった。

以来、同誌に載った日本語の解説論文は、50年以上にわたって日本のバイオサイエンスを支え続けた。
2006年には創刊50周年を祝い、その際は発行部数が1万5千部とされた。米国の専門家が使う医学・
生物学論文データベース「PubMed」にも論文の題名が入力されている唯一の和文解説雑誌としても
知られていた。

今でも、原稿を書きたい人はいくらでもいたはずだ。なのに、休刊となったのはなぜか。

山本氏によると、数年前から部数が漸減。さらに、大学図書館などが高額で電子版専門誌を外国の出版社
からまとめ買いするようになり、その分、個人でも買える日本語誌は打ち切られる対象になった。
「最新情報は電子版の英語雑誌で」という日本語離れも進み、経済危機による広告減少がとどめを刺した。


ソース
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/aera-20100305-01/1.htm

«  | HOME |  »