カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 生物・技術


ゴキブリを「操縦」できる技術が開発される―災害現場における生存者捜索などに活用

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2012/09/07(金) 20:47:35.02 ID:???
米国ノースカロライナ州立大学 の研究者チームは2012年9月5日、
ゴキブリをリモートコントロールする技術を開発した、と発表した。

同技術を利用すれば、ゴキブリを遠隔地からほぼ思い通りに「操縦」できるようになるという。

同研究チームは、倒壊した建物の内部など、人が立ち入れない場所へ
カメラやマイクなどの探知センサーを送り込む方法として同技術を開発したという。
ゴキブリを活用することで、安価でかつ信頼性の高い、探知用サイボーグが利用可能となる。

同大学準教授の Alper Bozkurt 氏は次のように語っている。

「最終的には、サイボーグゴキブリを利用した『スマートセンサー』によって
情報を収集・送信するネットワークを構築したい。例えば、地震で倒壊した
建物の中で生存者を捜索するような場合に、このスマートセンサーは有効に活用できるだろう。

同じことを小型ロボットにやらせるのは、災害現場など不確定要素の多い
場所では非常に困難だ。我々は、そのようなロボットを開発するかわりに、
ゴキブリを利用することを選択した。ゴキブリは、危険な状況におけるエキスパートだからだ」

研究者チームは、ゴキブリの神経経路を刺激することで遠隔地からの
コントロールを可能にしたという。ゴキブリの背中に0.7グラムの
コントローラーを取り付け、そこから延びる電線を尾角と触覚に取り付ける。
尾角とはゴキブリのしっぽ付近にある感覚器。
ゴキブリは尾角により背後から何かが接近していることを認識し、
前進する性質を持つという。

また、触覚により前方の障害物を検知し、左右どちらかに曲がって
それを回避する性質も持つ。

研究者チームは、触覚と尾角に微弱な電気を送ることで、ゴキブリを
前進させたり、左右に曲がらせることを可能にした、と述べている。

なお、同研究チームが実験に使ったゴキブリは、
「マダガスカルオオゴキブリ([Madagascar Hissing Cockroach)」と呼ばれるものだそうだ。



リモートコントロール可能なゴキブリ 背中にはコントローラーが取り付けられている
 http://d16vxhzt0fcu59.cloudfront.net/img/20120907/1346991732.jpeg
▽記事引用元 : japan.internet.com 編集部 2012年9月7日 / 13:50 
 http://japan.internet.com/interestingly/20120907/1.html

動画:Roach Biobot  http://www.youtube.com/watch?v=gmbEX7zDzog&feature=player_embedded

原文ソース 
Researchers Develop Technique to Remotely Control Cockroaches
 http://web.ncsu.edu/abstract/science/wms-cockroach-steering/

5 :名無しのひみつ:2012/09/07(金) 20:51:32.89 ID:y+H++hU2
これはやばい。
仕返しに人間を操るゴキブリが現れるぞ。


9 :名無しのひみつ:2012/09/07(金) 20:55:29.21 ID:HeO9dKTs

   餌とか交尾とかの欲求の方が勝っていると思うのだが...。




«  | HOME |  »