カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 歴史


旧日本陸軍の一式双発高等練習機が70年ぶりに引き揚げられる、主翼と胴体に日の丸 /十和田湖

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ベガスρ ★:2012/09/06(木) 07:51:29.58 ID:???
”墜落の旧陸軍機か、70年ぶり湖上に…十和田湖”

戦時中に青森、秋田両県にまたがる十和田湖に墜落した旧日本陸軍の練習機とみられる飛行機が
5日、引き揚げられ、主翼と胴体に日の丸が描かれた銀色の機体が約70年ぶりに、地上に姿を現した。

航空史などを研究する青森県立三沢航空科学館の大柳繁造館長(79)ら有志のグループが引き揚げた。
大柳館長によると、機体は、旧陸軍が訓練や輸送に使った「一式双発高等練習機」で、
全長12メートル、翼幅18メートルのジュラルミン製。記録や証言などから1943年に秋田県能代市から
青森県八戸市に向けて飛行中、墜落したとみられる。戦時中に約1300機が製造されたが、
国内での現存は確認されていないという。

機体は2010年8月、湖底地形の調査中、水深約60メートルの湖底で偶然見つかった。
ほぼ原形のままだったため、大柳館長らが「歴史的価値が高い」として、11年3月に引き揚げを試みたものの、
断念していた。

画像
十和田湖から引きあげられた旧陸軍の練習機とみられる機体(5日、青森県十和田市で)


読売新聞(2012年9月5日21時39分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120905-OYT1T01188.htm

2 :名無しのひみつ:2012/09/06(木) 07:55:05.29 ID:j653Nv73
70年ぶりにしては綺麗だな


45 :名無しのひみつ:2012/09/06(木) 09:15:47.93 ID:scOkSWGV
>>2

海水じゃねーからな


3 :名無しのひみつ:2012/09/06(木) 07:55:45.58 ID:6izcCHLH
戦争の遺産と言うより航空事故の遺産だな。
まぁ1940年代の工業技術を知る貴重な資料だから
大事に保管してくれ、正確なレストアを実施してくれ。


57 :名無しのひみつ:2012/09/06(木) 10:08:34.76 ID:JtOy91xk
>>3
レストアするような航空博物館は日本にないよね
ぜひそういう博物館を作ってもらいたいけど、日本じゃ官僚が邪魔をして作らせない


60 :名無しのひみつ:2012/09/06(木) 10:38:02.33 ID:3VONzIuJ
>>57
偉くならなきゃ正しい事をできないのは、何処行っても当たり前。

日本の教育も、結局は統治の道具だもんな。

科学分野の領域でも、
予算配分という裁量権によって、
政治サイドによる取捨選択が行われてるし...

大学に入っても、
単位を楯に自由に勉強させてもらえる訳じゃない。




61 :名無しのひみつ:2012/09/06(木) 10:54:56.78 ID:WTGAmFNp
>>57
△日本じゃ官僚が邪魔をして作らせない
○日本じゃ財務官僚が邪魔をして作らせない
◎日本じゃ財務省主計官が邪魔をして作らせない


«  | HOME |  »