カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 再生可能エネルギー


温泉をくみ上げない地熱発電 室蘭工業大とグンゼが開発中 大分・別府温泉で実験開始

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2012/09/17(月) 23:33:59.14 ID:???
室蘭工業大と大手肌着メーカー「グンゼ」が共同して、温泉が枯れない熱交換方式の
「地熱発電」の開発に取り組んでいる。

両者が開発したセラミック複合材製の熱交換器が、地上から送り込んだ水を温め、
地中の熱だけを回収することを可能にした。「安全・安心な再生可能エネルギー」として注目されそうだ。

地熱発電はこれまで、火山の地中で噴出する熱水や蒸気を使ってタービンを回し、発電してきた。
しかし、熱水などをくみ上げると温泉の湯量の減少につながるとの指摘があり、一部の温泉地からは
「地熱発電は温泉に悪影響を与える」と、心配する声が上がっている。

両者が開発する地熱発電は、地上から地中へ水を注入して地熱によって熱水に改める仕組みだ。
熱回収には室工大の環境・エネルギーシステム材料研究機構(機構長・香山晃特任教授)と
グンゼが開発したセラミック複合材料を表面に巻いた二重構造の管を使用している。
セラミック素材は1600度の高温に耐えられ、地中深くの地熱の高い場所で長期間、安定的に運用できるという。

温泉源となる熱水を使用しないで済むため、温泉が枯れるリスクがなく、熱水に含まれる
不純物によって地熱発電設備が腐食したり管が閉塞したりすることもなく、保全コストの
大幅軽減が見込める。

今月からは大分・別府温泉で九州の民間事業者がモデル施設の実験を始めた。

室工大の香山教授は「地熱発電に慎重な考えを持つ人たちと問題点を確認しつつ、
実用化を進めたい」と話す。グンゼの平田弘会長は「新素材は環境と安全に優れた
日本の再生可能エネルギーの一端を担えるはず」と期待している。


地熱発電の仕組み
 
▽記事引用元 : (2012年9月17日 読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120917-OYT8T00331.htm

3 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:37:26.03 ID:YA9vWCaq
水の代わりに空気とか使って発電できないのかな。


5 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:40:44.70 ID:0cbNEAsK
水量が変わらなくても熱量は減るだろ
ぬるい温泉なんて誰が入るんだよ

あ、そうか電気温水器で沸かせばいいんだ!


33 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:34:14.84 ID:BsGcjc2k
>>5

まさか、温泉水全てが入浴に適した温度になってるとお思いか?
クッソ熱いのはうめるなり冷やすなりして給湯してる。


38 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:12:17.22 ID:acWsQLzi
>>5

おまえな、、九州の温泉をなめるなよ

冗談抜きで、泉量は九州だけで日本の3分の2ぐらい

そもそも温度が高すぎて普通は、冷やして使ってんだよ



金属のチューブの中にお湯を流すとその熱で発電する「熱発電チューブ」 世界初の実用化にめど/パナソニック

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ケンシロウとユリア百式φ ★:2012/09/12(水) 12:52:49.29 ID:???
金属のチューブの中にお湯を流すとその熱で発電する「熱発電チューブ」と呼ばれる技術について、
電機メーカーの「パナソニック」が世界で初めて実用化にめどをつけ、
将来、工場やビルでの発電への活用が期待されています。

「熱発電チューブ」は、温度が高いところから低いところに電気が流れる性質を持つ金属でできています。
この性質を生かしてチューブの外側を水で冷やし、中にお湯を流して熱を加えると発電します。
長さ10センチ、直径1センチの「熱発電チューブ」の出力は4ワットで、
4本組み合わせるとLED電球を点灯することができます。

「熱発電チューブ」は小型で軽く二酸化炭素を出さないのが特徴で、
「パナソニック」は世界で初めての実用化に向けて6年後をめどに
工場やビルの排熱や温泉地での活用を目指しています。

パナソニック先端技術研究所の山田由佳さんは、
「工場やビルなど排熱は至る所にあるがむだになっていた。
熱発電チューブを分散型電源として活用したい」と話しています。

ソース:NHK(9月12日 5時52分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120912/t10014957071000.html
※ソース元にニュース動画がございます。
参考リンク:パナソニックのプレスリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110620-2/jn110620-2.html

3 :名無しのひみつ:2012/09/12(水) 12:59:32.73 ID:ljr1iHLv
資源を採掘し、
運搬し、
精錬し、
チューブを作り、
チューブを設置し、
チューブを解体し、
チューブをリサイクルする間に必要なエネルギーを回収するのに何年かかりますか?


9 :名無しのひみつ:2012/09/12(水) 13:07:56.15 ID:iF/nWD3v
>>3
それを言い出すと、人間は絶滅させるのが一番省エネということになるから


21 :名無しのひみつ:2012/09/12(水) 13:25:07.60 ID:uIRnqCCp
>>3

使ったエネが全部回収できるわけ無いだろ。


4 :名無しのひみつ:2012/09/12(水) 13:00:12.43 ID:dmwij8uq
音響機関じゃないのね


深海エビから新酵素 バイオ燃料生産に期待/海洋研究開発機構

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ケンシロウとユリア百式φ ★:2012/08/16(木) 11:50:01.00 ID:???
太平洋のマリアナ海溝の水深約1万900メートルに生息するエビの体内から、
おがくずや紙などを高効率で分解する酵素を発見したと、海洋研究開発機構のチームが
16日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

この酵素を利用すれば、枯れ木や古紙などから、次世代燃料に期待される
バイオエタノールの原料を生産できる可能性があるという。

チームは2009年、同海溝の世界最深部に多数生息する「カイコウオオソコエビ」を採取。
食性を調べようと消化酵素を解析し、植物を分解する4種の酵素を検出した。
エビは沈殿した植物片を食べ、栄養を取っているらしい。

ソース:共同通信(2012/08/16 06:05)
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012081601000993.html
画像:マリアナ海溝の水深約1万メートルから採取したカイコウオオソコエビ


参考リンク:海洋研究開発機構のプレスリリース
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20120816/
参考リンク:PLoSoneに掲載された論文要旨(英文)
「The Hadal Amphipod Hirondellea gigas Possessing a Unique Cellulase
for Digesting Wooden Debris Buried in the Deepest Seafloor」
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0042727

4 :名無しのひみつ:2012/08/16(木) 12:00:06.62 ID:pIJ6o4Jd
寿司ゴキブリ


5 :名無しのひみつ:2012/08/16(木) 12:00:55.32 ID:j9VD3LXs
エビじゃなくてソコエビってむしろ等脚類のヨコエビの近縁種だな

食えれば一緒!ってことかw
オオグソクムシなんかも食えるんだとかw

海の底まで沈んでくる有機物なんて、分解しやすいものは殆ど分解されつくしているからなあ
そりゃセルロースだって貴重な有機物になるよな


太陽光はドイツ環境政策の歴史の中で最も高価な誤りになる可能性がある

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :地に足 改め 地に足 ◆IIIIiIiiII @地に足 改め 地に足φ ★:2012/08/14(火) 02:41:00.32 ID:???
ドイツの電力事情=再生可能エネルギー法の見直し

再生可能エネルギー法の見直し

7月1日から再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度をスタートさせた日本に
衝撃的なニュースが飛び込んできた。ドイツが太陽光発電の買取制度を大幅に修正することが決定したという。

6月27日に開催された上院と下院の両院協議会において、以下の政策変更が決まり、同29日に内容を盛り込んだ法案が成立した。

・太陽光発電の買い取り価格の20~30%の引き下げ。

・太陽光発電の累計設備容量が5200万kWに達した後は太陽光発電の買い取りを中止

国民負担が非常に大きくなっていること(月間消費電力量が約300kWhの一般的需要家の負担額が
月1000円を超え、そのうち約半分は太陽光発電に起因したものとなっている)こと

シュピーゲル誌は「太陽光はドイツ環境政策の歴史の中で最も高価な誤りになる可能性がある」と指摘している。

以下略

全文はソースで★(ゝω・)vキャピ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120811-00000306-agora-sci

3 :名無しのひみつ:2012/08/14(火) 02:44:57.60 ID:n+FoX+dH
太陽光先進国といわれたドイツ見てみろ


6 :名無しのひみつ:2012/08/14(火) 02:45:24.42 ID:dS6diYiN
日本は地熱が本命


«  | HOME |  »