カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 音楽


最近の欧米のロック、ポップ、ヒップホップは似た曲ばっかり、しかも音量大きいし /スペイン

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ベガスρ ★:2012/08/11(土) 07:48:34.54 ID:???
”欧米ポップス、似た曲ばかり スペインで46万曲分析”

最近50年の欧米のポピュラー音楽は似た作品が増える方向に「進化」してきた――。
そんな傾向をスペインの研究チームが見つけ、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
音程や音色の多様性が失われていると分析している。

チームは、1955~2010年に発表されたロック、ポップ、ヒップホップなど46万曲あまりの
データベースを分析。その結果、音程進行の変化がなくなり、よく使われる音色がさらに多く使われるなど
没個性化が進んでいた。

音量が大きくなる傾向もあった。録音技術の進歩に加え、音楽番組の放送で聴取者の注意をひくための
「音量競争」が背景と考えられている。

(この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。)

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0808/TKY201208080180.html

Measuring the Evolution of Contemporary Western Popular Music
Scientific Reports 2, Article number: 521
http://www.nature.com/srep/2012/120726/srep00521/full/srep00521.html
Fig 1: Method schematic summary with pitch data.

Fig 2: Pitch distributions and networks.

Fig 3: Timbre distributions.

Fig 4: Loudness distributions.


6 :名無しのひみつ:2012/08/11(土) 08:11:42.03 ID:Vd/e0ycG
って言うか全く新しい音なんてもう無理だろ
出てきたとしても歯磨き粉のチューブの最後状態だろ


26 :名無しのひみつ:2012/08/11(土) 10:47:13.08 ID:7/QeIEGn


6 :名無しのひみつ:2012/08/11(土) 08:11:42.03 ID:Vd/e0ycG
って言うか全く新しい音なんてもう無理だろ
出てきたとしても歯磨き粉のチューブの最後状態だろ



>>6

ブピッ、ジュリュッ、プスプスプスッてこと??


28 :名無しのひみつ:2012/08/11(土) 10:49:18.31 ID:QuzZWB0i
>>26

空気が入っただけ


34 :名無しのひみつ:2012/08/11(土) 11:33:18.88 ID:8KEkyXJf
>>6
19世紀末のヨーロッパとか(江戸末期の日本とか)でも言ってたんだろうな

「賛美歌やオペラのアリア、数多の秀逸な作曲家により音楽というものに可能な美しい旋律はもはや出尽くした感。
何万単語も使える文学と違い、そもそも7+5音の単純な羅列しか使えないわけだし。
アルプス民謡とか場末の大衆歌謡?あんなのは元々似たような俗な旋律ばかり。
音楽オワタ」

「常磐津新内長唄端唄、いろんなものが沢山で、年期も入って出尽くした感。
民謡?あんなのは田舎者の低級音楽。
西洋には違った音楽がある?音楽は民族の心情密着で、あんな騒音を日本人が受容する時など永遠に来るわけもない。
新しい文学、美術ならまだしも、未知の新しい音曲、イメージが全くわかない。音曲終了」


8 :名無しのひみつ:2012/08/11(土) 08:25:03.98 ID:Wuxue61J
80年代が最高


«  | HOME |  »