カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 小児


犬と育つ赤ちゃんは感染症にかかりにくくなる/フィンランド

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ベガスρ ★:2012/08/01(水) 14:41:11.67 ID:???
”犬と育つ赤ちゃん、感染症かかりにくく 北欧の研究報告”

犬と一緒に育った赤ちゃんは耳やのどの感染症になりにくく、抗生物質の使用も少なくて済むとの調査結果を
フィンランドのチームが米小児科学会誌(電子版)に発表した。動物との接触で細菌にさらされて免疫が発達し、
体が丈夫になるのではないかとみている。

フィンランドの乳児397人を対象に1歳になるまで毎週、健康状況や抗生物質の使用などを報告してもらった。
全体では7割が発熱を、約5割が抗生物質の使用を経験、中耳炎にかかった割合は4割だった。

このうち犬のいる家庭では中耳炎にかかる割合が半分近くに減り、発熱やせき、抗生物質を使用する割合も
1~3割少なかった。犬が屋外と屋内を行き来するような家庭ほど健康に育つ傾向が見られるといい、
研究チームは「犬が外で汚れて家に戻ってくるためではないか」と話している。

(この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。)

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0730/TKY201207300173.html

AAPの紹介記事
http://www.aap.org/en-us/about-the-aap/aap-press-room/Pages/Children-With-Early-Contact-With-Dogs-and-Cats-Are-Healthier.aspx
ABSTRACT
Respiratory Tract Illnesses During the First Year of Life: Effect of Dog and Cat Contacts
http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2012/07/03/peds.2011-2825

5 :名無しのひみつ:2012/08/01(水) 14:46:40.00 ID:Z5LCEBj5
泥遊びでも耐久力上がるとかいうもんな


8 :名無しのひみつ:2012/08/01(水) 14:52:00.46 ID:cYgL8qVJ

どっちなんだよ

「ペットはあくまでペット、過度のスキンシップは病気の元」と言っておいて

今度は「汚れた犬ほど良い」だってぇ

じゃ、風呂入らず・歯磨かず 今の生活が健康に良い事ってだな









13 :名無しのひみつ:2012/08/01(水) 15:15:33.77 ID:LbiFUGij
>>8
「過度のスキンシップ」ってのは、顔面舐められたりキスしてみたりっていう、動物との粘膜接触を何とも思わないアホのアレだろう。
犬が家のなかを汚すのとは、状況が少しばかり違うんでなかろうか。

牛舎の掃除をしている子供とかでも統計でてたような。



人畜共有感染症もいっぱいあるから、「適切な距離感」が必要だけどさ。


«  | HOME |  »