カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 数理工学


ヒット映画が封切前に分かる数理モデル 鳥取大チームが構築

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2012/06/15(金) 17:08:13.50 ID:???
ヒット映画が封切前に分かる数理モデル、鳥取大チームが構築
2012年06月15日 14:12 発信地:パリ/フランス

【6月15日 AFP】鳥取大学(Tottori University)工学部応用数理工学科の研究チームが構築した、
映画のヒット現象を予測する数理モデルが15日、
英物理学会誌「ニュー・ジャーナル・オブ・フィジックス(New Journal of Physics)」に掲載された。
映画制作会社から引っ張りだこの必勝方程式となりそうだ。

石井晃(Akira Ishii)教授らの研究チームは、映画公開前に投じられた宣伝費用や宣伝期間、
ソーシャルメディア上で話題となった頻度を測定する複数の数理モデルを使い、
米映画『ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)』『アバター(Avatar)』
『スパイダーマン3(Spider-Man 3)』のヒット予測を行った。

この事前予測と興行結果が一致したことから、研究チームではこの数理モデルによって、
ほぼ正確に映画のヒット度を予測できると結論付けた。
このモデルは、ダウンロード販売される楽曲やスナック菓子、清涼飲料といった商品市場のほか、
各種イベントの事業計画などにも応用できるのではないかという。

AFPの取材に応じた石井教授によると、この数理モデルの最大の利点は、
企業が宣伝費用を投じる最適なタイミングを把握できる点。
一般的なモデルを用いているため、日本以外の国でも活用できるという。(c)AFP
_____________

▽記事引用元 AFPBBNews
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2884207/9117865

▽関連リンク
New Journal of Physics
The ‘hit’ phenomenon: a mathematical model of human dynamics interactions as a stochastic process
http://iopscience.iop.org/1367-2630/14/6/063018
http://iopscience.iop.org/1367-2630/14/6/063018/pdf/1367-2630_14_6_063018.pdf

2 :名無しのひみつ:2012/06/15(金) 17:19:05.66 ID:gx5h00TZ
こういうモデルのせいでハリウッド映画は面白くなくなったんだよ
『その数学が戦略を決める』を読んでてそう思った



9 :名無しのひみつ:2012/06/15(金) 17:47:42.18 ID:VtrQ16Bk

>>2 だよな・・・  割り切れないものが面白いって多いな。


39 :名無しのひみつ:2012/06/16(土) 04:59:54.08 ID:/Ajg6tl8
>>2
俺もその本読んだ。

でも、米国でこの種の数理手法でなにもかも決めるのは、「絶対に儲けないといけない」
というプレッシャーからなんだよな。
ブロックバスター映画は撮影に1日あたりで億単位居るので、最初から予定通り売り上げ無いといけないが、
単なる娯楽にそういう精度を求めるのが悪い。

もっとコンパクトに作品を作れば良いのに。
映像はすごいけどテーマ性は読みきり漫画より浅いのに。


58 :名無しのひみつ:2012/06/16(土) 12:10:31.42 ID:mufVotpk
>>2
あれどんなのだっけ。ストーリーからヒットするかどうかが分かるんじゃなかったっけ?


7 :名無しのひみつ:2012/06/15(金) 17:28:44.80 ID:Eu09txX8
まぁこれは映画だからあれだが、
日本の韓流報道の多さと実際の視聴率は完全に反比例してるよなw
嫌韓どうのこうのじゃなくて。


«  | HOME |  »