カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 宇宙線物理学


8世紀、宇宙環境が大変動 宇宙線が前年比で過去3千年間では最大級の増加率で急増 屋久杉年輪に痕跡/名古屋大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼29-260,262@白夜φ ★:2012/06/04(月) 22:29:43.67 ID:???
8世紀、宇宙環境が大変動 超新星か太陽爆発か…原因は謎

奈良時代、宇宙環境に大変動があった―。
775年に地球外から飛来した宇宙線が前年比で過去3千年間では最大級の増加率で急増し、
原因が特定できないことを名古屋大・太陽地球環境研究所の増田公明准教授(宇宙線物理学)
らが明らかにし、3日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

樹齢約1900年の屋久杉に取り込まれた炭素濃度から分かった。
原因として(1)星が寿命を終える前に起こす「超新星爆発」でのガンマ線の大量放出
(2)太陽表面の超巨大爆発「スーパーフレア」による高エネルギー陽子の放出
―などが考えられるが、断定できないという。

2012/06/04 02:00 【共同通信】
______________

▽記事引用元 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012060301000748.html
名古屋大・太陽地球環境研究所の増田公明准教授と、解析に使用された屋久杉=5月、名古屋市千種区


▽関連サイト
*NATURE
Mysterious radiation burst recorded in tree rings
http://www.nature.com/news/mysterious-radiation-burst-recorded-in-tree-rings-1.10768
*名古屋大学
2012/06/04
8世紀における宇宙環境の大変動を発見?屋久杉年輪に大きな宇宙線変動の痕跡
http://www.nagoya-u.ac.jp/research/pdf/activities/20120604_stelab.pdf?20120604

*ご依頼いただきました。

5 :名無しのひみつ:2012/06/04(月) 22:43:45.72 ID:Aa21tr6U
奈良時代末期

よく、大仏建立による水銀汚染により平城京は荒れ果てたなんて説が出るが
太陽表面のスーパーフレア説というのは斬新だ

道鏡がリンガを振り回して権勢を振るったので世が乱れた、なんて言われるが
むしろその後の方が荒れてたんだなあ

また平安前期までの貴族は、反対勢力を中国の律令を参考に本気でぶち殺しまくったからな


7 :名無しのひみつ:2012/06/04(月) 22:48:29.89 ID:5NMPo9bP
やはり氷河期が来るのか?


«  | HOME |  »