カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 磁石


磁気モノポールを簡単な構造で作成できることを理論的に示す…首都大学東京

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :?2BP(1056)
N 極・S 極だけをもつ磁石・磁気モノポールの発見
首都大学東京大学院理工学研究科 多々良源准教授と竹内祥人研究員

首都大学東京大学院理工学研究科 准教授 多々良源と日本学術振興会特別研究員 竹内祥人は、
N 極または S 極だけをもつ磁石(磁気モノポール)を、普通の磁石と白金を組み合わせた簡単な
構造で作ることができることを理論的に示しました。

モノポールを磁石と白金の接合という簡単な構造で作ることができれば、
情報機器中で N 極だけをもつ磁石を作ることが可能になり、資源の埋蔵に問題のある
レアアース金属を利用せずに高密度デバイスを作成できる可能性があります。
またモノポールを操作し流れを作れば、磁場と電場を対等に操作することができるようになり、
これまでの動作原理を超えた新しい情報伝達や情報記録が可能になると期待されます。
自然界の磁石はすべて N 極と S 極からできており、それらを分離して N 極または S 極だけからなる
モノポールを作ることは通常不可能と考えられています。
ただし理論的には、モノポールの存在の可能性があることが 1931 年に Dirac1)により指摘されていました。
その後の研究により、モノポ ールは宇宙のビッグバンによる生成の直後(約 0.1 ナノ秒後 2))につくられた
可能性が明らかにさ れています 3)が、これまで行われた大規模な観測では
宇宙初期のモノポールは見つかっていません。
今回多々良、竹内は、物質中では対称性の法則が真空や空気中と異なることに着目し、
宇宙初期のような超高エネルギーを用いなくてもモノポールの生成が可能であることを示しました。
この際鍵となるのが白金のもつ強い量子力学及び相対性理論に基づく効果で、
これが普通の磁石を構成しているスピン 4)の運動を電子の運動に変換するはたらきをしています。
このために磁石の向きを変化させると電子の運動がおき、このときにモノポールがつくられます。
つまり白金のもつ相対論効果は、スピンの住む世界と電子や電荷の住む世界をつなぐ役割を果たしており、
これによりモノポールの生成が起きます。

この成果は、日本物理学会が発行する英文誌 Journal of the Physical Society of Japan (JPSJ)の
2012 年 3 月号に注目論文(Editors' Choice)として掲載される予定です。

首都大学東京
http://www.tmu.ac.jp/news/topics/4376.html?d=assets/files/download/thesis/press_120227.pdf
Journal of the Physical Society of Japan
http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/81/033705/

3 :名無しのひみつ:2012/02/27(月) 19:15:09.65 ID:aTGJsQSm
本気!かよ


4 :?2BP(1056)
別紙1

【研究成果概要】

磁石をどれほど小さくしていっても N 極と S 極を引き離す事はできない。
この例外となる N 極も しくは S 極単体を構成する素粒子である磁気モノポールは、
ディラックが 1931 年にその存在可能 性を理論的に示して以来、
数多くの研究者たちがこの探索に身を投じてきた。
しかし、残念ながら 今日に至るまで自然界にそのような粒子の存在は確認されていない。
最近竹内らは、白金のような相対論的効果であるスピン軌道相互作用が強い物質と、
磁石とを接 合させた試料を用いる事で、磁気モノポールが現れる新しい機構を発見した。
ここの本質的な役割 を担っているスピン軌道相互作用は、
磁石を構成する最小単位の磁石である電子スピンの運動と、
電子自身の運動とを互いに結び付ける働きをする。
竹内らは、それにより磁石中の磁化がコマのよ うに歳差運動すると電子の流れが誘起され、
この過程で磁気モノポールが生成される事を理論的に 明らかにした(図1)。

電子のように電気の源となる電荷を持ち自由に動き回る粒子が存在するのだから、
磁気の源である磁荷を持った粒子も同じように存在するはず、と考える事は至極当たり前である。
しかし、重力 以外の自然界に存在する根源的な力を統一させる大統一理論では、
磁気モノポールの生成には宇宙 誕生初期に相当する巨大なエネルギーが必要である事が示されており、
当然ながら現在地球上でそ れを生み出す術はない。
竹内らの発見は、磁石中では重い元素が持っている相対論的な効果を用い る事で、
実験室で磁気モノポールを生成する事が可能となる事を明らかにしたもので、
物質中の自 然法則を大きく発展させた。

磁気モノポールは、N 極と S 極が完全に分離しているために磁気的な情報を
より遠くまで伝える ことができ、また全く新しい機構で磁気と電気をつなぐ役割を果たすため、
科学技術への応用も期 待される。実際、現在の磁気記録では電流が流れると
その周りに磁気的な力が誘起されるという 19 世紀に発見されたアンペールの法則が利用されているが、
磁気モノポールを利用すれば電気的な力 を同じ様に磁気モノポールの流れから作る事ができる。
つまり、電磁気学の完成した 19 世紀以来 初めて我々は電気と磁気とを
対等に扱う事が可能になるのである。磁気モノポールを活用したこの 技術は、
既存の方法では近い将来限界をむかえるデバイスの高密度集積化や省エネルギー化、
新た な情報通信技術の開発等に関する活路を切り開く可能性を秘めている。


«  | HOME |  »