カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 自然現象/画像


海棲生物を襲い凍らせる『死のつらら ブライニクル』、南極で撮影に初成功/BBC

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :星降るφ ★:2011/12/01(木) 10:53:35.13 ID:???
『死のつらら』と呼ばれる驚異の自然現象!? 世界で初めて撮影される
2011年11月29日

南極大陸・ロスエーゲ海近くにある小さな島ラゾールバック。凍てつく寒さの中イギリスのテレビ局
BBCのカメラクルーは、驚異の自然現象の撮影に世界で初めて成功しました。

彼らが捉えたのは、触れたもの全てを凍らせてしまう海の冷たい殺し屋『ブライニクル』。これは、
1960年代に存在がすでに確認されていた自然現象のひとつですが、現在まで誰ひとりその姿をカメラに
おさめた者はいなかったそうです。

『ブライニクル』は、その美しい姿から、1974年まで氷の鍾乳石と呼ばれていました。しかし、
『ブライニクル』が放つ強い冷気に触れると、どんな生き物でも凍りつき死んでしまうことから、
『死のつらら』と呼ばれるようになったのです。映像をみると、『ブライニクル』の通り道にいた
ウニやヒトデがその進行に合わせてみるみる凍っていくのがわかります。

この現象は、海の中に0度以下の塩水が流れ込んだ時に起きるといわれています。風が止み気温が
下がると、海の表面の水分だけが次第に凍っていき、塩分は凍らずに残ります。その濃い塩分を含んだ
海水が氷の表面に留まり、急速な外気の温度低下によって、氷のすき間から海中に流れ込むのです。
これが、『ブライニクル』と呼ばれる現象の実態です。

外気と海中の温度差が激しいときに起きる『ブライニクル』の姿をとらえるまで、撮影隊は相当の
苦労を要されたよう。この映像撮影時の海中の温度はマイナス1.9度、海面の温度はなんとマイナス20度
だったそうです。この寒さの中、カメラクルーは5~6時間も海底に座り続けていたというのだから、
聞いているだけで背筋が寒くなってしまいます。

通常の海水より密度が高く、大気のつららより非常に速い速度で成長していく、驚異の自然現象
『ブライニクル』。奇跡の映像は、『フローズン・プラネット』というタイトルで、11月23日にBBCで
放送されました。息を飲むほど美しくそして冷徹なその姿を、じっくりとご覧ください。

▽記事引用元 Pouch
http://youpouch.com/2011/11/29/45120/

▽画像







▽関連 BBC Nature News(動画もこちらで)
'Brinicle' ice finger of death filmed in Antarctic"
http://www.bbc.co.uk/nature/15835017

3 :名無しのひみつ:2011/12/01(木) 10:57:46.21 ID:SUt1dlnu
無頼に来る 


4 :名無しのひみつ:2011/12/01(木) 10:59:23.16 ID:fPL/Shnc
及川つららちゃんになら殺されてもいい。


«  | HOME |  »