カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 太陽活動


巨大黒点 肉眼観察が可能な大きさ、地球と対面位置に移動 電磁波が放出されれば地球を直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :星降るφ ★:2011/11/12(土) 02:23:11.32 ID:???
地球をにらむ太陽の巨大黒点
Jason Major
for National Geographic News
November 11, 2011

 確認されたものでは2005年以来最大となる活動領域が、太陽の自転に伴い、地球と対面する
太陽表面の中心部に移動してきた。現在の位置から電磁波が放出されれば、地球を直撃する。

 活動領域(AR)1339と呼ばれるこの磁気活動域は当初、太陽の北西部の端を観測しようとした
人工衛星により発見された。さらに11月第1週に入り、地球上に設置された天体望遠鏡でもその
巨大さが確認できるようになった。

 観測により、これは標準的な黒点ではなく、巨大な黒点の集まりであることが明らかになった。
中には地球1個分をも上回る大きさを持つものもある。実際、AR 1339は地球からでも肉眼での
観察が理論的には可能なほどの大きさだ。

「肉眼観察が可能なレベルの大きさの黒点が発生することはあまりない」と、スタンフォード
大学のフィリップ・H・シェラー教授は語る。一方で同教授は、太陽を肉眼で直接観察することは
非常に危険なので絶対にやってはいけないと注意を促した。観測の際、光学機器には必ず太陽観察
専用フィルターを装着する。もしくはピンホール投影など、間接的に太陽を観察する方法もある。

 11月3日には、AR 1339は最もX線の強度が強いとされる「Xクラス」のフレアを何度か発生
させたが、これは地球を直撃することはなかった。その後AR 1339は比較的静かな状態を保って
いる。しかし今後数日間は地球に直面する位置にとどまる見込みで、いつ何時さらなるフレアを
放ってもおかしくない。

◆巨大黒点がオーロラの活動を活発に?

 黒点は太陽表面の磁気活動が活発な領域で、周囲の平均温度が摂氏約5500度なのに対し黒点は
約3300度と、比較的低温であるため暗く見える。

 AR 1399を構成する黒点には地球と同程度の大きさのものも多く、黒点群全体では地球直径の
約17倍、木星の直径をも超える大きさだ。

 黒点は太陽フレアの最も発生しやすい場所とされ、こうした活動領域の磁場に蓄えられた
エネルギーが放出されると、これが太陽フレアとなって強烈な電磁波を太陽系内にまき散らす。

 これが地球に向かうと、噴出された太陽エネルギーが地球の磁気圏と反応し、大気中の分子に
余剰エネルギーが与えられる。するとこのエネルギーは光として放出され、オーロラが発生する。

 特に強い磁気嵐が起きると、通常より明るく、大規模なオーロラが起きる。10月24日にも
このようなケースがあり、この時はオクラホマ、ジョージア、テキサスなど、米国の南部諸州でも
オーロラの発生が報告された。

◆人工衛星、宇宙飛行士へのリスクも

 オーロラは確かに美しいが、太陽の電磁波放出はある程度のリスクも伴う。太陽フレアが放つ
X線エネルギーが、地球の大気上層部の状態に変化を及ぼして通信衛星の機能を混乱させ、さらには
完全に通信不能の状態に陥れることさえある。

 加えて、電磁波の増大は民間航空のパイロットや宇宙飛行士の健康に懸念を引き起こす恐れもある。
ここには現在国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のクルーも含まれる。

(>>2以降に続く)

▽記事引用元 ナショナルジオグラフィック ニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111111002&expand#title

▽画像 AR 1399と呼ばれる巨大な黒点群。アマチュア天文家が11月6日に撮影した。


4 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 02:27:13.60 ID:uErL2ee4
こえーなオイ


7 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 02:30:00.68 ID:jViTvA5m
今後、何日間は太陽見てたら失明しちゃうのか?


«  | HOME |  »