カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 獣医学


犬のがん発症率1番はゴールデン、2位はパグ 犬種が作られる過程でがんになりやすい遺伝子を持つようになった可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :pureφ ★:2011/11/06(日) 12:18:50.58 ID:???
犬のがん:発症率1番はゴールデン、2位はパグ


がんの発症率が最も高かったゴールデンレトリバー=アニコム損害保険提供

 犬の種類によってがんのなりやすさが異なることが、ペット保険大手のアニコム損害保険(東京
都新宿区)の調査でわかった。犬種が作られる過程でがんになりやすい遺伝子を持つようになった
可能性があるという。

 08年度に契約した0~10歳の犬21万7150頭のうち、皮膚がん、乳がん、悪性リンパ腫など
腫瘍ができる病気(良性を含む)の治療で保険金請求のあった7463頭を調べた。その結果、
犬種別でゴールデンレトリバー(15.4%)が最も発症率が高く、パグ(11.8%)、ラブラドルレト
リバー(11.6%)、ミニチュアシュナウザー(9.1%)、ウェルシュコーギーペンブローク(8.3%)が
続いた。

 発症年齢は、人で40代後半に相当する7歳で10.1%、10歳では6頭に1頭に当たる17.5
%。犬は人より若いうちから発症しやすい傾向がみられた。

 一方、手術や放射線照射などの年間診療費は10歳の雄で平均8万125円、雌で同9万
1862円だった。

 同社の井上舞獣医師は「早期発見できれば、長生きすることも可能だ。腫れたところの有無、
食欲の変化、下痢や血便に注意してほしい」と話す。【斎藤広子】

毎日新聞 2011年11月4日 11時48分(最終更新 11月4日 14時59分)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111104k0000e040046000c.html
【生物】イヌの家畜化 東アジア起源説に疑問
【生物】オオカミは白かった?イエイヌの黒い毛の遺伝子変異が交雑でオオカミに移った可能性 画像あり
【社会生物学】「イヌも嫉妬する」 飼い主ならだれでも思い当たる行動を科学的に研究、再確認 ウィーン大学・犬専門認知科学者
【デンマーク】いつもの街灯で片脚をあげたイヌ、飼い主とともに感電
【イヌブルセラ症】集団感染 施設利用の犬も疑陽性 拡大へ不安募る--東京・千葉
【アメリカ】犬ぞりレースのイヌはなぜ長期間走り続けられるのか?
【イタリア】イヌのふん「容疑者特定」にDNA採用、飼い主を特定し罰金へ
【生物】イヌとネコは仲良く暮らせる:定説覆す研究結果=テルアビブ大学

3 :名無しのひみつ:2011/11/06(日) 12:20:33.70 ID:TXp2nODs
飼い犬は野生じゃないからガンになるのかな


4 :名無しのひみつ:2011/11/06(日) 12:22:42.41 ID:oJGsz6tp
それらの犬種を飼うのはリッチな人だから、
贅沢なもん食わせてるからガンになりやすいんじゃね?


30 :名無しのひみつ:2011/11/06(日) 13:58:14.51 ID:MVmLwDQG
>>4
贅沢なもの食ってたらガンになりやすくなるのか?すごいなお前、なんか賞を受賞できんじゃね?しねよていのう


76 :名無しのひみつ:2011/11/08(火) 07:17:18.02 ID:L/LysBm+
>>30

栄養バランスが通常の食生活とは異なるだろうから、あながち
間違いでもないのでは?


«  | HOME |  »