カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > イグ・ノーベル賞


日本のおしゃべり妨害器に音響学賞/AIST・JST

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :チリ人φ ★:2012/09/21(金) 20:56:20.06 ID:???
人々を笑わせ、考えさせる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の今年の授賞式が20日、米ハーバード大で
開かれ、しゃべっている人を黙らせる装置「スピーチジャマー(おしゃべり妨害器)」を発明した産業技術総合
研究所の栗原一貴研究員(34)と、科学技術振興機構の塚田浩二研究員(35)の2人が「音響学賞」に
選ばれた。

装置は、特定の方向からの音だけを拾う指向性マイクと、音を遅らせる電気回路、特定の方向だけに音を出す
指向性スピーカーを組み合わせた。おしゃべりしている人に向けると、その人の声を拾い、0・2~0・3秒遅れて
本人に送り返す。微妙に遅れて届く自分の声に脳が混乱し、しゃべり続けられなくなる。

会議で延々としゃべり続ける人や、映画館で私語をやめない人などに向けて使うことを想定。周囲の人には
影響がなく、装置を向けられた人も、黙れば効果が消えるため実害はない。

2人はともに情報学系の博士号を持ち、人間と機械の情報のやり取りを研究する専門家。自分の声が遅れて
聞こえると脳が混乱する「聴覚遅延フィードバック」という仕組みを知り、応用を考えついた。

授賞式で2人は、ゲストのノーベル賞受賞者に対し3メートルほどの距離から「スピーチジャマー」の効果を試す
実演をしたが、スピーチを止めることができず、会場は笑いに包まれた。

今年のイグ・ノーベル賞にはこのほか、女性の髪形のポニーテールの動きとバランスを計算した研究が
「物理学賞」に、体を左に傾けながらパリのエッフェル塔を眺めると塔の高さが低く見える研究が「心理学賞」に
それぞれ選ばれた。

◆イグ・ノーベル賞=米ハーバード大学系の科学誌「ユーモア科学研究ジャーナル」の編集長が1991年に
創設。医学、物理学、化学、平和などの賞がある。賞の名前のイグには「反対の」という意味があり、
「裏ノーベル賞」という意味合いがあるほか、「ノーブル(高貴な)」の反対語「イグノーブル(下品な)」にも
かけている。日本人の研究は、仮想ペット「たまごっち」などが過去に選ばれている。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120921-OYT1T00540.htm



産総研 - トピックス - 2012年 イグノーベル賞を受賞
http://www.aist.go.jp/aist_j/topics/to2012/to20120921/to20120921.html
【イグ・ノーベル賞】田島氏ら7人 わさび臭の火災警報装置で化学賞受賞

2 :名無しのひみつ:2012/09/21(金) 20:57:16.45 ID:UJBdaFz5
2なら香川くんに跨がり私カウガールで昇天


4 :名無しのひみつ:2012/09/21(金) 20:59:25.91 ID:DMx5ouvg
耳が遠い人には効かないんだろう


田島氏ら7人 わさび臭の火災警報装置で化学賞受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 : ◆EVZZPPyfU6 @ウェザーρ ★:2011/09/30(金) 10:55:10.98 ID:???
イグ・ノーベル賞に日本の7人 わさび臭の火災警報装置 化学賞
2011/9/30 10:07

【ケンブリッジ=共同】ユーモアあふれる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が29日、
米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれた。わさびのにおいがする気体を噴射して
聴覚障害者に火災を知らせる警報装置を開発した田島幸信・香りマーケティング協会理事長(57)、
今井真滋賀医科大講師(49)ら日本人7人が化学賞を共同受賞した。

日本人のイグ・ノーベル賞受賞は5年連続。今回は「火災など緊急時に眠っている人を起こすのに
適切な空気中のわさびの濃度発見と、これを利用したわさび警報装置の開発」が授賞対象となり、
「非常にユニークかつ実用的」(同賞事務局)と評価された。

授賞式前、田島理事長は「聴覚障害者に危険を知らせるために考えた技術が世界に評価されて、
本当にうれしい」と述べ、今井講師も「受賞の知らせにびっくりした」と喜びを語った。

警報装置はシームス(東京)が開発。同社の漆畑直樹社長(46)も共同受賞者に入った。
睡眠障害が専門の今井講師は臨床試験で貢献。気体噴射機の部分はエア・ウォーター防災(神戸市)が提供し、
同社の2人も受賞した。

このほか「強い尿意が意思決定に与える影響」を研究したオランダ、英国、米国などのチームに医学賞が、
「違法駐車している高級車を装甲車で踏みつぶして問題解決」できることを示したリトアニアの首都
ビリニュスの市長に平和賞が与えられた。

◆イグ・ノーベル賞公式サイト
http://www.improbable.com/

◆匂いで情報を伝える研究開発(田島幸信氏)
http://barrierfree.nict.go.jp/topic/service/20090608/index.html

▽ソース:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E1E2E2E2908DE1E2E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2
▽画像:ハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞授賞式を前に喜びを語る、田島幸信氏(左)と今井真氏=29日、米マサチューセッツ州ケンブリッジ(共同)


2 :名無しのひみつ:2011/09/30(金) 10:57:47.28 ID:i3BDkBM8
変態さんの研究は楽しそうだなw


4 :名無しのひみつ:2011/09/30(金) 11:00:39.95 ID:d2p1sJ1D
寿司屋とワサビ加工場には、別の臭にしないと・・・


«  | HOME |  »