カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 遺伝子操作


韓国の研究チームが「光る犬」発表、難病治療に貢献との見方

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2011/07/29(金) 00:09:41.21 ID:???
韓国の研究チームが「光る犬」発表、難病治療に貢献との見方
2011年 07月 28日 09:48 JST

[ソウル 27日 ロイター] 韓国・ソウル大学の科学者チームが27日、クローン技術を
用いて「光る犬」を創り出したと発表した。アルツハイマー病やパーキンソン病など人間
の難病治療に役立つ可能性があるという。聨合ニュースが伝えた。
 
研究では、遺伝子操作で2009年に誕生したメスのビーグル犬「Tegon」に、
抗生物質のドキシサイクリンを投与すると、紫外線下で蛍光緑の光を放つことが分かった。
犬の食物に薬を加えることで、光を放ったり消したりすることができるという。

研究チームを率いるLee Byeong-chun氏は「Tegonの存在は新たな可能性を広げる」とし、
犬を光らせるために組み込んだ遺伝子を、人間に難病をもたらす遺伝子に置き換えられると
説明した。

また同氏によると、人間と犬は268の病気を共有しており、人工的にそのような病気の症状を
患う犬を創り出すことで、難病治療の開発に貢献できる可能性があるという。
________________

▽記事引用元 REUTERS
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-22401620110728


3 :名無しのひみつ:2011/07/29(金) 00:10:34.81 ID:2DK8op8J
昔どこかで見たな


4 :名無しのひみつ:2011/07/29(金) 00:12:31.97 ID:ob/J1C7P
ES細胞の捏造やった韓国人


«  | HOME |  »