カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 宇宙産業


新ロケット「イプシロン」開発状況説明

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :宇宙三銃士スターボーφ ★:2011/06/18(土) 11:12:10.87 ID:???
 ロケット打ち上げに関係する自治体や商工関係者らでつくる県(記者注:鹿児島県)宇宙開発促進協議会
(会長=伊藤知事)の総会が16日、鹿児島市のホテルで開かれ、宇宙航空研究開発機構の担当者が、
2013年度に内之浦宇宙空間観測所(肝付町)から打ち上げる予定の「イプシロン」ロケットの開発状況を説明した。

 イプシロンは、小惑星探査機「はやぶさ」などを搭載したM5の後継となる固体燃料ロケットで、全長24メートル、
重さ90トンの3段式。1段目のエンジンは、国産主力のH2Aの補助ロケット(SRB―A)を活用、2、3段目は
M5のエンジンを改良する。

 総会で説明に立った同機構プロジェクトマネジャーの森田泰弘さん(53)は、衛星打ち上げ能力は1・2トンで
M5の3分の2になるが、費用は38億円と半分に抑えられるメリットを強調。打ち上げ方式を抜本的に変更、
管制作業も少人数でできるようにすると説明した。

 森田さんは「固体ロケットの『聖地』である内之浦から新しいロケットを飛ばせるのはうれしい」と喜び、
「発射場設備の見直しや新技術の導入で、打ち上げ機会を増やしたい」と話した。

 協議会は、全国で唯一、2か所のロケット発射場を持つ鹿児島で、宇宙機構の事業への協力のあり方を
話し合うのが目的。この日は、毎年実施している政府への要望事項について協議した。

 在日米軍の空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転候補地として検討されている西之表市・馬毛島について、
協議会としては引き続き、宇宙往還機の着陸場建設を求めていくことで合意した。

(2011年6月18日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20110618-OYT8T00090.htm

2 :名無しのひみつ:2011/06/18(土) 11:16:35.53 ID:ABMHkj0e
ちょうど
ボトムズ見てたところだ


3 :名無しのひみつ:2011/06/18(土) 11:20:54.96 ID:AnoT/sgg
山佐がパチスロで開発済み


«  | HOME |  »