カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 素粒子


ヒッグス粒子とみられる粒子をCERNの実験で観測~125.3± 0.6 GeV,統計的有意性は4.9σ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :?2BP(1056)
長年探索してきたヒッグスボゾンとみられる粒子を CERN の実験で観測

ジュネーブ発 2012 年 7 月 4 日、本日のCERNでのセミナーは、
メルボルンで開かれる今年の重要な国際会議ICHEPの序幕となるものであるが、
そこで、ATLAS と CMSの両実験は長年続けてきたヒッグス粒子の探索に関して最新の暫定結果を発表した。
両方の実験ともに質量 125-126GeV 付近に新粒子を観測した。

「私たちは、126GeV 付近の質量領域に、5σ程度の、顕著な新粒子の信号を観測した。
LHC と ATLAS 測定器の非常に優れた性能と、多くの人の多大な労力により、
このすばらしい結果が出てきた。」ATLAS 実験代表者のファビオラ・ジャノッティ氏は語る。
「しかし、この結果を論文として正式発表するまでにはもう少し時間が必要である。」

「今日見せる結果はまだ暫定的なものであるが、125GeV 付近に 5σの信号が見えているということは画期的だ。
これはまさに新粒子である。(スピンが整数の)ボゾン(ボーズ粒子)であることがわかるので、
これまで発見されたボゾンの中で最も重いものだ。」CMS の実験代表者のジョー・インカンデラ氏は語る。
「これが意味するものは非常に重要で、だからこそ私たちは非常に念入りに解析と検証を進めなくてはいけない。」

「この結果には興奮を禁じ得ない」CERN の研究担当副所長のセルジオ・ベルトルッチ氏は続ける。
「昨年、私たちは『2012 年にはヒッグス粒子のような粒子を発見するか、
標準理論が言うヒッグス粒子を否定できる』と言った。
非常に慎重に進めないといけないが、私には今や重要な分岐点にいると思われる。
この新粒子が観測されたということで、さらに精密な理解をするための今後の道筋が見えてきた。」

今回セミナーで見せた結果は「暫定的」なものである。2011 年と 2012 年に収集したデータを基にしているが、
2012 年のデータはまだ解析途中にある。今回の解析結果の最終公表は 7 月末になると考えられる。
LHCの両実験がさらにデータを収集した後に、今年中には今回の観測結果の全体像が見えてくる。

この粒子の性質を精密に測定し、宇宙を理解するうえでどのような役割をはたしているかを明らかにすることが
次のステップである。この粒子の性質は、長年探してきた標準理論最後の未発見粒子、
ヒッグスボゾンと一致するのか?あるいはもっと奇妙な粒子であるのか?
標準理論は、我々自身やや宇宙で実際に見えている物質を形作っている基本粒子の性質と、
その間に働く力を記述する理論である。
しかし我々が観測できる物質は宇宙全体のわずか 4%に満たないと考えられている。
ヒッグス粒子の性質が標準理論の予想と異なることがわかれば、
まだ得体のしれない宇宙の 96%の成分の理解につながる可能性がある。

「自然を理解する上での新たな段階に入った」CERN 所長のロルフ・ホイヤー氏は語る。
「ヒッグスボゾンとみられる粒子の発見は、それの詳細な研究へと続いていく。
たくさんのデータを溜めることで、新粒子の性質をさらに調べることができ、
そこから我々の宇宙の他の謎を解き明かすことができるかもしれない。」

新粒子の特徴をきちんと同定するには、多くのデータと時間が必要だ。
しかし、ヒッグス粒子がどのような形で現れようとも、物質の基本構造に対する我々の理解は、
今まさに次の段階に進むといえる。

(日本時間2012年7月4日17:00発表)

LHC アトラス実験
https://sites.google.com/site/lhcpr2011/20120704

※CERNからの中継の実況を禁止します。

2 :名無しのひみつ:2012/07/04(水) 17:15:17.94 ID:RaJvHiux
エル・プサイ・コンガリィ


28 :名無しのひみつ:2012/07/04(水) 17:25:58.83 ID:/LOSLuti
>>2

ルカ子乙


3 :名無しのひみつ:2012/07/04(水) 17:15:31.30 ID:EIqSWnRT


  ヒックション!






「神の粒子」確証得た?…「ヒッグス粒子」の検出実験についての最新成果を来月発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/06/27(水) 17:06:05.76 ID:???
物質を構成する素粒子に質量を与え、「神の粒子」とも呼ばれる「ヒッグス粒子」の検出実験について、
国際的な素粒子の研究機関である欧州合同原子核研究機関(CERN)が来月4日、最新成果を発表する。

ヒッグス粒子はノーベル物理学賞の南部陽一郎博士の理論などから存在が予測された未知の粒子で、
発見されれば、ノーベル賞の受賞は確実と言われている。データが今年はすでに昨年1年間の約1・2倍
集まっている。ヒッグス粒子の「確証」を得ている可能性があり、発表内容が注目される。

発表するのは、日本の研究者も参加する「ATLAS」と、欧米を中心とする「CMS」の2チームの実験結果。
CERNの大型加速器を使って、別々にヒッグス粒子を探している。両チームとも昨年12月、陽子より約130倍
重い未知の粒子のデータを得ており、ヒッグス粒子の可能性は最大99%以上と見積もった。

しかし、物理学の世界では「発見」には99・9999%以上の確率が必要だ。

画像


ソース
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120625-OYT1T00966.htm

6 :名無しのひみつ:2012/06/27(水) 17:15:53.46 ID:w8r2H7v1
なんで、重力を与えるボゾンが「神」の粒子なんだ?

意味が分からん。


10 :名無しのひみつ:2012/06/27(水) 17:23:42.85 ID:iVCmmPKk
やっぱり三十三間堂を全力疾走しないと神の領域には近づけないのでは


ヒッグス粒子、発見の可能性高まる 国際2グループ、来年に結論

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :?2BP(1056)
 物質に重さ(質量)を与えているとされる未知の素粒子「ヒッグス粒子」の歴史的な発見を目指している
日欧米などの2つの国際実験グループが日本時間13日、欧州合同原子核研究機関(CERN)で
中間報告を行い、「かなり興味をそそる示唆が出てきた」との統一見解を発表した。
ヒッグス粒子発見の可能性は高まっているといい、追加実験を経て来年中に確実な結論を出せるとしている。

 ヒッグス粒子は物質の最小単位である素粒子の一つで約50年前に存在が予言されたが、
まだ見つかっていない。実験に参加している浅井祥仁東京大准教授(素粒子物理学)は
「発見や兆候とはいえないが、手応えを感じている」と興奮気味に話した。

 発表したのは東京大や高エネルギー加速器研究機構など国内の15機関も参加する日米欧の「アトラス」と、
欧米中心の「CMS」の2グループ。
スイス・フランス国境にあるCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使い、
ほぼ光速まで加速した陽子同士を衝突させて崩壊の様子を調べてきた。
 統一見解などによると、今年2月から10月までの両グループのデータを分析した結果、
115~130ギガ電子ボルトの質量範囲でヒッグス粒子の存在につながり得る事象が見つかった。

 アトラスの実験結果では、現段階でヒッグス粒子が存在する確からしさは98・9%。
素粒子物理学での発見は99・9999%以上の正確さが必要で、来年4月に追加実験を行う。

 両グループの質量の範囲はわずかにずれているが、大半は重なっている。
浅井准教授は「独立した2つの実験でも重なっている点が非常に重要。
この範囲はこれまでの予測とも一致している」と指摘した。

msn.(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/111213/scn11121323300001-n1.htm

●ヒッグス粒子、発見へ前進 宇宙の成り立ち解明へ  「万物の重さの起源」 来年中にも存在確認か

 欧州合同原子核研究機関(CERN)は13日、2つの国際研究チームによる実験で、
万物の重さ(質量)の起源とされる「ヒッグス粒子」を発見できる可能性が高まり、
研究が大きく前進したと発表した。
来年いっぱいデータを集めれば、ヒッグス粒子の存在を確認できる期待が膨らんできたという。

 宇宙がいつどのように誕生し、どうやって今の姿になったのかを、長年、世界の科学者らが探究してきた。
40年以上も前に提唱されたヒッグス粒子が見つかれば、物質が質量を持った謎が解け、
現在の宇宙理論の大きな裏付けとなる。ノーベル賞級の成果といえる。

 ジュネーブ郊外にある1周約27キロメートルの大型加速器で陽子と陽子とを光速近くに加速させて衝突させ、
研究チームの名前にもなっている「アトラス」「CMS」という2つの実験装置で別々に粒子の性質を調べた。
アトラスには日本から東京大学、高エネルギー加速器研究機構など15の大学・機関が参加している。
 2月末から10月末までの実験データを解析したところ、アトラスの場合、
ヒッグス粒子が存在する確からしさは98.9%だった。物理学の世界ではこの数字が99.9999%だと発見となる。

 実験結果についてCERNは「ヒッグス粒子の発見というには、まだ十分ではない」としながらも、
「興味をそそられるヒントが2つの実験から出てきた」とコメントした。
 現在の素粒子物理学を支える「標準理論」では、宇宙はビッグバン(大爆発)によって誕生し、
その時、様々な種類の素粒子が生まれた。
最初は質量を持たず、真空中を光速で自由に飛び回っていたが、その後、
ヒッグス粒子が満たされた「ヒッグスの海」の登場で動きにくくなり、質量が生まれたと説明される。
 ヒッグス粒子を巡る今回の成果は、CERNが事前に13日に発表するとアナウンスしたため、
「世紀の大発見か」と国内外で話題になっていた。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E3E1E2E09C8DE3E1E3E0E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

参考
現状報告20111213
https://sites.google.com/site/lhcpr2011/xian-zhuang-bao-gao201112
ATLAS CONF Notes
https://atlas.web.cern.ch/Atlas/GROUPS/PHYSICS/CONFNOTES/

2 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2011/12/14(水) 00:02:55.46 ID:??? ?2BP(1056)
行数一杯だった!
※実況禁止です。


4 :名無しのひみつ:2011/12/14(水) 00:05:09.62 ID:fie2z/yl

予算が欲しいから大げさに発表してるだけと思う


ノーベル賞級は幻に…未知の粒子、事実上撤回 米研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :おばさんと呼ばれた日φ ★:2011/06/20(月) 12:32:09.82 ID:???
米フェルミ国立加速器研究所(イリノイ州)は、同研究所の大型加速器テバトロンで見つかった可能性がある
としていた未知の粒子について、別のチームの実験で確認できなかったと発表した。本当ならノーベル賞級の
発見とみられていたが、誤りの可能性が高くなった。

この粒子は、自然界にある4種類の力以外の力の存在を示唆する粒子の候補として同研究所が4月に発表した。
確認作業が続いていたが、「見つけた可能性がある」とするチームと別のチームが独自にデータの分析をしたところ、
「見つかった」根拠となる特徴的なデータが存在しないことがわかったという。

ソース
http://www.asahi.com/science/update/0620/TKY201106200085.html

2 :名無しのひみつ:2011/06/20(月) 12:33:35.14 ID:elqkBxB6
間違いを認められることは大事なことですね


7 :名無しのひみつ:2011/06/20(月) 12:40:03.06 ID:I2cN3X1s
>>2
そう思う。
特に、自分の失策を頑なに認めようとしない亡国(某国)の首相には
爪の垢を煎じて飲ませたい



12 :名無しのひみつ:2011/06/20(月) 12:44:24.56 ID:62ysf2i6
>>7

ま、政治の場合は、それが本当に間違いかどうかは後世の歴史家が判断することだからな。


30 :名無しのひみつ:2011/06/20(月) 13:38:53.17 ID:wD1AyMe0
>>7
失策?
津波の前のM6の地震程度で電源喪失してたじゃん。w
あの時点で積んでたしその後は何やったっておまけみたいなもん。
菅下しは現状都合が悪い奴らがあがいてるだけ。


68 :名無しのひみつ:2011/06/20(月) 20:12:19.28 ID:uojFAC0D
>>2
俺も心から同意
でも間違いを見つけるのもなかなか大変なんだよな


3 :名無しのひみつ:2011/06/20(月) 12:34:10.78 ID:6cRFLLi2
エネルギー業界に潰されたか…


ノーベル賞級!? 現代物理学で定義できない粒子発見か 米フェルミ国立加速器研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ブラックジャック主夫φ ★:2011/04/09(土) 11:05:03.58 ID:???
★ノーベル賞級!? 現代物理学で定義できない粒子発見か

 米フェルミ国立加速器研究所(イリノイ州)は7日、同研究所の大型加速器テバトロンで、
現代素粒子物理学の枠組みである「標準模型」で想定されない全く未知の粒子が
見つかった可能性がある、と発表した。自然界にある4種類の力以外の力の存在を示唆しており、
確認されれば、私たちの自然観を変えるノーベル賞級の発見となる。

 自然界には、比較的なじみのある重力や電磁力に加え、原子核の中で陽子と中性子を結びつける
「強い力」と、原子核の崩壊を起こす「弱い力」と計四つの力があると考えられる。
標準模型は重力を除く三つをうまく説明し、反する現象がほとんど見つからないことから、
自然をよく記述すると考えられている。

 ところがテバトロンの実験で、トップクォークと呼ばれる素粒子よりやや軽い質量
(140ギガ電子ボルト程度)を持ち、「第五の力」ともいうべき未知の力の特徴がある粒子の存在を
示すデータが得られた。

 この粒子は質量の起源とされる「ヒッグス粒子」、宇宙の質量の約2割を占める暗黒物質の候補
「超対称性粒子」といった存在が想定されながらも未発見の粒子とは別だ。

 現在99.93%の確率で確認しているが、素粒子物理学の慣例で確率99.9999%で確認しないと
「発見」と見なされないため、テバトロンの実験チームは、ヒッグス粒子探しなどで競う欧州の
大型加速器LHCのチームとも協力してデータを積み重ね、確認を目指す。(ワシントン=勝田敏彦)
.
▽ソース 朝日新聞(asahi.com) 2011年4月9日10時32分
http://www.asahi.com/science/update/0409/TKY201104090120.html

2 :名無しのひみつ:2011/04/09(土) 11:06:02.03 ID:qd2Bez31
GN粒子か!



9 :名無しのひみつ:2011/04/09(土) 11:10:03.14 ID:D9hFrssd
>>2

はづかしーw


4 :名無しのひみつ:2011/04/09(土) 11:06:50.03 ID:wmCQgmsR
仲間が増えるね


«  | HOME |  »