カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 原発/環境


放射線のがんリスク、100ミリシーベルトで受動喫煙なみ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :?PLT(14645)
 放射線を健康に影響が出るとされる100ミリシーベルト程度浴びた場合でも、がんの発生する
リスクは受動喫煙や野菜不足並みにとどまることが、国立がん研究センターの調べでわかった。
肥満や大量の飲酒、喫煙に比べると低い。低線量の放射線による健康影響を考えるうえで、ひ
とつの目安になりそうだ。

 広島、長崎の原子爆弾で被爆した人のうち約4万4000人が、その後、どの程度の割合で肺がん
などを発症したかを長期間にわたって追跡調査した放射線影響研究所などの論文と、国立がん
研究センターなどが実施してきた生活習慣によるがん発生リスクの疫学研究とを、津金昌一郎・
予防研究部長らが比較検討した。

 原爆で100ミリ~200ミリシーベルトの放射線を浴びた集団は浴びていない集団に比べてがんに
なるリスクが1.08倍だった。生活習慣によるリスクと比較すると、1日1箱たばこを吸う夫を持つ妻
が受動喫煙でがんになるリスク(夫が禁煙の妻と比較して1.02~1.03倍)や野菜嫌いな人のリスク
(野菜を食べる人と比較して1.06倍)よりもわずかに高い程度だった。

 肥満や運動不足、塩分の取り過ぎなどでがんを発症するリスクは1.1~1.2倍程度で、放射線を
100ミリ~200ミリシーベルトを浴びた場合よりも高い。

 一方、男性の喫煙者はたばこを吸わない人よりも1.6倍がんになりやすい。放射線の被曝(ひばく)
量でみると2000ミリシーベルト以上浴びた場合のリスクとほぼ同じだという。

 津金部長は「がんは様々な要因が複雑に絡み合って発症する。放射線リスクだけを気にしすぎない
ようにしてほしい」と話す。

ソース:日本経済新聞Web版 ログインを求められます(会員登録は無料です)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E0E1E2E2EB8DE0E6E2E6E0E2E3E386989FE2E2E2

4 :名無しのひみつ:2011/04/27(水) 00:50:19.91 ID:sJDUnFcy
60年以上前の、それも終戦後の記録なんて信用できないだろ。
日本人は全世界のモルモットになったってことだ。


6 :名無しのひみつ:2011/04/27(水) 00:51:46.36 ID:DRTwJi2J
関東の被曝がすごいから放射線はたいした事ないって
デマを植えつける気だな。
ばかたれミンス。


19 :名無しのひみつ:2011/04/27(水) 01:02:53.92 ID:3R5n+FFK
>>6
民主にそんな実力あんのかね?
ただの無能集団なのに。
こういったことをやれって先導してるのは官僚以外の何物でもないよ。


«  | HOME |  »