カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 地震科学


東日本大震災40分前に、震源地上空の電子急増 チリ地震と類似「巨大地震の前兆か」

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ブラックジャック主夫φ ★:2011/03/28(月) 20:03:39.89 ID:???
★大震災40分前上空の電子急増 チリ地震と類似「前兆か」(03/28 10:11)

 国内最大のマグニチュード(M)9・0を記録した東日本大震災の40分前、
震源地上空の電子の量が局地的に増えていたことが、北大理学研究院の
日置(へき)幸介教授(地球惑星物理学)の調べで分かった。日置教授は震災後、
昨年のチリ地震(M8・8)をはじめ、過去の大地震直前にも同様の現象が起きて
いることを確認。「電子の急増は、巨大地震の前兆の可能性がある」とみている。

 日置教授によると、国土地理院の衛星利用測位システム(GPS)観測網の
データを基に、地上約80~500キロの電気を帯びた空気の層である「電離層」の
電子の量を解析した。

 その結果、11日午後2時46分発生の巨大地震から40分余り前の午後2時以降、
震源地の三陸沖の上空で、電子の量が通常より2割ほど増えたことが分かった。

 このため、同教授は過去の巨大地震に関してもさかのぼって分析。昨年2月の
チリ地震の発生40分前、1994年10月の北海道東方沖地震(M8・2)の発生50分前に、
震源地上空の電子が局地的に増える現象をそれぞれ確認した。

 電子が増えた理由について、日置教授は「地震前にわずかな断層のひずみが生じ、
そこから放出された電子で地表が広範囲に電気を帯び上空の電子を増やした
可能性がある」とみている。

 2003年9月の十勝沖地震(M8・0)では電子の増加はみられなかったことから、
「M8を上回る巨大地震の40~50分前に共通して起こる現象ではないか」と推測する。

<北海道新聞3月28日朝刊掲載>
▽ソース 北海道新聞(どうしんウェブ)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/281622.html

2 :名無しのひみつ:2011/03/28(月) 20:05:48.71 ID:TqQEO7Bj
アメリカの地震兵器があった証拠


13 :名無しのひみつ:2011/03/28(月) 20:11:19.71 ID:OJBAYIdy
>>2
本当に「アメリカ」だと思う?

なぜ日本の周りが「それ」に対して沈黙を守ってるのか
なぜだろね


55 :名無しのひみつ:2011/03/28(月) 20:46:28.57 ID:b68sGNsX
>>13
地震兵器はさすがに無いと思ってるが

○地震数日前に大規模規制解除<民主が規制しまくってた
○ツイッターで妙な予言
○民主党になってから気象庁の予算が削減されていたこと
○民主党になってから山に入る中国人が多かったこと

から中国が地震をある程度予知していたんじゃないかと思っている


3 :名無しのひみつ:2011/03/28(月) 20:06:43.35 ID:Xi+1NJrF
これがホントのエレクトロンクラウドか


«  | HOME |  »