カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 原子炉安全工学


福島第1原発爆発、専門家の見方は水素爆発または水蒸気爆発

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :星降るφ ★:2011/03/12(土) 22:07:20.72 ID:???
東日本大震災:福島第1原発爆発 専門家の見方
毎日新聞 2011年3月12日19時52分(最終更新 3月12日20時03分)

 巨大地震の被災地の原発で起きた突然の爆発と建屋崩壊。一体何が起きたのか。専門家は
水素爆発または水蒸気爆発が起きたのではないかとの見方を示している。

 経済産業省原子力安全・保安院は、12日午後6時すぎに開いた会見で、爆発の場所が、
1号機の原子炉が入っている原子炉建屋か、発電用タービン建屋か調査中としている。

 吉川栄和・京都大名誉教授(原子炉安全工学)は、「何らかの原因で原子炉格納容器から
漏れだした水素が、空気中の酸素と反応して起きた水素爆発ではないか」と推測する。燃料棒
に使用するジルコニウムは1100度を超えると、水と反応しやすくなる。その反応の結果
できた水素が、何らかの原因で格納容器の外部に漏れだし、空気中に含まれた酸素と反応して
爆発した可能性があるという。吉川名誉教授は「情報が少ないが、現時点ではそれが一番考え
得る仮説だ。1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故(旧ソ連)では、溶融した燃料
が水と接触して水蒸気爆発を起こした。爆発の様子を映像で見る限り、水蒸気爆発とは考え
にくい」と話す。

 長沢啓行・大阪府立大名誉教授(生産管理システム学)は「発電用タービンの部品を冷やす
ために使う水素が、地震の揺れによって漏れ、空気と反応して爆発、タービン建屋が破壊
された可能性が考えられる。タービン建屋と原子炉建屋はつながっており、原子炉建屋側にも
破壊が及んでいれば、東京電力などが炉心を冷やすために計画している海水注入が難しくなる
かもしれない」と懸念。「炉内が沸騰状態になっていると、水位を測定する計器が実際より
高めに出る傾向がある。計器の数値がどこまで信じられるかも課題だ。原発敷地境界の放射線量
はかなり高く、原子炉建屋内で水素爆発が起き、天井が落ちた可能性も否定できない」と分析
する。

 一方、原子力資料情報室の上沢千尋研究員は「水蒸気爆発が起きたのではないか」と話す。
「炉心が冷却できず、原子炉圧力容器内の圧力を下げることに失敗して、水位が下がった空だき
状態が続いた。ある程度の量の燃料棒が溶けて水と反応し、爆発した可能性がある。今後、放射性
物質が大量に放出されることになれば、チェルノブイリ原発事故と同様の最悪のシナリオになる」
と懸念する。

【関連リンク】
英BBCサイトが掲載している爆発の瞬間の動画
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12720219

▽記事引用元  毎日jp
http://mainichi.jp/select/science/news/20110313k0000m040054000c.html

2 :名無しのひみつ:2011/03/12(土) 22:09:07.37 ID:x/RVHHHt
ったくドキがムネムネ状態だよ。。
とりあえず明日の片道予約取り消した。
今のところ静観模様


3 :名無しのひみつ:2011/03/12(土) 22:09:09.40 ID:H8sHN/DN
陰謀だ


«  | HOME |  »