カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 宇宙開発/ロボット


シャトル初搭乗、上半身型ヒューマノイド・ロボット宇宙飛行士

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :星降るφ ★:2011/02/26(土) 22:24:47.78 ID:???
シャトル初搭乗、ロボット宇宙飛行士
National Geographic News
February 25, 2011

シャトル初搭乗、ロボット宇宙飛行士

 新旧宇宙飛行士の歴史的な邂逅(かいこう)。左側の未来の宇宙飛行士ロボノート2
(R2)は上半身型ヒューマノイド・ロボット。日本時間2月25日(米東部標準時24日)
に打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」に初搭乗した。

 国際宇宙ステーション(ISS)に到着後は、無重力下での動作実験が1年間行われる。
順調に進めば、その後は船内清掃など初の任務に就く予定だ。

 クルーの健康維持のため、ISSの手すりは週1回のペースで殺菌しなければならない。
「これが実に面倒なんだ」と、アメリカ、テキサス州にあるNASAのジョンソン宇宙
センターでロボノート・プロジェクトを率いるロバート・アンブローズ氏は言う。
「もちろん清掃だけじゃなく、船外活動も手伝ってもらうつもりだ」。

 現在、各惑星で活動している多くの無人探査機も一種のロボットと言える。しかし、
宇宙飛行士と同じ微小重力環境で活動する自律型ロボットは初めてだ。この快挙の陰には
実験室レベルで終わった初期の人型アンドロイドや、既にISSで大活躍している人の
代わりに作業を行う機械類の存在も忘れてはならない。

▽記事引用元  ナショナルジオグラフィック ニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011022501&expand#title

▽画像  左側の宇宙飛行士ロボノート2(R2)は上半身型ヒューマノイド・ロボット

Photograph by Robert Markowitz and Bill Stafford, NASA
地上移動用の4輪車に取り付けられたロボノート1(ロボノート2の試作機)

Photograph courtesy NASA

▽関連記事 「ロボノート1、ロボット宇宙飛行士」
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011022502&expand#title

2 :名無しのひみつ:2011/02/26(土) 22:27:26.83 ID:EawdfQ3u
 で、何をするんだい?


4 :名無しのひみつ:2011/02/26(土) 22:31:10.36 ID:NzDp5T0E
わーすごいロボットですね。


«  | HOME |  »