カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 再生医療


体の一部が傷ついても元通りに修復する高い再生能力を野生マウスで確認、哺乳類で初確認 /米フロリダ大やケニアの研究チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ベガスρ ★:2012/09/27(木) 06:04:33.36 ID:???
”野生マウスに高い再生能力 哺乳類で初確認”

【ワシントン共同】
体の一部が傷ついても元通りに修復するトカゲやヤモリに似た高い再生能力を、
哺乳類では初めてアフリカにすむ野生のトゲマウスで確認したと、
米フロリダ大やケニアの研究チームが27日付英科学誌ネイチャーに発表した。

背中の皮膚がはがれたり耳の組織が傷ついたりしても、体毛のもとになる細胞や
軟骨を含めて元通りになった。哺乳類に従来考えられていた以上の
再生能力があるのを示した形で、失われた体の機能を取り戻す人の再生医療の可能性を
広げる研究結果といえそうだ。
【共同通信】

画像
皮膚や組織に高い再生能力があることが分かったトゲマウス(米フロリダ大研究チーム提供・共同)


47NEWS 2012/09/27 02:00
http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092601002500.html

African spiny mice can regrow lost skin
Rodents are first mammals observed regenerating tissue.
Nature doi:10.1038/nature.2012.11488
http://www.nature.com/news/african-spiny-mice-can-regrow-lost-skin-1.11488

画像
African spiny mice (genus Acomys) can shed up to 60% of the skin on their backs.


4 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 06:22:48.65 ID:WOX3Q3y6
おれの落とした指も再生してほしい・・・


5 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 06:26:08.71 ID:p0xdxBHI
>>4
ほんとならなぜ落としたかの説明をしてくれ
でないと信用を落とすぞ


11 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 08:27:50.96 ID:qyVteuEv
>>4
あなたが落としたのは金の指ですか?
それとも普通の指ですか?


13 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 08:40:08.40 ID:WOX3Q3y6
>>5
グロ注意 粉砕機に誤って巻き込まれ右手人差し指を落とした

ぐちゃぐちゃだったぞw


6 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 06:27:04.43 ID:Hi9lCv6K
かわ・・・!


8 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 06:46:45.82 ID:8VA9O/VU
>>6
トゲマウスの画像を開いてあまりの可愛さにショックを受けた。
次の研究チームに耳を削がれ背中の皮を剥がれて涙目のトゲマウスの実験画像で陰欝な気分になった。


iPS細胞から作った網膜使い、来年にも臨床研究 理研

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2012/06/13(水) 23:54:54.88 ID:???
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜細胞で、目の病気の治療を目指している理化学研究所が、
患者を対象とした臨床研究を来年にも始めることが12日分かった。動物実験で網膜細胞ががん化せず、
ヒトに移植しても問題がないと確認できたためで、実現すればiPS細胞を使った国内初の臨床研究となる。
 同研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代チームリーダーが同日、横浜市で始まった
日本再生医療学会で明らかにした。

 計画によると、さまざまな臓器組織になり得るiPS細胞から網膜の一部「網膜色素上皮細胞」を作り、
悪化すれば失明につながる「加齢黄斑変性症」の患者の網膜裏に移植する。病気の進行を遅らせ、
視力を少し回復する効果が期待できるという。この病気は60代以上に多く、国内に数十万人の患者がいるとみられる。
 これまでの研究で、高橋氏らは、患者の皮膚細胞から作ったiPS細胞を網膜色素上皮細胞に分化させた。
それをマウスに移植したところ、がんにならなかった。今後、同センターに隣接する先端医療センター病院で、
院内の倫理委員会や国の審査を経て、5人の患者に移植し、安全性と効果を確かめる。

▽記事引用元 毎日新聞(2012年06月12日 19時52分(最終更新 06月12日 21時13分))
http://mainichi.jp/select/news/20120613k0000m040049000c.html



2 :名無しのひみつ:2012/06/14(木) 00:08:17.73 ID:CH4nocZF
きたー


7 :名無しのひみつ:2012/06/14(木) 05:15:55.97 ID:czeSgFf2
おお、ついにか


脱毛症治療に光、幹細胞移植で無毛マウスが発毛 東京理科大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2012/04/19(木) 00:04:29.38 ID:???
 マウスの毛の周辺から取り出した2種類の幹細胞を移植することで、生まれつき毛のないマウスに毛を生え
させることに東京理科大学などが初めて成功した。

 移植した体毛、ひげの幹細胞はそれぞれ体毛、ひげとして定着した。自らの細胞を用いる脱毛症治療に道を
開くもので、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に18日発表する。

 同大の辻孝教授、豊島公栄研究員らは、毛組織のもとになる「毛乳頭」と、皮膚になる「上皮性」の二つの
幹細胞に着目。互いに成長に必要な物質をやりとりして、毛を作るとされる。

 チームは、毛のあるマウスの体毛やひげ周辺の組織から2種類の幹細胞を取り出し、足場となるコラーゲンの
中で塊を作った。この塊を、毛のないマウスに皮下移植したところ、約1か月後に毛が生えた。約10か月間、
毛は何度も生えかわり、機能も通常の毛と変わらなかった。

▽画像 首後方に幹細胞の塊を移植し、体毛が生えたマウス(辻孝教授提供)


▽記事引用元 読売新聞(2012年4月18日00時04分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120417-OYT1T01265.htm

▽東京理科大学プレスリリース
http://www.tsuji-lab.com/topics/pdf/pressreleaseJP12_04_18.pdf

▽Nature Communications
「Fully functional hair follicle regeneration through the rearrangement of stem cells and their niches」
http://www.nature.com/ncomms/journal/v3/n4/full/ncomms1784.html



2 :名無しのひみつ:2012/04/19(木) 00:15:50.89 ID:SVFljp2v
実用化まであと何年かかるんだ?


3 :名無しのひみつ:2012/04/19(木) 00:16:51.11 ID:51YVOVC/
毛なんかよりガン直せよ早く
抗ガン剤は金になるから放っとくのか?
研究者は金しか興味ないのか?


豚の細胞を利用して兵士の筋肉細胞を再生 米国国防省・ピッツバーグ大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2011/11/12(土) 17:42:15.27 ID:???
米誌・ワイアードの報道によれば、米国国防省の資金援助により、ピッツバーグ大学の研究チームが豚の細胞を
利用して兵士の筋肉細胞の再生を行った。豚の細胞、外科手術、厳格な日常鍛錬という3つの要素で障害を
負った兵士の筋肉再生が可能だという。目下、この研究は注目すべき段階に入っている。
初めての臨床実験からわずか数カ月で、4人の兵士に手術を行い、米国各地から来た外科医師にこの技術の
研修を行った。研究チームの責任者・スティーブン・バディラック博士は、このままのペースで進展すれば、
臨床試験の結果が24カ月以内に得られ、この技術は整形外科、外相外科にとって一般的な治療法になるだろうといっている。

外科医によって患者に「細胞外マトリックス」を移植する。これはイメージとしては「細胞の接着剤」のような
もので、主に豚の膀胱から採取した成長因子たんぱく質である。これらのたんぱく質は患者自身の幹細胞に
触れると指定領域に侵入し、再生・修復活動を呼びかける。??成熟した筋肉には通常このような働きはない。
体の基本的な筋肉組織を回復するだけでなく、筋肉の正常な働きを助ける人体や神経も回復できるという。

▽ 画像 手術を受けた兵士
Photo: courtesy of McGowan Institute for Regenerative Medicine


▽記事引用元 中国網日本語版(チャイナネット)(2011年11月11日)
http://japanese.china.org.cn/culture/2011-11/11/content_23885456.htm

▽元記事 Wired.com
http://www.wired.com/dangerroom/2011/11/regenerative-medicine-muscles/

2 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 17:43:47.99 ID:+SHOfT4K
PigMen誕生


3 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 17:47:59.03 ID:Z2ZRV3aY
マトリックス細胞ってやつですね


iPS細胞介さず肝細胞作り出すことに成功/中国チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼23-122@白夜φ ★:2011/05/15(日) 01:03:34.84 ID:???
海外技術/中国チーム、iPS介さず肝細胞作り出すことに成功
掲載日 2011年05月12日

中国科学院上海生命科学研究院などのチームはマウスの皮膚細胞に遺伝子を導入するなどして、
肝細胞を直接作り出すことに成功した。これまで胚性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞(万能細胞)から
肝細胞が作製された実績はあるが、ES細胞やiPS細胞を経由しない肝細胞の直接誘導は初めて。
 
できた細胞は通常の肝細胞のように働き、肝障害のマウスに移植したところ、半数近くで
肝細胞が増殖し、肝機能が回復した。詳細は英科学誌ネイチャー電子版に12日発表される。
 
体細胞をもとにした直接誘導の研究では、神経細胞や心筋細胞、血液前駆細胞がすでに
作製されている。ただ、できた細胞が生体内で損傷した組織の治療に役立つかどうか不明だった。
一方、研究チームによれば、今回の手法はiPS細胞から肝細胞を作製するより手順が簡単だという。
肝臓の疾病モデルや再生医療、生体組織工学などへの応用が期待される。
_______________

▽記事引用元 日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720110512eaae.html

▽関連
nature
Induction of functional hepatocyte-like cells from mouse fibroblasts by defined factors
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature10116.html

#ご依頼いただきました。

4 :名無しのひみつ:2011/05/15(日) 01:05:07.03 ID:J89UcfuF
本当ならすごいけど


5 :名無しのひみつ:2011/05/15(日) 01:06:13.16 ID:PjSUxzGK
中国は幹細胞治療進んでるからな


«  | HOME |  »