カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 教育


科学用語を知る大学生 10年前に比べ大幅増 慶應義塾大学の調査で

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2012/09/23(日) 19:32:20.79 ID:???
「ニュートリノ」や「カーボンナノチューブ」などといった科学の用語を
知っている大学生の割合が、10年前に比べて大幅に増えていることが
慶應義塾大学の調査で分かりました。

専門家は、「日本人のノーベル賞受賞などにより、科学を身近に
感じるようになったからではないか」と分析しています。

この調査は、慶應義塾大学が10年ごとに行っていて、文系と理系の
学生それぞれ400人余りに、さまざまな科学の用語の認知度や興味などを尋ねました。

その結果、「カーボンナノチューブ」と、「ダークマター」、「ニュートリノ」、それに「超新星」の
4つのことばについて、「知っている」と答えた学生の割合が、文系、理系共に10年前より
20ポイント以上増加するなど、前回も調査を行っている30の用語のうち23のことばで
認知度が上がっていました。

また、それら30の用語すべてで「興味がある」と答えた学生の割合が増え、特に
「ビッグバン」や「ブラックホール」などといった宇宙に関する用語への
関心が高まっていることが分かりました。

調査に当たった慶應義塾大学の加藤万里子教授は、
「この10年間、日本人のノーベル賞受賞や、宇宙飛行士の活躍がメディアに
大きく取り上げられ、科学を身近なものとして感じるようになったのだと思う。
文系の学生でも関心が高まっていて、科学を楽しむ雰囲気が
社会に根づいてきたのではいか」と話しています。


▽記事引用元 : NHKニュース 9月23日 12時23分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120923/k10015218021000.html
*リンク先に動画あります。
慶應義塾大学 プレスリリース 2012/09/05
2012年大学生を対象とした科学の用語調査 -1992年、2002年の調査と比較して-
 http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2012/kr7a4300000axfyq.html
*全文PDFがリンク先にあります

4 :名無しのひみつ:2012/09/23(日) 19:37:06.03 ID:aomId/uv
知らない単語があったとき、ネットで簡単に検索できるように
なったってことも一因なのかな?


17 :名無しのひみつ:2012/09/23(日) 19:58:45.60 ID:hYB6m255
 慶応は、理工学部を例外として文系には付属あがりの
ウルトラぼんくらがウジャウジャいるんだから、そんなもんだろ。


シャイな子どもは教室内での存在感が薄くなり学習能力に問題が出てくる可能性がある

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ベガスρ ★:2012/09/03(月) 23:58:07.90 ID:???
”就学前教育でシャイな子どもに生じる学習能力の問題点、研究”

シャイな子どもは、おしゃべりで外向的なクラスメートと比べて就学前教育において
存在感を失うリスクが高まり、学習能力に問題が生じる可能性もある
――前週、米学術誌「学校心理学ジャーナル(Journal of School Psychology)」で
このような内容の研究論文が発表された。

新学期の初めにシャイで内気な行動を見せる子どもは、スタート時に不利な状況となるだけでなく、
年間を通じて学習ペースが落ちる傾向も伺えるという。

論文の共同執筆者、米マイアミ大学(University of Miami)のエリザベス・R・ベル(Elizabeth R. Bell)氏は
声明の中で、「とても内向的な子どもたちは『教室内での存在感が薄くなる』傾向にある。
このような子供たちは問題を起こさないが、この時期の唯一の学びの場とも言える教室で
活動や交流に積極的に関わろうとしない」と述べている。

研究では、米国に住む3~5歳の就学前幼児、約4420人のデータを分析し、感情および
行動面での特性と学習の進み具合について、教員による年3回の評価が行われた。

研究ではこのほか、(幼稚園における)年長もしくは女児の方が、問題行動を起こす傾向は低く、
社交・言語・計算の能力も高かったとされ、就学前教育での環境によりうまく適応できるようだという。

一方、オーストラリアで発表された最近の研究では、子供たちが成長して幸福な人生を
送るために必要なのは学業での成功よりも、強い社会的ネットワークだとの結論が出されている。
この研究では、子どもが周囲に与える好感度、1人で過ごす時間の長さ、親子および対人関係、
そして若者同士の集まりやスポーツクラブへの参加度合いなどが調べられた。

AFP(2012年09月03日 19:37)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2898360/9442920

Latent profiles of problem behavior within learning, peer, and teacher contexts
: Identifying subgroups of children at academic risk across the preschool year
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022440512000714

4 :名無しのひみつ:2012/09/04(火) 00:11:54.62 ID:3zzj62ST
コミュニケーション能力が低いという事は知能も低いという当たり前のことを改めていわれてもwwwww


26 : 【関電 58.5 %】 :2012/09/04(火) 01:13:51.81 ID:yiBCiZvt
>>4

ああ、あいつらの世界ではそれが頭がいいってことだが
別の世界もあるのよ



33 :名無しのひみつ:2012/09/04(火) 06:03:21.29 ID:sHytMtBy
>>4

男はやっぱり馬鹿だ


5 :名無しのひみつ:2012/09/04(火) 00:12:45.89 ID:s1phipMR
うるさいだけの馬鹿も多いだろ。
とスレタイだけでの書き込みしてみる。


7 :名無しのひみつ:2012/09/04(火) 00:18:54.89 ID:9cAbAiD1
>>5

鈴木奈々とかw


「代数は必要ない」:全米を揺るがしたある教授の主張

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :sin+sinφ ★:2012/08/25(土) 15:33:53.45 ID:???
「代数は何の役にも立たない。そして多くの生徒が代数のために退学していく」
これは、ニューヨーク市立大学のアンドリュー・ハッカーが『ニューヨーク・タイムズ』で
表明した意見である。彼は正しいか、間違っているか。ある数学者の返答だ。

ニューヨーク市立大学の政治学名誉教授アンドリュー・ハッカーは、
代数の勉強はそれほど有益ではなく、したがって高校のすべての生徒の必修である必要はないだろうと主張している。
もしハッカーが自分の意見を『ニューヨーク・タイムズ』紙上で(紙と電子版で)発表しなかったならば、
それ自体は大ニュースとはならなかっただろう。7月29日の「代数は必要だろうか」という見出しの長い記事だ。

この記事に続いて、ネットで広く議論が起こり、『ニューヨーク・タイムズ』のサイトには約500ものコメントが付いた
(この一部を報じたフランスの『ル・モンド』紙も同様だった)。
コメントは多くが反対の立場からだが、かなり辛辣なものもあった。例えばこのようなものだ。
同様に否定的だがより落ち着いた返答は、『ワシントン・ポスト』で読むことができる。
しかし、まずはハッカーの立場をよりよく理解してみよう。
はっきりさせておこう。当然のことながら、わたしたちが議論しているのは、初歩的な代数についてだ
(わかっている。あなた方の多くはすでに複素半単純リー代数のことを考えていたのだろう…)。

実際、著者は自問している(そして注意してほしい。これが彼の主要な論点だ)
果たして、美術や人文学研究のキャリアを始めるために、
もしくは政治について意見をもったり社会を分析するために、
この種の等式を証明できることが、本当に必要だろうか?

(x2 + y2)2 = (x2 ? y2)2 + (2xy)2

先に進む前に、まずあなた方が解けるかどうかを試してみてほしい。
ハッカーの記事についてのあなた方の意見は、解けるかどうかで変わるかもしれない。

しかしいまはハッカーの議論を分析しよう。主な主張は2つに分かれる。

1)数学は、アメリカにおいて学校を退学する主要因であり、有名大学に入れない原因となっている
(厳密には自然科学ではない学科においても)
このため、別のところで偉大な才能をもっている人が、不当にも、数学のみのために勉強から排除されることになる。

2)代数は何の役にも立たない。むしろ、ハッカーが「量的推論」と呼んでいる、
インフレ率の計算やローンの利子のように、具体的な例についての計算を学ぶことで代替するべきだ。
いったいいつ、医者や詩人や弁護士が、高校以降の二次方程式を解かなければならないだろうか?
直接、何か実践的で具体的なことを教えて、職業で応用できるようにする方がいいのではないだろうか?(続く)

実際のところ、第1の論拠は議論の余地がある。もし基礎的な数学的能力(わたしたちが問題にしているのはこれだ)が、
高度にテクノロジーの発達した社会において市民として意識的に生きていくために本当に必要であるなら、
解決は、教えるのをやめるのではなく、むしろ強化することだろう。

ハッカーはこの点を本当に否定しようとしているわけではなく、代数のようにあまりに技術的で
一般に使わない問題は、後で自然科学を専攻する生徒たちだけのものにしておくべきだと主張している。
すぐに次の論拠に移ろう。

6 :名無しのひみつ:2012/08/25(土) 15:44:11.21 ID:w6azQK/H
数学って論理だから、学んで損ということはあるまい。
小手先のテクニックを覚えるのは無益だろうが


9 :名無しのひみつ:2012/08/25(土) 15:46:14.83 ID:DGfDID2M
古文・漢文・倫理・政経

ドカタ・大工・トラック運ちゃんに必要か?
って、聞いてるようなもんだな。

見方が違うだけ。


64 :名無しのひみつ:2012/08/25(土) 17:04:07.49 ID:9L514INl
>>9
倫理・政経は必要なんでね。内容はもっと吟味して覚えられるくらいの
重要な物だけに絞るべきだと思うけど


和歌山の中学生 来月に韓国のロケット打ち上げ施設の見学などを行う「スペースキャンプ」を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :pureφ ★:2012/07/17(火) 13:30:58.44 ID:???
中学生 来月に宇宙教室


スペースキャンプについて説明する機構の職員(和歌山市内で)

 宇宙航空研究開発機構と韓国航空宇宙研究院は8月下旬、県内の中学生を対象に、韓国の
ロケット打ち上げ施設の見学などを行う「スペースキャンプ」を実施することになり、16日、和歌山市
三沢町の市中央コミュニティセンターで、参加者への説明会を開いた。両者の宇宙教育分野での
初の連携といい、韓国の生徒も参加する予定で、関係者は「国際社会で活躍する研究者などが
育ってくれれば」と期待している。

 キャンプは8月19~22日の4日間、韓国国内で行われ、日韓各25人の中学生が参加。
「宇宙を利用し、より良い未来を作るために、どのような日韓協力ができるか」をテーマに英語で
意見交換を行うほか、ロケット打ち上げ施設の見学や全長約30センチのモデルロケットの打ち上げ
体験なども行う。

 県教委が同機構と連携協定を結んでいたことなどから、県内の中学生が対象となった。

 この日は、同機構の宇津巻竜也さん(40)が「議論はすべて英語でハードルは高いが、難しさも
含め本物を体験できる貴重な機会」などと説明した。

 海南市立東海南中1年の有井碧君(13)は「ロケットがどのように作られているかなどを知りたい。
韓国の友人をたくさん作りたい」と意気込んでいた。

読売新聞和歌山 2012年7月17日
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20120716-OYT8T00852.htm
【宇宙/教育】小惑星探査機はやぶさの旅、絵本に
【教育】北海道苫小牧拓勇小学校で、植松努さんと?拓勇ロケット?打ち上げ教室 画像あり
【教育】全国の子どもたちへ元気を届ける「宇宙子どもワークショップ2011」

5 :名無しのひみつ:2012/07/17(火) 13:38:31.59 ID:t1xYtyZe
打ち上げに一度も成功していないロケットはロケットなのか?


6 :名無しのひみつ:2012/07/17(火) 13:39:29.28 ID:iC2PFnWI
在日くらいしか行かないだろ


女の子ももっと科学に興味持って!理系研究者人口の偏りにEU危機感 「科学は女の子のもの」キャンペーン立ち上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :pureφ ★:2012/06/29(金) 00:25:57.40 ID:???
女の子ももっと科学に興味持って!理系人口の偏りにEU危機感


ポーランドのワルシャワ(Warsaw)にあるコペルニクス科学センター(Copernicus Science Centre)の
展示を見る少女たち(2010年11月12日撮影)。(c)AFP/JANEK SKARZYNSKI

【6月22日 AFP】理系研究職に就く女性が少ないとして欧州連合(EU)が22日、10代の少女たちに
科学に関心を持ってもらうための3年越しのキャンペーン「Science: It's a girl thing!(科学は女の子の
もの)」を立ち上げた。

 キャンペーン開始にあたり欧州委員会(European Commission)のモイラ・ゲーガン・クイン(Maire
Geoghegan-Quinn)研究・イノベーション担当委員は、次のように述べた。「科学とは、白衣を着た
年配男性の代名詞ではない。欧州がさらなる成長と雇用創出のため苦戦している今、欧州経済に
欠かせない科学界で女性の存在感が薄いのは理不尽だ」

 欧州委によると、EU加盟27か国全体で理系学生の半数以上は女性が占めるが、博士号取得
者では45%に、さらに研究職になると1/3に減ってしまう。一方、EUでは2020年までに最大100万人、
研究者を増やす必要があるとみられている。(c)AFP

AFPBB News 2012年06月22日 15:22 発信地:ブリュッセル/ベルギー
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2885650/9156013
【男女共同参画】「家事や育児は誰が担ってもいい」 積極的に家事・育児に取り組む男性を取り上げた「カジダン・イクメン写真展」開催
【教育】原子力研究 不人気に 関連学科・院 今春入学者16%減
【化学/教育】The Journal of Physical Chemistryに載った「BZ反応」の新知見、研究者はスーパーサイエンスハイスクールの女子高生

3 :名無しのひみつ:2012/06/29(金) 00:27:46.52 ID:+gpugHg0
まずは裸になって体の神秘に気づいてもらおう


5 :名無しのひみつ:2012/06/29(金) 00:47:28.13 ID:urKs2Xi/
アニメやマンガ、ゲームなどのオタ文化だと美少女や美女の天才科学者とかごく当たり前、
最近じゃむしろ、男より多いぐらいだけど、現実はなあ


«  | HOME |  »