カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 脳神経


アスペルガー患者、表情認識時の脳血流量少なく健常者と明確な違い 京大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2012/08/19(日) 00:54:01.13 ID:???
 発達障害の一つであるアスペルガー症候群などの患者と健常者では、人間の表情が変化する
動画を見たときの脳の活動に明確な違いがあることを、京都大の佐藤弥白眉センター准教授(脳科学)、
十一元三医学研究科教授たちのグループが突き止めた。発達障害の客観的な診断法の開発や治療につながる
成果といい、17日までに英医学誌に発表した。

 発達障害の診断は、主に患者の行動などを分析して行われている。脳の機能障害とされているが、
表情の静止画を見せたときの脳血流の変化をfMRI(機能的磁気共鳴画像装置)で調べる研究では、
健常者との明確な違いは分かっていなかった。

 グループは無表情が笑顔やこわばった顔に変わる動画を20~30代の患者12人と健常者13人に見せ、
脳血流の変化をfMRIで調べた。その結果、患者は、他者と自分の運動を結びつける前頭葉の
「下前頭回(かぜんとうかい)」や、他者の表情を認識する側頭葉の「上側頭溝(じょうそくとうこう)」
など五つの領域で血流量が少なかった。下前頭回と上側頭溝を結ぶ神経回路が機能せず、表情が
うまく読み取れていないらしい。

 佐藤准教授は「診断への応用には、うつ病などを併発している患者での調査も進め、脳反応と実際の行動との
関連を詳しく調べる必要がある」と話している。

▽記事引用元 京都新聞(2012年08月17日 23時43分)
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20120817000143


▽京都大学プレスリリース
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120815_1.htm

▽BMC Neuroscience
「Impaired social brain network for processing dynamic facial expressions in autism spectrum disorders」
http://www.biomedcentral.com/1471-2202/13/99/abstract



3 :名無しのひみつ:2012/08/19(日) 00:56:19.77 ID:RBFo/hF8
ヽ( ´∀`)ノ


17 :名無しのひみつ:2012/08/19(日) 01:13:28.61 ID:kcE8+e5w
>>3

そんな怒るなって・・・


4 :名無しのひみつ:2012/08/19(日) 01:01:19.83 ID:z4PyuizL
DHA摂れ


「植物状態」でも意識あり、脳波で意思伝達可能に カナダ研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2011/11/12(土) 00:12:12.94 ID:???
【11月10日 AFP】脳波を検査すれば、実際には意識があるのに永続的な植物状態にあると誤診するケースを
防げるとする論文が、10日の英医学誌「ランセット(Lancet)」に発表された。携帯可能で安価な診断手法や、
意識のある患者と意思疎通を可能にする技術の開発に期待がかかる。

「昏睡状態」が意識がなく覚醒してもいない状態を指すのに対し、「持続的あるいは永続的な植物状態」は
「自己や環境についての意識はないが覚醒した状態」と定義されている。この「持続的な植物状態」は、
脳死と異なり法律上は人の死と認められていない。

 カナダ・ウエスタンオンタリオ大学(University of Western Ontario)の研究チームは、脳を損傷して植
物状態になった患者16人と、健康な対照群12人の頭皮に脳波を測定するセンサーを装着し、脳活動に起因する
電気信号を記録した。

 自分の右手と左右のつま先を動かす場面を想像してみてくださいと告げたところ、患者16人のうち3人に、
正確かつ持続的にはっきりとした脳波が検出された。実際には動かすことはできなかったものの、体の部位を
動かすよう指示された時の頭頂部の電気信号は、制御信号と完全に一致していた。

 論文は、この実験だけでこれら3人の患者の「内面世界」に関する結論を導き出すことはできないとしながらも、
指示を理解し脳内で処理する作業は持続的な注意力を要し、正しい答えを選択し言語を理解するなど、複雑だと付記した。

■患者とのコミュニケーションも可能に

 この脳波検査に基づく診断手法は、脳内の血流を監視し植物状態の患者の意識を探る実験にも用いられてきた
機能的磁気共鳴画像法(fMRI)ほど高感度ではないと考えられている。だが、fMRIスキャナーは極めて高価なうえ、
交通事故で脳を激しく損傷した場合など体内に金属が入った患者には使用できない。

 ウエスタンオンタリオ大の研究者らは脳波診断について、安価で携帯可能なため広く活用でき、客観的な
結果が示される手法だと話している。診断の精度を向上させ、全身が麻痺していても意識のある患者と意思疎通を
図ることも可能になるかもしれないという。

 心的イメージの差異をリアルタイムで分類できるよう改良が進めば、単にイエスかノーかの回答にとどまらず、
表現豊かな双方向のコミュニケーションが可能になるだろうと、論文は締めくくっている。(c)AFP

▽記事引用元 AFPBB News(2011年11月10日 18:19)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2839901/8058194

▽University of Western Ontario News release
https://www.uwo.ca/its/brain/news/restricted/eeg.html

▽The Lancet
「Bedside detection of awareness in the vegetative state: a cohort study」
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(11)61224-5/fulltext

3 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:14:23.61 ID:0kUX9TUc
やっぱそうだったんだ。


2 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:14:21.63 ID:QNSDVF5j
  ∧_,,∧ ウェーハッハッハ !
  < `∀´> >>3はウリと同じパカチョンニダw
  (    )
  し―-J



4 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:14:45.87 ID:/f6BbGoj
臓器提供に回される時、意識あったら怖いだろうな~


8 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:17:11.29 ID:1qVkA0VJ
>>4

脳死は植物状態じゃないけどな


9 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:17:40.77 ID:0NryZ+UF
>>4

植物状態と脳死は違うんじゃないか?


11 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:18:39.20 ID:0NryZ+UF
>>8

結婚しようか


自閉症児の脳は過度に発達、出生前に起因か 米研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2011/11/12(土) 00:21:21.29 ID:???
【11月11日 AFP】自閉症の少年7人の遺体解剖の結果、彼らの脳が自閉症ではない少年のものより重く、
ニューロン(神経細胞)の数も多かったとする研究結果が8日、米国医師会雑誌
(Journal of the American Medical Association、JAMA)に発表された。少人数ながら、自閉症児の脳の過成長が
子宮内で起こっている可能性を示すものだと指摘している。

 米国の研究者らは、2歳から16歳までの自閉症の少年7人の遺体の脳を調べた。死因は大半が溺死だが、
8歳児1人は筋肉のがんで死亡し、16歳少年1人の死因は不明だ。

 事故で死亡した自閉症ではない少年6人(対照群)の脳と同じ年齢で比較してみると、自閉症の少年の脳は
前頭前皮質にあるニューロンの数が対照群の脳より67%多く、脳の重さも各年代の平均より18%近く重かった。

 皮質ニューロンは出生後に生じることはないため、自閉症児におけるニューロンの病的な多さは出生前に
起因していたことになる。研究者らは、「出生前の細胞誕生や細胞維持が不完全だったことが、自閉症の発症
に関係している可能性がある」と指摘した。

 前頭前皮質は、言語や意思伝達のほか、気分や注意力、社会的能力を司っている。自閉症児は通常、
これらの点が得意ではない。

 米ユタ大(University of Utah)のジャネット・ラインハート(Janet Lainhart)氏らは解説記事で、「(自閉症の人では)
脳を作り上げるなんらかの要因が阻害されているようだ」と記した。

 ただし今後は、こうした関連性の検証や、脳の相違が自閉症の程度にも関連しているのかなどを調べる研究が
必要とされている。

 今回の論文によると、脳や頭部に異常な成長が見られる生後9~18か月の時期に自閉症の兆候が現れる傾向が
あることが、これまでの研究で示されているという。(c)AFP

▽記事引用元 AFPBB News (2011年11月11日 17:37)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2840126/8064462

▽Journal of the American Medical Association
「Neuron Number and Size in Prefrontal Cortex of Children With Autism」
http://jama.ama-assn.org/content/306/18/2001.short

2 :名無しのひみつ:2011/11/12(土) 00:25:20.35 ID:0kUX9TUc
やっぱそうだったんだ。


6 : 【東北電 74.5 %】 :2011/11/12(土) 00:29:54.04 ID:f/5LKuIs
子宮内で脳が発達してしまって
産道を通るときの気持ち悪さから心を閉ざしてしまうのではないか


赤ワインに含まれるレスベラトロールが脳機能改善か-マウスで神経細胞増殖/名古屋市大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :禿げ眼鏡φ ★:2010/12/19(日) 18:32:42 ID:???
赤ワインが、記憶に関わる脳の神経細胞の数を倍増させ、認知能力を高めることが、
岡嶋研二・名古屋市立大大学院教授(展開医科学)のチームの動物実験で分かった。
白ワインでは効果がなかった。近く米国の栄養生化学雑誌に発表する。

これまでに赤ワインを1日400ミリリットル(グラス3杯程度)を飲む人は、
飲まない人に比べ、認知症の症状が表れにくいことが、フランス・ボルドー大などの疫学調査で分かっていた。
チームは、赤ワインに含まれ、心疾患減少に効果のある「レスベラトロール」という成分に注目。
マウスにレスベラトロール含有量の多い赤ワイン0.2ミリリットルを毎日、3週間にわたり飲ませた。

その結果、脳の中で記憶をつかさどる「海馬」と呼ばれる部分の神経細胞が、飲まないマウスに比べ2倍に増えていた。
迷路でゴールにたどりつく時間も訓練開始から5日目に、飲まないマウスに比べてほぼ半分になった。
白ワインを飲んだマウスは、飲まないマウスと同じ結果だった。
効果がどこまで継続するかはこれからの課題だが、持続して摂取する必要があるという。

さらに、胃が受けた刺激を脳に伝達する物質の機能を失わせたマウスでは、
レスベラトロールを飲ませても脳機能改善の効果は認められず、レスベラトロールが、伝達物質を通して脳に影響を及ぼしていると確認した。

レスベラトロール濃度が高いのは、フルボディーや色の濃いタイプの赤ワインという。

岡嶋教授は「赤ワインの健康効果は欧州の人々の間で言われてきたが、やはり科学的な裏付けがあった。
しかし、アルコールの過剰な摂取は肝臓への悪影響もあり、飲み過ぎないでほしい」と話す。

ソース

海馬
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/ff/Hippocampus_small.gif

2 :名無しのひみつ:2010/12/19(日) 18:34:03 ID:xjlTYKUv
トンスルニダ


3 :名無しのひみつ:2010/12/19(日) 18:35:04 ID:EX9b5xFy
宣伝乙


«  | HOME |  »