カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 歯科


「歯のばんそうこう」で虫歯にさようなら? 近大・阪歯大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2012/09/19(水) 21:06:42.67 ID:???
【9月18日 AFP】1つ1つの歯を虫歯から守ったり、より白く見せることのできる極薄の膜を、
近畿大学(Kinki University)生物理工学部の本津茂樹(Shigeki Hontsu)教授と
大阪歯科大学(Osaka Dental University)の吉川一志(Kazushi Yoshikawa)准教授が共同開発した。

 この「歯のばんそうこう」は耐久性に優れた柔軟性に富むシートで、歯のエナメル質の主成分
ハイドロキシアパタイトでできている。AFPの電話取材に応じた本津教授によると、「曲げられる」
ハイドロアパタイトシートは世界初。歯の保護やエナメル質の修復など、歯科治療での実用化を目指しているという。

 シートの厚さはわずか0.004ミリメートル。歯の表面に貼り付けると、光を当ててよく観察しない限り見えなくなる。
透明だが、白く着色すれば審美歯科治療にも活用できる。

 極薄シートは、真空で固形状のハイドロキシアパタイトにレーザー光を照射して粒子を放出させ、塩の上に
堆積させた後、塩のみを水で溶かすことによって作られる。シートには微小な穴がたくさんあり、液体や気体を透過
させるので、歯に装着する際に気泡などが形成されずに済むという。唯一の問題は、シートが歯の表面に
しっかりと定着するのにまだ1日近くかかってしまう点だ。

 研究チームは抜歯後のヒトの歯で実験を続けているが、近いうちに動物実験に移行する予定。本津教授は、
自分の歯でも試したいと語っている。

 本津教授によれば、むき出しになった象牙質をこの「ばんそうこう」で覆うといった歯科治療における実用化には
5年以上かかる見込みだが、審美歯科ならば3年以内にも実用化できるかもしれないという。


▽画像 「歯のばんそうこう」こと極薄ハイドロキシアパタイトシート(写真上)と、和歌山県紀の川市にある
近畿大学(KinkiUniversity)生物理工学部の本津茂樹(ShigekiHontsu)教授の研究室で男性の前歯に装着される極薄シート
(写真下、2012年9月6日提供)。(c)AFP/KINKIUNIVERSITY/SHIGEKIHONTSU


▽記事引用元 AFPBB News( 2012年09月18日 09:46)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2901347/9528571



4 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 21:10:50.28 ID:GTOdTadr
隣接面齲蝕が増えそう




7 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 21:17:19.49 ID:i1/+uZd/
で、保険適用なの? 高度治療とか、美容治療。だったら国民の多くは関係ない。
やっぱり、TPP反対。


永久歯の先天欠如 子どもの10人に1人 小児歯科学会が初の調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2011/03/05(土) 16:34:07.79 ID:???
◇10人に1人は永久歯欠損 小児歯科学会が初の調査
 
28本の永久歯のうち、1~数本が何らかの原因により作られず、欠損している「先天欠如」の
子どもが10人に1人いることが、日本小児歯科学会の初の全国調査で5日、分かった。

全部が生えそろわないと、かみ合わせの異常など、さまざまな悪影響が出る可能性がある。
担当した山崎要一鹿児島大教授(小児歯科学)は「かなり多い数だ。治療の多くは自費診療が
必要な上、治療ができる専門の歯科医師の数も少なく、大きな問題だと考えている」と話している。

2007~08年に、先天欠如以外の理由で歯科を受診した12都道府県の7歳以上の子ども
1万5544人を調査。先天欠如は1568人(10・1%)で見つかった。
男子では9・1%、女子では11・0%だった。

7歳の段階でエックス線写真でも永久歯の芽(歯胚)が確認されないと、約99%の確率で
欠如するとされる。

原因不明のため、予防はできない。かみ合わせを正常にするため、歯並びを整えたり、
インプラント(人工歯根)治療をしたりするなど、かなり専門的な治療が必要になるという。

山崎教授は「全国に歯科の病院は6万ほどあるが、きちんと対応できるのは数千程度。
学会のホームページで紹介する専門医か矯正歯科医に相談してほしい」と話している。

2011/03/05 07:10 【共同通信】
_______________

▽記事引用元 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030501000069.html

▽関連
小児歯科学会
平成22年度 科学研究費補助金事業
一般社団法人日本小児歯科学会公開講座のご案内
小児歯科から永久歯の先天欠如を考える
http://www.jspd.or.jp/kouza.htm
 抄録 (PDF/2,183KB)
 http://www.jspd.or.jp/pdf/syoroku.pdf

2 :名無しのひみつ:2011/03/05(土) 16:36:21.45 ID:z4UWGJUk
ようやく時代が俺に近づいたな、歯はないほうが虫歯になんなくていいんだよ
進化してんだよ


12 :名無しのひみつ:2011/03/05(土) 17:05:46.90 ID:2zfwXWHD
>>2

日村!?


3 :名無しのひみつ:2011/03/05(土) 16:36:31.13 ID:m0AvlvLo
おまえら、根性が足りないとか
根性論は言わないのか?


体外培養で世界初、歯の再生に成功/日本歯科大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :21-105@一般人φ ★:2010/12/28(火) 17:05:00 ID:???
 日本歯科大生命歯学部の中原貴教授(36)=新潟市出身=と同大学新潟生命歯学部の佐藤聡教授(48)らの
研究チームが、歯の一部を使って歯を再生する培養方法の開発にマウスで成功した。
体外での培養は世界初で、日本口腔外科学会の最優秀賞を受けた。
3年後をめどに人の歯でも完全再生できるよう応用研究をすすめる。
人工歯根(インプラント)に代わる歯の再生医療につながると期待されている。

 中原教授らは5年ほど前から研究に着手。今回は、マウスの歯冠(歯の先)を、
人の歯根(歯の根)を包む膜の細胞をシート状にしたもので包み、試験管で培養した。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/photos/w_h/18495.jpg
▽記事引用元 新潟日報(2010年12月27日)

2 :名無しのひみつ:2010/12/28(火) 17:06:35 ID:ULswaxMQ
いかした大学だなぁ


3 :名無しのひみつ:2010/12/28(火) 17:11:08 ID:1ar39ApW
仕方ないよね


過酸化水素のフリーラジカルで、歯周病など口腔感染症の原因細菌の99%以上を死滅、新たな治療法へ/東北大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2010/12/08(水) 20:16:29 ID:???
 東北大大学院歯学研究科の菅野太郎助教らの研究グループは、過酸化水素にレーザーを照射し生成させた
「フリーラジカル」と呼ばれる物質で、歯周病など口腔(こうくう)感染症の原因細菌の99.99%以上を
3分以内に死滅させられることを確認した。2011年度以降の臨床研究に向け、
精密機器製造のリコー光学(花巻市)などと進める新治療器開発に弾みがつきそうだ。

 研究グループによると、過酸化水素とレーザー光で生成したフリーラジカルの殺菌効果を定量的に
把握できた例はないという。
不安定な電子を持つフリーラジカルは、ほかの物質から電子を奪って酸化する力が強い。
 実験は、歯周病や虫歯などの原因となる4種類の細菌を過酸化水素水とそれぞれ混ぜ、レーザーを当てた。
虫歯の病原細菌については培養して作ったバイオフィルム(生物膜)への実験も行い、
病原細菌が形成する歯垢(しこう)への効果も試した。
 いずれも実際の治療時間として想定する3分以内に99.99%以上が死滅し、
一定量のフリーラジカル生成で十分に殺菌できた。
 現在の治療は歯垢などを器具ではぎ取るのが一般的で、深い部位には器具が届かなかった。
実験で使った過酸化水素水は通常の消毒液レベルの濃度で、
新技術を使えば安全かつ有効に治療できる可能性が高まった。
 実用化を目指す新治療器は、過酸化水素ベースの薬剤を噴霧するとともに、
副作用が小さい可視光のレーザーを照射し、フリーラジカルを局所的に発生させる。
東北大などの共同研究体が09年度から経済産業省の委託事業を活用し試作中。
10年度中にも米国で動物実験を始め、治療効果などを確認し、
11年度にも臨床研究に移りたい考えだ。
 菅野助教は「薬剤が効きにくいバイオフィルムを殺菌できる意義は大きく、
予防医療での応用可能性もある。東北発の新しい治療器の実用化につなげたい」と話す。
 試験結果は米国の代表的薬学専門誌「アンチマイクロバイアル・エージェンツ・アンド・ケモセラピー」
12月号に掲載された。

▽記事引用元 河北新報(2010年12月07日)

▽Antimicrobial Agents and Chemotherapy
「Photolysis of Hydrogen Peroxide, an Effective Disinfection System via Hydroxyl Radical Formation」

2 :名無しのひみつ:2010/12/08(水) 20:17:52 ID:/gNjXn8j
まじれすすると、俺等の商売の邪魔するなよーーーーー客が減る


3 :名無しのひみつ:2010/12/08(水) 20:19:10 ID:bJRyNF4o
Er:YAGかな?


9 :名無しのひみつ:2010/12/08(水) 20:40:59 ID:3sUQIjPX
>>3

そんなの照射するならH2O2なんかなくても素で死滅するだろw
レーザー光と言っているけど、CRかホワイトニング用の照射器じゃなかいかな?



10 :名無しのひみつ:2010/12/08(水) 20:41:54 ID:BbBX8Nfw
>>3

波長405nmだそうだから、たぶん3-5族半導体。


«  | HOME |  »