カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 脳


携帯電話の電磁波が脳細胞の活動に影響 脳細胞の活動が盛んになるも念のためスピーカーやイヤホンを 米国立保健研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :あんたレスφ ★:2011/02/23(水) 22:11:26.08 ID:???
携帯電話の電磁波が脳細胞の活動に影響 米研究

携帯電話を50分間使用したときの電磁波で脳のブドウ糖代謝が活発化し、
脳細胞の活動が盛んになるとの研究結果を、米国立保健研究所(NIH)の研究者らが発表した。
この変化が健康上どのような影響を及ぼすかは明らかでない。

NIHのノーラ・ボルコウ博士が率いる研究チームは、健康な成人47人を対象に、
携帯電話を頭部に当て、スイッチを入れて50分間通話状態にした場合と、
スイッチを切っていた場合を比較した。その結果、スイッチを入れて電磁波を発生させたグループでは、
電話のアンテナに近い部分で明らかに脳の活動レベルが上がることが分かった。

論文は米医学誌JAMAに掲載された。ボルコウ博士は「予想を上回る結果だ」と話す。
ただ、電磁波によって人工的に細胞の活動を盛んにさせることが健康に悪いかどうかは不明だとしている。

研究では50分間の通話状態を1回だけ試したが、これを繰り返した場合の長期的な影響についても疑問が残る。
もともと脳に損傷のある患者や成長期の子どもについては、さらに慎重な研究が必要だと、専門家らは指摘する。

ボルコウ博士は「確実なことは何も分からないが、念のため」として、アンテナを脳に近付けないよう、
通話時にはスピーカーやイヤホンを使うことを勧めている。

▽ ソース CNN.jp
http://www.cnn.co.jp/usa/30001907.html?ref=ng


2 :名無しのひみつ:2011/02/23(水) 22:13:47.79 ID:dzkAwp6o
おれなんか

CB無線で1KWだすと

くらくらするし

信号がみんな赤から青になるし




7 :名無しのひみつ:2011/02/23(水) 22:23:14.42 ID:SCYQuoF1
総合通信局さーん!>>2にキロ掛けてる馬鹿が居ます!早く来て下さい!!


8 :名無しのひみつ:2011/02/23(水) 22:24:24.22 ID:aibasRPk
>>2
良かったなw
携帯で一キロワットだと凄いと思うけどww
って、頭のすぐ上にdokomoのアンテナ有るわ・・


9 :名無しのひみつ:2011/02/23(水) 22:34:36.38 ID:dz8n4D9a
>>8
うちのマンションも建てる建てないで揉めてるけど住人側にメリットとかないの?


26 :ぴょん♂:2011/02/23(水) 23:18:38.78 ID:goSd+CcG
>>2

通報しますたw 電子レンジ状態だろw


3 :名無しのひみつ:2011/02/23(水) 22:14:43.38 ID:VC3J1sCH
ゲット


暴力的映像、10代の感情反応を「鈍らせる」--米調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼20-75@あんたレスφ ★:2010/10/21(木) 18:33:43 ID:???
暴力的映像、10代の感情反応を「鈍らせる」--米調査

ゲームは有害なのか、有益なのか、という議論の勢いが増している。
9月に発表された調査では有益であるという見解が出され、第1人称視点シューティング(FPS)のプレーヤーは
意思決定のスキルが向上すると結論付けられた。
しかし米国時間10月19日、今度はゲーム(特に暴力的ゲーム)に対し、より懐疑的な見方をする調査結果が発表された。

今回の調査は米国立衛生研究所の研究チームの手によるもので、
Oxford JournalsのSocial Cognitive and Affective Neuroscienceに掲載された。
14~17歳の少年22人を対象として行われ、テレビ、ゲームなどの電子メディアから抽出した4秒間の暴力的映像を
60シーン視聴させた。これらの暴力的映像は低レベル、低中レベル、中レベルの3タイプに分類されるものであり、
青少年に視聴させるには「過激」であるとみなされるものは含まれていなかった。

暴力的映像の視聴時には、MRI(磁気共鳴映像法)スキャナで脳内が撮影され、脳の働きが観察された。
さらに利き手ではない方の手には電極が装着され、視聴時の水分レベルが観測された。
これは発汗がストレスの表れとして生じる可能性を見込んだためである。

その結果、どのようなことがわかったのか。研究を率いたJordan Grafman博士は、「新たに得られた重要な発見として、
(調査に使用された)ほとんどの暴力的映像の視聴により、徐々に同様の攻撃的映像に対する
感情反応が抑制されるということがあった。
正常な青少年はこの種の映像にさらされるにつれ、次第にこうした映像に対して持つ感情が薄れていくことが示唆される」と語った。

掲載されている調査結果では詳細な分析がなされており、
「攻撃的なメディアコンテンツを繰り返し視聴することによって注意力が抑制され、感情反応を鈍らせる働きを持つ
感情-注意系統が活性化される。攻撃の結果と感情反応との関連付けが制限されるおそれがあり、
結果として攻撃的な態度や行動を促進させる可能性がある」と説明されている。

▽ ソース GameSpot japan

▽ Oxford Journals Social Cognitive and Affective Neuroscience(英文です)

依頼を受けて立てました。

2 :名無しのひみつ:2010/10/21(木) 18:35:43 ID:QSWapLjA
映画やドラマは?


3 :名無しのひみつ:2010/10/21(木) 18:38:50 ID:WgK12iQB
慣れれば大した事ではないっていう結果を導きだすのに
アメリカはここ何十年も規制していたね


«  | HOME |  »