カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 魚類


うろこが透明…「見えすぎるアユ」岐阜県瑞穂市で発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :のーみそとろとろφ ★:2012/07/29(日) 13:27:02.51 ID:???
 うろこが透明な珍しいアユが先月下旬、岐阜県瑞穂市の養殖池で見つかっていたことが分かった。

 この「透明アユ」は体長15センチ。同市の水産会社で養殖している若アユ30万匹のうち、
1匹だけ筋肉やエラがうっすらと透けて見えていた。
同社は40年ほど前から年間50万匹を養殖しており、
同社役員の男性(53)は「養殖方法は変わっていない。なぜ透明になったのかわからない」と驚いていた。

 同県河川環境研究所によると、金魚や観賞用のメダカでは、
まれに突然変異でうろこが透明な個体が生まれることがある。
しかし、アユがこうした突然変異を起こした事例の研究報告はないという。

 同研究所は「透明アユ」を譲り受け、水槽で育てていたが、今月初旬に死んだ。
死因も不明で、桑田知宣(くわだとものり)資源増殖部長は「なぜ透明になったのか詳しく研究できなかったのは残念」と話している。

(2012年7月29日11時13分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120727-OYT1T00604.htm



2 :名無しのひみつ:2012/07/29(日) 13:28:36.15 ID:bixKwSGA
食べたら ええやん


5 :名無しのひみつ:2012/07/29(日) 13:35:52.45 ID:lHFiM62J
実は俺は透明人間


アカエイの大群が千葉の夷隅川を遡上 専門家も理由分からず

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :pureφ ★:2012/07/19(木) 23:05:22.37 ID:???
アカエイ:大群が千葉の川遡上 専門家も理由分からず


遡上する大量のエイ(大川和好さん提供)

 千葉県いすみ市岬町の夷隅(いすみ)川で、上流に向かってアカエイの群れが姿を現し、近隣住民の間で
話題になっている。

 茂原市のゴルフクラブ製造販売業、大川和好さん(54)は17日朝、河口から約3キロの場所にかかる橋を
車で通りかかったところ、助手席の妻が群れを発見。数百匹はいると見られ、ゆっくりと川を遡上(そじょう)。
川面は茶色や黒色のエイの大群でおおわれたが、昼前には姿を消したという。

 エイの群れは18日朝にも同じ場所に現れた。近くの人は「例年この時期の遡上は少なくない。初めての人は
驚くのでは」と指摘するが、写真を見た鴨川シーワールド(鴨川市)の飼育担当者は「体長30~40センチ
程度はあり、大人のアカエイではないか。春から夏にかけてたまに河口に現れることはあるが、これだけ多くの
エイが一斉に川をさかのぼる姿は珍しい。理由はわからない」と話した。【吉村建二、西浦久雄】

2012年07月19日
http://mainichi.jp/select/news/20120719mog00m040012000c.html
【社会】多摩川を遡上のアユ、調査開始以来最多に
【三重】"今までこんなに大量に湧くことはなかった" 伊勢の勢田川が「黒(グロ)い川」に…10万匹以上のイナの大群が遡上 画像あり
【社会】利根川にサケが殺到…過去最多の遡上数 - 埼玉
【新潟】取水中止の影響?サケ・アユ遡上が3倍に、不正取水問題で水利権を取り消されたJR東日本

4 :名無しのひみつ:2012/07/19(木) 23:09:45.75 ID:4U6JgOjW
そろそろか


5 :名無しのひみつ:2012/07/19(木) 23:12:36.48 ID:Sa+fw7Rj
そろそろですね


「イワシの死骸で真っ白」 いすみ漁港に数十トン、酸欠で

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼29-274 二軍ニュース+板記者募集中!@pureφ ★:2012/06/12(火) 20:39:20.70 ID:???
「イワシの死骸で真っ白」 いすみ漁港に数十トン、酸欠で


大量死したイワシの除去作業を行う重機と漁協組合員ら=いすみ市で

 いすみ市大原の大原漁港で四日、漁港内に逃げ込んできたおびただしい数のイワシが酸欠で大量死
した。同漁港に打ち上げられた死骸だけでも数十トン。地元では「イルカなどに追われて逃げ込んだとしても
あまりにも数が多すぎる。何かの異変の前触れでは」と心配する声も出ている。

 夷隅東部漁協によるとイワシの大群は三日夕から、同漁港に姿を見せた。あまりにも多い数が逃げ込んだ
ため酸欠で死んだという。

 同漁協の朝野長(たけし)参事は「イワシは打ち上げられただけでなく、海中で沈んでいるのを含めれば
想像がつかないほどの量。原因はまったくの謎」と話す。

 打ち上げられたのはカタクチイワシ。大量の死骸を放置しておくと漁港としての機能を損なうばかりか、
悪臭が漂うため、市が重機などを出し、漁協組合員約五十人がスコップなどで回収作業を行った。

 作業は五日も続き、大半はごみとして処分されるという。作業を見守っていた女性は「港はイワシの死骸で
真っ白になり、雪が積もったようでした」と話していた。 (福原康哲)

東京新聞 2012年6月5日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120605/CK2012060502000142.html


4 :名無しのひみつ:2012/06/12(火) 20:51:48.23 ID:Qgg1N6xI
原因は台風とか海流とか言い出すんだろうな。

流れで場所を把握するとかありえないから。

シャケとか迷子になる。


11 :名無しのひみつ:2012/06/12(火) 21:15:44.03 ID:6ZjIToqH

問題は、いつドカンと逝くかだが
俺は9.11を予想しよう



魚はエラからセシウム排出 遺伝子も特定-東大

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼28-162@pureφ ★:2012/03/28(水) 23:56:55.79 ID:???
魚はエラからセシウム排出 東大教授発見、遺伝子も特定

 魚が海水から取り込んだ放射性セシウムを体外に出す仕組みを、東京大の金子豊二教授
(魚類生理学)らが突き止めた。エラにその出口があり、出口をつくる遺伝子もわかった。魚から
セシウムを早く取り除くのに応用できるという。

 体に取り込まれた放射性セシウムは徐々に排出され、海の魚の場合は約50日で半減する
ことが知られている。それがどのように排出されているのかは、わかっていなかった。

 金子教授らは、セシウムはカリウムと性質がよく似ているため、同じ経路をたどると考えられる
ことに着目し、モザンビークティラピアという魚で調べた。その結果、体内の余分な塩分を排出
するエラの「塩類細胞」からカリウムが出ていることを確かめた。

朝日新聞  2012年3月21日23時21分
http://www.asahi.com/science/update/0321/OSK201203210093.html

Potassium excretion through ROMK potassium channel expressed in gill mitochondrion-rich
cells of Mozambique tilapia
Fumiya Furukawa, Soichi Watanabe, Satoshi Kimura, and Toyoji Kaneko
Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol March 1, 2012 302:(5) R568-R576
http://ajpregu.physiology.org/content/302/5/R568.abstract


4 :名無しのひみつ:2012/03/29(木) 00:01:24.76 ID:aLj/mUuG
この東大教授馬鹿だろ


7 :名無しのひみつ:2012/03/29(木) 00:04:07.12 ID:p2Vl9xaR
エラ民族を何とかせにゃ。


シーラカンス、4億年前から同じ姿 中国で最古化石発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :のーみそとろとろφ ★:2012/04/11(水) 12:01:47.23 ID:???
 中国雲南省の約4億年前(デボン紀)の地層から、古代魚シーラカンスの最古の頭部化石を見つけたと、
中国科学院など米中のチームが英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

骨は「生きた化石」と呼ばれる現代のシーラカンスと似た特徴を持つという。

 シーラカンスは約3億8千万~3億9千万年前からその姿をほとんど変えていないとされるが、
約4億年前も主な構造がほぼ同じだったことが分かった。

 チームは雲南省北部の砂石層で、2009年と11年に鼻の部分などを含む頭部の化石を2個発見。
一つは長さ約11ミリ、幅約8ミリ、もう一つはさらに小ぶりだったが、
目のくぼみの形状や、頭部が細長く鼻が前方に突き出しているなど、
現代のシーラカンスと同様の特徴を備えていた。同じ仲間の化石はこれまで、
ドイツなど各地で3億8千万年前ごろの化石が見つかっている。

 シーラカンスは、発達したひれを持ち、魚類から両生類に進化する過程の存在。
4億年前ごろに多様な種に分かれたと考えられており、チームは「初期の進化の様子を解明するために、
貴重な資料だ」としている。〔共同〕

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E2E2E1818DE3E3E2E6E0E2E3E09180E2E2E2E2

2 :名無しのひみつ:2012/04/11(水) 12:05:23.96 ID:jrTgfmk1
ということは4億年の間、海の環境はそれほど大きく変化しなかったということだね。
4億年間、地球に何の変動もなかった。


12 :名無しのひみつ:2012/04/11(水) 13:25:05.10 ID:2xnyvUrZ
>>2

そりゃあ、シーラカンスがいたのは深海の洞窟だからな
環境の変化なんてないに等しいだろ


4 :名無しのひみつ:2012/04/11(水) 12:14:47.63 ID:UzTL3bQF
中国の考古学は信憑性が低いので有名


9 :名無しのひみつ:2012/04/11(水) 12:50:27.16 ID:3UOlnLbg
>>4

考古学はそうなのかこのスレとは関係ないが。


10 :名無しのひみつ:2012/04/11(水) 13:02:15.94 ID:3r8VC8I+
>>4

考古学このスレとは無関係だな


«  | HOME |  »