カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > ロボット技術


レアアース“セリウム”の使用量を低減、代替する技術を開発…NEDOなど

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2010/09/16(木) 18:34:40 ID:??? ?2BP(1056)
 経済産業省所管の独立行政法人、
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は16日、
レアアース(希土類)の一種で液晶テレビのガラス基板の研磨材に使われる
セリウムの代替技術と使用量低減技術を開発したと発表した。
レアアースをめぐっては産出国の中国が輸出を規制するなど、
安定調達が大きな課題になっており、新技術の早期の実用化が期待されそうだ。
 開発したのはNEDOの「希少金属代替材料開発プロジェクト」に参画する
立命館大学、アドマテックス(愛知県みよし市)、
クリスタル光学(滋賀県大津市)、
九(ここの)重(え)電気(神奈川県伊勢原市)の研究グループ。

 代替技術は、研磨パッドを新たに開発することで実現した。
ガラス研磨は、研磨パッドの多孔質ポリウレタン樹脂と、
砥(と)粒(りゅう)(除去作用を行う硬質な粒子)の
酸化したセリウムを分散した液体を組み合わせて行われる。
 研究グループでは、研磨パッドに多孔質エポキシ樹脂を使ったところ、
従来の2倍超の研磨効率があることを突き止めた。
このエポキシ樹脂とセリウム代替材料として価格が半分で
入手しやすい酸化ジルコニウムを砥粒に使うと、
セリウム研磨を大きく上回る研磨効率が確認できたという。
 一方、低減技術は砥粒を複合タイプにすることで達成した。
有機物の表面に酸化セリウムを付着させた構造を採用した結果、
研磨効率が50%高まり、その分使用量を削減できるとしている。

msn.(産経ニュース)
NEDO>プレスリリース

2 :名無しのひみつ:2010/09/16(木) 18:52:17 ID:gdKtfqSy
NEDOはクズってとこまで読んだ


3 :名無しのひみつ:2010/09/16(木) 18:57:57 ID:JOoDF6YO

レアアースやレアメタルを中国に頼らないですむ技術開発を推進してください。

世界平和にもつながります。マジで。




 


10 :名無しのひみつ:2010/09/16(木) 20:03:02 ID:Xhc/QLHb
>>3
安心汁。こういうのは「元素戦略」といって官民一体となった活動なのニダ


働く人間型ロボット研究開発用プラットフォームHRP-4を開発/産総研、川田工業

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :?2BP(13)
2010年9月15日 発表

働く人間型ロボット研究開発用プラットフォームHRP-4を開発
-2011年1月より外部研究機関へ提供開始-

○ポイント
HRPシリーズの流れをくむ軽量でスリムな新しいボディー
仕様の最適化や部品の共通化・簡素化を推し進めることにより低価格化を実現
OpenRTM-aistの採用で、国内外のソフトウエア資産が利用可能となり研究効率が向上

○概要
川田テクノロジーズ株式会社【代表取締役社長  川田 忠裕】のグループ企業である川田工業株式会社
【代表取締役社長 川田 忠裕】(以下「川田工業」という)は、独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】
(以下「産総研」という)と共同で、働く人間型ロボット研究開発用プラットフォーム:HRP-4(以下「HRP-4」という)を
新たに開発した。共同開発の分担は、川田工業が人間型ロボットハードウエアの開発を行い、産総研 知能システム
研究部門 ヒューマノイド研究グループ【研究グループ長 横井 一仁】 金広 文男 主任研究員らが動作制御ソフトウエアの
開発を行った。

HRP-4は産総研が開発したサイバネティックヒューマンHRP-4Cの高密度実装技術を応用し、さらに物体操作に適する
ように片腕7自由度とし、全34自由度を持ちながら、身長151 cm、体重39 kgの軽量でスリムなボディーを実現した。
また、HRP-4の制御システムにはRT-Preemptパッチを適用したLinuxカーネルおよびソフトウエアプラットフォーム
OpenRTM-aistを採用し、オープンソースのロボットシミュレーターOpenHRP3をはじめ、国内外の多数のロボットシステム用
のソフトウエア資産が利用可能となっている。これにより、さまざまな環境の下で稼動する人間協調型ロボットなど、
今後のロボット産業で必要な次世代ロボットシステムの研究開発を加速することが期待される。

なお、HRP-4は、2010年9月22~24日に名古屋工業大学で開催される日本ロボット学会学術講演会で
一般公開・展示される。

(以下、詳細はソースにてご覧ください)

ソース:
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2010/pr20100915/photo.jpg

«  | HOME |  »