カガクニュース

Sponser

ITEMS

Free Apps

▼話題の無料アプリ▼






ITEMs

科学ニュースリンク

あわせて読みたいブログパーツ
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

プロフィール

SienceMafia

Author:SienceMafia
このブログについて
相互リンク・RSS募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

TOP > 薬学


風邪薬など副作用 重症皮膚障害のスティーブンス・ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死症で131人死亡 初期症状は高熱を伴う発疹

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼29-229 二軍ニュース+板記者募集中!@pureφ ★:2012/06/08(金) 02:36:55.37 ID:???
風邪薬など副作用 皮膚障害で131人死亡

 薬の副作用で起きる皮膚障害のうち、症状の重いスティーブンス・ジョンソン症候群と中毒性
表皮壊死(えし)症の死亡報告が、今年一月までの二年半で百三十一人に上ったことが、
厚生労働省のまとめで二十八日までに分かった。

 スティーブンス・ジョンソン症候群は唇や目の結膜などに、中毒性表皮壊死症は全身の
皮膚の広範囲に、それぞれ発疹などができ、重症化すると多臓器に障害が生じる。厚労省
安全対策課によると、これらの皮膚障害は発症の仕組みが不明で、原因とみられる薬の
種類も、解熱剤から抗生物質、風邪薬などと幅広い。発生頻度は年間で百万人当たり
数人と極めて小さいため、皮膚科の医師でも診断が難しく、治療が遅れて重症化しやすいという。

 同課は「初期症状は高熱を伴う発疹。疑ったらすぐに受診して治療してほしい」としている。

 二〇〇九年八月から一二年一月の製薬企業からの報告をまとめた。発症は千五百五人で、
このうち約57%は回復、軽快した。死亡の百三十一人には、専門家が因果関係は薄いと評価
した事例も含む。

 発症の原因と疑われる薬は抗てんかん薬と解熱鎮痛消炎薬、抗生物質がそれぞれ二百例を
超えた。薬局などで処方箋なしに買える一般用医薬品の風邪薬も五十四例あった。

 〇九年七月までの三年十カ月の死亡報告は二百三十九人。一年当たりでは最近二年半
よりも多い。

東京新聞 2012年5月29日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012052902000095.html
【医療】「ポリオ不活化ワクチン」承認へ 生ワクチンと違い、副作用心配なし
【薬学】てんかん薬と体質の関係検証へ…副作用防止で 理研
【薬学】薬の副作用データ、日本語で検索 京大教授らが開発

5 :名無しのひみつ:2012/06/08(金) 03:29:24.00 ID:umPludKT
これ怖いな
粘膜がただれて目も失明すをだよな


10 :名無しのひみつ:2012/06/08(金) 05:52:31.35 ID:P2Ai2IV3
やっぱ市販薬でも侮っちゃいけないものだな


人種差別は薬で治る精神疾患?不安やパニック障害などの治療にも使用されるベータ遮断薬「プロプラノロール」の『道徳的』副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼28-102@pureφ ★:2012/03/20(火) 14:49:43.60 ID:???
人種差別は薬で治る精神疾患?
Common Heart Drug May Combat Racism

オックスフォード大学の研究者が、心臓病の薬で人種差別意識を緩和できそうなことを
発見した


移民排斥にも効く? フランスのロマ人追放政策に抗議する人々 Radu Sigheti-Reuters

 一般的によく使われている心臓病の薬で、潜在的な人種差別意識が改まる可能性が
ある――そんな研究結果が発表された。

 研究では、交感神経の働きを抑えるベータ遮断薬「プロプラノロール」を服用した人と、
プラシーボ(偽薬)を服用した人を比べた。すると前者のほうが、人種的偏見を抱く傾向が
少なかったと、英インディペンデントが報じた。

 プロプラノロールは、心拍などの自律的機能をコントロールする神経回路に作用する。
同時に、恐れや感情反応に関係する脳の部位にも作用する。そのため不整脈や高血圧
などのほか、不安やパニック障害などの治療にも使用される。

 今回の研究結果は、人種差別は「恐れ」に根差すものだという事実によって説明出来る
だろう――研究を行った科学者たちはそう考えていると、オーストラリアAP通信(AAP)は
報じている。

差別心は誰にも起こりうる

 研究の中心になったのは、英オックスフォード大学の実験心理学者であるシルビア・テル
ベック博士。彼女はAAPに対し、「われわれが得た研究結果は、脳内で潜在的な人種的
偏見が形成されるプロセスについて、新たな根拠を示すものだ。潜在的な人種的偏見は、
平等を心から信じている人の中にも存在しうる」

 AP通信によれば、有志参加者18人ずつからなる2つのグループを対象に研究は行われた。
一方のグループはプロプラノロールを、他方はプラシーボを服用してから1-2時間後に、
「人種に関する潜在連想テスト(IAT)」を受けた。

 彼らにコンピュータの画面で黒人と白人の写真を見せ、即座に好意的区分か、否定的
区分かに分類してもらう実験を行った。するとプロプラノロールを服用した人々の3分の1
以上が、「マイナス」の得点を出した。つまり彼らは潜在意識のレベルで、非人種差別
主義の方に偏っていた。

 プラシーボを服用したグループでは誰1人として、そうした傾向が表れなかった。

 研究の共同執筆者であるオックスフォード大学哲学科のジュリアン・サブレスキュ教授は
AP通信に対し、「こうした研究は、われわれが無意識にとっている人種差別的態度は
薬で調節できるという可能性を提起するものだ。その可能性は興味をそそるものではあるが、
慎重な倫理的分析を必要とする」と、語っている。

 彼はこう続ける。「人間を道徳的により良くすることを目的にした生物学的研究には、
暗黒の歴史がある。それに、プロプラノロールは人種差別を治療する薬ではない。ただ、
多くの人がプロプラノロールのような『道徳的』副作用のある薬を使っていることを考えれば、
私たちは少なくとも、その副作用がどんなものなのか理解を深める必要はあるだろう」

Newsweek Japan 2012年03月09日(金)16時32分
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/03/post-2466.php

Propranolol reduces implicit negative racial bias
Sylvia Terbeck, Guy Kahane, Sarah McTavish, Julian Savulescu, Philip J. Cowen and Miles Hewstone
Psychopharmacology DOI: 10.1007/s00213-012-2657-5
http://www.springerlink.com/content/63v2561264075373/

2 :名無しのひみつ:2012/03/20(火) 14:50:34.61 ID:T4PLgdm7
ばか


4 :名無しのひみつ:2012/03/20(火) 14:52:09.53 ID:lTWnzM+C
人種差別は無くなっても嫌いなものが好きにはなれんわな


神経障害性疼痛にトリカブトの根から取り出した生薬「附子(ぶし)」が有効 山梨大教授ら発見

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :一般人φ ★:2011/08/20(土) 22:22:40.76 ID:???
 事故や手術などで神経細胞が傷ついて起こる「神経障害性疼痛(とうつう)」の治療に、トリカブトの根から
取り出した生薬「附子(ぶし)」が有効であることを、山梨大医学部の小泉修一教授(薬理学)の研究グループ
が突き止めた。


 研究成果は19日付の米オンライン科学誌「PLoS ONE」に掲載される。

 神経障害性疼痛は、脊髄(せきずい)の神経細胞が異常反応し、風が吹いたり、服を着たりする際にも激痛が
走る慢性疾患。モルヒネなどの鎮痛薬が効きにくく、国内では約20万人、世界では約1500万人が
苦しんでいるとされる。

 小泉教授らは、患者から附子の粉末を飲むと痛みが弱まるとの報告を受け、大腿(だいたい)部の坐骨(ざこつ)
神経を傷つけたマウスで実験。足に触れられただけで飛び上がるように逃げていたマウスが、附子を飲ませると
逃げる回数が減った。

 小泉教授は「副作用などを明らかにしなければならないが、保険診療にも適用されるようにしたい。
附子は漢方薬に活用されているため、ゼロから開発するより格段に早く医薬品として応用できる」としている。

▽記事引用元 読売新聞(2011年8月19日16時53分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110819-OYT1T00036.htm

▽PLoS ONE
「The Astrocyte-Targeted Therapy by Bushi for the Neuropathic Pain in Mice」
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0023510

3 :名無しのひみつ:2011/08/20(土) 22:25:56.62 ID:x9FVlsAa
【速報】神経障害性疼痛にブスが有効


28 :名無しのひみつ:2011/08/20(土) 23:13:15.55 ID:zgxtA/dO
>>3

元々ブスの語源がこの薬だべさ


29 :名無しのひみつ:2011/08/20(土) 23:36:53.40 ID:x9FVlsAa
>>28

だから言ってるんだが


4 :名無しのひみつ:2011/08/20(土) 22:26:40.68 ID:Lo9T07+J
江戸時代から分かってる事じゃないのか?


ツムラ 漢方で使う生薬「甘草」の大量栽培に成功 栽培期間短縮、収穫量も7倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2011/04/19(火) 21:17:42.10 ID:???
漢方薬の最大手ツムラは18日、生薬の一つ「甘草(かんぞう)」の
大規模栽培に成功したと発表した。

甘草は漢方薬の7割で使われ、主に中国から野生品を輸入している。
しかし、近年、乱獲が問題となり、中国政府は輸出を制限している。
ツムラは将来は、全てを栽培品にシフトする方針だ。

甘草の根や茎には、抗炎症や抗アレルギー作用があり、年間
1千トン以上を中国から輸入している。中国では需要の高まり
で資源枯渇が心配されているが、人工栽培では有効成分を含む
甘草が育ちにくかった。

ツムラは10年前から北京中医薬大学などと研究を始め、中国で
栽培に適した土壌を突き止めた。主成分のグリチルリチン酸
2.5%以上を含むという医薬品の基準を満たし、通常5年の
栽培期間も1年3カ月と短縮、収穫量も7倍に上るという。

中国の特許登録手続きを完了しており、野生品の在庫が
無くなり次第、栽培品を使い始めるという。


大規模栽培に成功した甘草。産地の中国北部では、乱獲が砂漠化の原因となっている
 
▽記事引用元 : 朝日新聞
 http://www.asahi.com/health/news/TKY201104180331.html
別ソース (動画)TBS News
 http://www.youtube.com/watch?v=HI3UCVX7W5o
ツムラ:ニュースリリース 2011/04/18
 甘草(カンゾウ)の栽培技術を確立(PDF270KB)
 http://www.tsumura.co.jp/corporate/release/2011/pdf/20110418kanzo.pdf

2 :名無しのひみつ:2011/04/19(火) 21:20:41.67 ID:dSPFimtl
リコリスってそんなに需要在るの?


7 :名無しのひみつ:2011/04/19(火) 21:24:03.89 ID:59KQu29Z
>>2
はダイオウと勘違いした


3 :名無しのひみつ:2011/04/19(火) 21:21:26.02 ID:59KQu29Z
道端に生えているギシギシを、遺伝子改良して薬効成分を強化すれば?


脳内の神経細胞、ニコチンで再生 金大・米田教授らマウス、ラットで確認  毒をもって毒を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :依頼21-74@あんたレスφ ★:2010/12/24(金) 22:27:40 ID:???
脳内の神経細胞、ニコチンで再生 金大・米田教授ら確認

タバコの葉に含まれる有害物質「ニコチン」に、脳神経細胞の再生を促す効果があることを、
金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らの研究グループが23日までに確認した。
動物の脳細胞にニコチンを加えると、神経細胞ができる割合が増加した。研究グループによると、
人間に適用できれば、アルツハイマー病など、神経細胞の脱落に起因する病気の予防、
治療法開発につながる可能性があるという。

情報処理と情報伝達を担う神経細胞は、神経幹細胞が作り出す細胞が分化してできる。

米田教授は、喫煙者にアルツハイマー病患者が少ないという過去の調査結果からニコチンに着目。
ニコチンによって、神経幹細胞が神経細胞に分化する割合が高まるかどうかを調べた。

実験では、マウス、ラットの胎児の脳から取り出した神経幹細胞を培養し、ニコチンを加えた。
ラットの場合、ニコチンを加えると、神経細胞の割合が25%から40%に増え、マウスでも同程度の
結果が得られたため、ニコチンが神経細胞への分化を促進していることが裏付けられた。

神経細胞が脱落することで発症するとされているのは、アルツハイマー病のほか、脳卒中後遺症や
パーキンソン病などがある。
脳内にある神経細胞は増殖しないが、新たな神経細胞を生み出すことができれば、
脱落した分を補うことができる。

米田教授によると、喫煙によるニコチン摂取は、デメリットの方がはるかに大きい。病気予防や
治療への活用に向けては、ニコチンの有毒性や血管収縮作用など課題も多いが、
すでに禁煙用ニコチンパッチなどの使用例があり、ノウハウが生かせるという。

同グループには寳田剛志助教と大学院生の川越博文さんが参加し、研究成果の特許を申請した。
米田教授は「まさに『毒をもって毒を制す』で、有害な物質でもうまく使えば病気予防や治療に
役立つ可能性がある。企業と連携して研究を進めたい」と話した。

▽ ソース 北國新聞

▽ 画像 研究を進める米田教授(右)

依頼を受けて立てました。

2 :名無しのひみつ:2010/12/24(金) 22:30:48 ID:cYKTqfNY
歩き煙草は氏ね


9 :名無しのひみつ:2010/12/24(金) 22:53:25 ID:2sPqeoER
>>2
でワロタ
さすがだな


3 :名無しのひみつ:2010/12/24(金) 22:36:46 ID:5K2NaimL
前頭葉に直接灰を振りかけてやれw


«  | HOME |  »